ヤナセってどんな会社?

ヤナセの歴史

Since 1915輸入車ディーラーのパイオニアとして

Since 1915
輸入車ディーラーのパイオニアとして

1915(大正4)年、梁瀬長太郎は東京・日比谷公園前に当社の前身である「梁瀬商会」を創業しました。当時、日本の自動車保有台数はわずか1,244台*。ビュイック、キャデラックの輸入販売から開始し、以来、個性豊かな欧米をはじめとするプレミアム輸入車を全国のお客さまにお届けしています。

*国土交通省調べ

取り扱いブランド

世界のクオリティを選ぶ楽しみ、体感する喜びを提供。

自分だけの一台を世界のプレミアムブランドから選ぶ楽しみ、そして一流の走りを体感する喜びをご提供するために、ヤナセは“ お客さまにとっての満足”を追求しています。

  • Mercedes-benz
    Mercedes-benz
  • smart
    smart
  • CADILLAC
    CADILLAC
  • CHEVROLET
    CHEVROLET
  • BMW
    BMW
  • Audi
    Audi
  • Volkswagen
    Volkswagen

アフターサービス

安心と感動をもたらす世界水準の技術サービスを。

1世紀に及ぶヤナセの歴史。それは、日本の輸入車販売の歴史であると同時に、お客さまの愛車を長期にわたって見守り続け、信頼関係を築いてきたアフターサービスの歴史でもあります。安心と感動をもたらす世界水準の技術サービスを。ヤナセの約束です。

アフターサービス1
アフターサービス2
アフターサービス3
アフターサービス4

ヤナセの販売ネットワーク

ヤナセの販売ネットワーク

ヤナセの想い

スタッフはひとり一人がヤナセの顔であるとの自覚を持ちながら、お客さまに接しています。
脈々と受け継がれるその<マインド>をスタッフの言葉を通じてお伝えします。

ヤナセの想い1
ヤナセの想い2
ヤナセの想い3
ヤナセの想い4
ヤナセの想い5

コーポレートスローガン

コーポレートスローガン

これまでの100年も、これからの100年も。
ヤナセは、“人生を豊かにするクルマ”、
“クルマと共にある人生”を提案していきます。

信頼と安心の証 ヤナセステッカー

信頼と安心の証 ヤナセステッカー

ヤナセでは販売するクルマのリアウインドウなどに、ブルー&イエローの「YANASE」のロゴステッカーを貼っています。これは、お客さまのクルマがトラブルに遭った万一のときに、それに気付いたヤナセのスタッフが「お手伝いできませんか」とお声掛けできるようにするためのものです。ブルーは「自然を愛し、より豊かなゆとりある社会を目指す」という私たちの企業姿勢を、イエローはヤナセの「未来への限りない可能性」を象徴しています。

PAGE TOP