企業情報 - ヤナセの歴史

YANASEの歴史、それは日本の輸入車の歴史です。
YANASEは、自動車をはじめ内外のすぐれた商品を通じて、
日本のモータリゼーションの発展と生活文化の向上に努めてきました。
   
1910/1920年代  

1915年(大正4年)
故梁瀬長太郎の個人経営による「梁瀬商会」(当社の前身)が日比谷に創立
ビュイック、キャデラックの輸入販売開始
米国バルボリン社製鉱油類の輸入販売開始

1917年(大正6年)
事務所狭隘により、社屋を呉服橋に新築、移転

1920年(大正9年)
梁瀬自動車(株)設立(事業の進展に伴い、会社組織への転換を図る。資本金500万円)
梁瀬商事(株)設立(鉱油類の輸入販売部門を分離独立。資本金100万円)

1922年(大正11年)
エンジンなど全てを自前で製作した記念すべき純国産車「ヤナセ号」が完成

1927年(昭和2年)
GM社との代理店契約を破棄
フィアット、スチュードベーカー、アースキン、レオトラック等の全日本販売権を獲得



   
1930年代  

1930年(昭和5年)
梁瀬商事(株)を合併(鉱油類の輸入販売を再開)

1931年(昭和6年)
本社を日本橋通3丁目に新築、移転
GM社との販売契約を再び締結、ビュイック、キャデラックの販売を再開

1932年(昭和7年)
鉱油部門を分離(1926年設立の日本フィアット(株)が梁瀬商事(株)と社名変更、同時に鉱油部門を同社に移譲)

1938年(昭和13年)
為替管理の強化により、自動車の輸入販売をやむなく中止

1939年(昭和14年)
自動車の輸入中止に伴い、営業の基幹を工業部門に転換
芝高浜町(現、港南1丁目)に高浜工場建設
(各種自動車の車体及び特殊車体の製造を行なう)

   
1940年代  

1940年(昭和15年)
梁瀬式天然ガス装置の製造・販売開始(日華事変進展に伴うガソリン不足に対応し開発、東京の自動車の80%がこの装置を使用)

1941年(昭和16年)
社名を梁瀬自動車工業(株)に変更
梁瀬商事(株)、社名を梁瀬実業(株)に変更し、天然ガス、液化ガスの製造・販売に事業の主体を転換

1945年(昭和20年)
社名を梁瀬自動車(株)に復帰
代表取締役社長に梁瀬次郎就任

1946年(昭和21年)
オリエントオート三輪車、暁号自動車等国産車の販売を開始
梁瀬実業(株)、社名を梁瀬商事(株)に復帰

1948年(昭和23年)
GM社製自動車全車種の販売権を再び許与され、輸入販売を再開

1949年(昭和24年)
本社を現在の芝浦に移転
従来の大阪、名古屋、福岡各支店に加え、横浜、仙台、札幌、静岡に出張所を設置
戦後初の輸入車入荷
オールズモビル、ポンテアック、シボレーの販売権を他社へ移譲


 
   
1950年代  

1950年(昭和25年)
日本橋旧本社ビルにヤナセストア開店(昭和37年閉店)
ボクスホール及びベッドフォードの東日本地区販売権を獲得

1952年(昭和27年)
メルセデス・ベンツの販売開始(傍系会社ウエスタン自動車(株)が販売権獲得)

1954年(昭和29年)
VW車の日本全国販売権獲得
梁瀬商事(株)、塗床材デックス・オ・テックスの日本総代理店となる

1957年(昭和32年)
プリンス車の販売を開始
梁瀬商事(株)、大阪金属工業(株)(現、ダイキン工業(株))の代理店となる(空調機器の取扱開始)
梁瀬商事(株)、米国ウエスティングハウス社(現、ホワイト・ウエスティングハウス社)製各種家庭電器製品の販売権獲得
梁瀬商事(株)、英国アラジン社製オイルヒーター、オイルランプ等の日本総代理店となる

