ヤナセのボディ修理 「安心」の理由 2
さまざまな資格をもったスタッフが
安心のお手伝い

資格保有者による正しいリペアを実施

最近のメルセデス・ベンツやアウディ等の車両には、車両剛性と安全性の強化、燃費向上を目的としてアルミニウム素材が使われています。
その素材の特性上、折れ曲がった部品の修理は溶接作業となることが多く、スチールと比べ温度管理などより高度な溶接技術が不可欠です。さらに、アルミニウムは異種金属との接触により腐食する事があるので、専用の作業場が必要です。

資格保有者による正しいリペア
資格保有者による正しいリペア

専門知識、技術を持ったアルミ溶接認定技術者により、
新車時と同等のボディ剛性と安全性を復元しお戻しします。

認定資格を取得するために
本国へ

例えば、アウディのアルミ溶接認定技術者の資格取得においては、渡独して10日間の資格取得研修を行っています。約1週間行われる溶接の実作業研修では、朝から夕方まで溶接作業。さらに、英語の教材で行われる約2日間の研修により資格を取得することができます。

認定資格を取得するために本国へ

ヤナセではメーカー資格を取得するために
本国で開催される研修に積極的に派遣しています。

ヤナセの資格保有者は総勢84名(2018年1月末現在)

BPセンターではメルセデス・ベンツ、アウディをはじめとしたアルミ溶接認定技術者資格保有者15名揃えております。資格取得後も、各種勉強会等をはじめ常に最新の情報、技術の取得に努めています。他にもヤナセにはアーク溶接作業者、ガス溶接作業者、有機溶剤作業者、1級小型自動車整備士等々、総勢84名の資格保有者がおります。

ヤナセの資格保有者
ヤナセの資格保有者
ヤナセの資格保有者
ヤナセの資格保有者
ヤナセの資格保有者
ヤナセの資格保有者
ヤナセの資格保有者
ヤナセの資格保有者

▼まずは修理費用を知りたい方▼

Webボディ修理見積り お見積り無料 申込みはこちら

▼すぐに直したい方▼

サービス入庫予約 PC・携帯でカンタン予約
PAGE TOP