1958年(昭和33年)
梁瀬商事(株)、三菱電機(株)の代理店となる(空調機機器及びエレベータの取扱開始)

1959年(昭和34年)
梁瀬商事(株)、本社を赤坂に移転
梁瀬商事(株)、深川工場完成を機にデックス・オ・テックスの製造開始





   
1960年代  

1960年(昭和35年)
ボルボ車の販売開始(傍系会社北欧自動車(株)が日本総代理店となる)

1961年(昭和36年)
メルセデス・ベンツディーゼルエンジン全種の販売権獲得

1962年(昭和37年)
従来より取扱いのGM社系各車種につき、日本販売権を獲得
シボレーの東北4県(青森、宮城、岩手、福島)における販売権獲得
梁瀬自動車(株)の新社屋完成に伴い、梁瀬商事(株)の本社を同所に移転

1963年(昭和38年)
2月1日創立50周年記念式典を新社屋で挙行し、これを機に梁瀬商事(株)を吸収合併、社名を(株)梁瀬に変更し、特殊総合商社として再発足
資本金を3億2千万円に倍額増資

1964年(昭和39年)
ジョンソン、エビンルード船外機の輸入販売権獲得
(株)関東ヤナセマリーン設立(マリーンエンジンの販売に従事)
マスターヒーター、レディーヒーターの日本総代理店となる
米国マジックシェフ社製ガスレンジの日本全国販売権を獲得

1965年(昭和40年)
乗用車の輸入自由化実施。VW車の配車・パーツセンターとして横浜デポー、小牧デポーを建設
米国ブリグスアンドストラトン社製ガソリンエンジンの日本総代理店となる

1967年(昭和42年)
アウディ車全車種の日本総代理店となる

1968年(昭和43年)
シボレーの中国5県(鳥取、島根、岡山、広島、山口)における販売権を新たに獲得

1969年(昭和44年)
社名を(株)ヤナセに変更
シボレーの九州地区における販売権を新たに獲得

   
1970年代  

1970年(昭和45年)
エアロコマンダー航空機の日本全国販売権獲得

1971年(昭和46年)
ヤナセビル新館落成
東京支店発足(本社自動車小売部門を分離)

1972年(昭和47年)
(株)ヤナセ岡本航空(現、(株)エアロ航空)設立(資本金3500万円)
(エアロコマンダー航空機の販売権を同社に移譲)
G.バティストーニ(イタリア)、アンドレ・ルドー・スポーツ(フランス)等紳士・婦人用品の販売開始

1974年(昭和49年)
メルセデス・ベンツ用配車・パーツセンター、横浜ニューデポー完成
小牧デポー完成(従来の小牧デポーは、現名古屋支店サービスセンターとなる)
ヤナセヨーロッパB.V.設立(資本金280,000ギルダー)
重点車種政策に基づき、プリンス、ボルボの取扱いを中止
オランダのフォスカンプ社製グリーンハウス(ガラス温室)及び関連機器の日本総代理店となる
西独コンチネンタル社との間のタイヤの一手輸入販売契約を締結

1975年(昭和50年)
カーペタイルの日本総代理店となる
英国アラジン社製オイルヒーターを、日英米合併の日本アラジン(株)により国産化

1976年(昭和51年)
ロスアンゼルス駐在員事務所開設
フォスカンプ社との技術援助契約締結、グリーンハウスの完全国産化実現

1977年(昭和52年)
小牧デポー新工場完成
ヤナセオブアメリカINC.設立(資本金100,000ドル)
HICC(ホノルルインターナショナルカントリークラブ)ハワイにオープン

1978年(昭和53年)
輸入自動車に対する関税撤廃
モラビト商品の輸入販売権を獲得

1979年(昭和54年)
GM社とのフランチャイズ契約変更に伴い、東京、大阪、名古屋、横浜、札幌におけるシボレーの販売権を新たに獲得
(株)ヤナセ沖縄設立(資本金8,000万円)

   
1980年代  

1980年(昭和55年)
ヤナセ銀座スクエアオープン
アルファ・アンド・アソシエイツ(株)、アルファレコード(株)、当社関係会社となる
ヤナセビル別館完成
神戸支店発足

1981年(昭和56年)
いすゞ自動車(株)との間に同社製品の販売契約を締結、ピアッツァ・ネロ販売を開始

1982年(昭和57年)
GM社との間に日本における北米製全GM完成車の一手輸入販売契約を締結、従来のキャデラック、ビュイック、シボレーに加えてポンテアック、オールズモビルの取扱いを開始

1983年(昭和58年)
貿易摩擦問題の惹起に伴い政府の政策が輸出振興政策から輸入拡大政策へと転換。政府は貿易表彰制度を創設、初の対象者のひとりに梁瀬次郎社長が選ばれ、内閣総理大臣より輸入貢献者として表彰される

1984年(昭和59年)
日産自動車(株)製VWサンタナの販売を開始

1985年(昭和60年)
創立70周年記念式典を挙行

1986年(昭和61年)
第1回ヤナセカップゴルフトーナメント(シニアツアー)を開催
メルセデス・ベンツ車の輸入権をウエスタン自動車(株)からベンツ社日本法人へ移行

1987年(昭和62年)
梁瀬次郎会長勲二等瑞宝章を受章
エーエムジー・ジャパン(株)設立(資本金6,000万円)

1988年(昭和63年)
(株)ハイグレード農園設立
全日本ロータス同友会傘下(株)エルネットと業務提携

1989年(平成1年)
アスベスト処理用機材の取扱い開始
「マニュファクチュア ドゥ モナコ」(磁器)の取扱い開始

   
1990年代  

1990年(平成2年)
東西ドイツ統一を記念して「ヤナセ・ベルリンマラソン」を開催

1991年(平成3年)
米国サターン車の一手販売権を獲得
ドイツ アラール社との間に自動車エンジンオイルの総輸入販売契約を締結

1992年(平成4年)
フォルクスワーゲン、アウディの輸入販売を中止
(但し、アフターサービスについては継続)

1993年(平成5年)
独アダムオペル社製オペル車の一手輸入販売開始
(株)フランス・モーターズ設立(資本金3,000万円)
代表取締役会長に梁瀬次郎就任
代表取締役社長に稲山孝英就任

1994年(平成6年)
(株)ヤナセ石油販売設立(資本金8,000万円)

1995年(平成7年)
創立80周年

1996年(平成8年)
(株)ヤナセウェルサービス設立(資本金3,000万円)
自動車販売累計100万台達成(1952年より)
ヤナセサターン(株)設立(資本金3,000万円)
(株)ヤナセ四国設立(資本金3,000万円)

1997年(平成9年)
スウェーデンのサーブオートモービル社製
サーブ車の一手輸入販売開始

1998年(平成10年)
GM社のキャデラックマスターディーラー賞を10年連続で受賞、
海外ディーラーとしては初の殿堂入り

1999年(平成11年)
梁瀬次郎会長にバーデン・ヴュルテンベルク州経済功労メダルが、同州の自動車産業の発展に貢献したことを報い、ドイツ大使館にて授与される


 

 




   
2000年代  

2000年(平成12年)
シボレー、オペル、AMG車の輸入権を日本現地法人へ移行
主力事業である自動車事業を中心に大幅な機構改革を実施
ドイツ アウディ車の販売を再開

2001年(平成13年)
ルノー、サターン車の販売を中止
(株)ヤナセ大阪クライスラー設立(資本金3,000万円)
代表取締役副会長に稲山孝英就任
代表取締役社長に井上隆裕就任

2002年(平成14年)
梁瀬次郎会長初代日本自動車殿堂入りとなる
(株)ヤナセと(株)ウエスタンコーポレーションが合併し基盤強化(資本金4億4,000万円)
アウディジャパン(株)との合弁会社ヤナセアウディ販売(株) 設立(資本金7億5,500万円)
キャデラック、サーブ車の輸入権を日本現地法人へ移行

2003年(平成15年)
第三者割当増資を実施。経営基盤強化(資本金49億7,600万円)
ヤナセ バイエルン モーターズ(株)設立(資本金2億円)
日本最大級の輸入中古車展示場「ブランドスクエア横浜」開設

2004年(平成16年)
梁瀬次郎名誉会長米国自動車殿堂入りとなる
(株)ヤナセグローバルモーターズ設立(資本金3,000万円)
ヤナセヴィークルワールド(株)設立(資本金1,000万円)
ヤナセバイエルンモーターズ三重(株)設立(資本金2,000万円)
新車乗用車累計販売台数150万台達成(1952年より)
代表取締役社長に古市宏幸就任

2005年(平成17年)
フォルクスワーゲン車の販売を再開
2006年(平成18年)
京葉地区最大級輸入車中古車展示場「ヤナセ ブランドスクエア浦安東京ベイ」開設
西日本最大級輸入車中古車展示場「ヤナセ ブランドスクエア神戸ポートアイランド」開設
国内メーカー製高級中古車取扱い開始
オペル車の販売中止
ヤナセスカンジナビアモーターズ(株)設立(資本金9,000万円)、ボルボ車の販売再開
「メルセデス・ベンツ センター 東京」開設
2007年(平成19年)
ヤナセバイエルンモーターズ福岡(株)設立(資本金1,000 万円)
アウディ ジャパンとの合弁事業を解消、アウディ車販売を一時中止
ヤナセオートモーティブ(株)設立(資本金1 億円)、アウディ車の 販売を再開
代表取締役社長に西山俊太郎就任

2008年(平成20年)
メルセデス・ベンツ サーティファイドカーセンター/コーナーを全国に設置
第三者割当増資を実施し、自己資本を増強(資本金69億7,587万2,000円)
(株)ヤナセクライスラーのクライスラー事業とヤナセスカンジナビアモーターズ(株)のボルボ事業を (株)ヤナセグローバルモーターズに事業統合

2009年(平成21年)
(株)ヤナセオートパーツがウルトジャパン(株)と取引開始
アニコム損害保険(株)と代理店契約を締結し、正規輸入車ディーラーでは初めてペット保険の取扱い開始
ヤナセバイエルンモーターズ(株)がヤナセバイエルンモーターズ三重(株)を吸収合併(資本金1億円)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 





   
2010年代  

2010年(平成22年)
スマート車の販売・アフターサービスをメルセデス・ベンツ販売店全店に拡大
(株)ヤナセグローバルモーターズがピーシーアイ鰍ニサーブの販売店契約を締結
(株)ヤナセ東北が(株)ヤナセ岩手、(株)ヤナセ青森を吸収合併

2011年(平成23年)
(株)ヤナセオートパーツにBP事業を移管し、同社の商号を(株)ヤナセオートシステムズに変更
本社社屋建て替え工事・再開発に着手
代表取締役社長に井出健義就任

2012年(平成24年)
メルセデス・ベンツ販売60周年を迎える
サーブの販売中止
本社新社屋完成

2013年(平成25年)
「ヤナセ夜間・休日緊急サポートコールセンター」を開設
認定中古車の商品区分を一新
ヤナセグループ新車累計販売180万台を達成

 

 

 


   
   
YANASE History
WEBサポートセンター 新車購入サポート 試乗申込み お見積り申込み カタログ請求 購入シミュレーション アフターサポート サービス入庫予約 ボディ修理見積り 中古車購入サポート ヤナセ認定中古車検索
PCメールマガジン会員登録はこちら
店舗検索

新車・中古車・アフターサービス
全国ヤナセネットワークから目的別に検索

都道府県でクイック検索
検索
エリア情報
全国のエリア情報はこちら
地域設定を変更する
創立100周年記念サイト
YANASE History