法定12ヵ月点検

安全走行の確保、公害防止の観点から、日本国内では、1年、2年ごとの定期点検整備が法律で義務づけられています。1年点検では、自家用車点検項目は必要最小限になっております。また、法律で定められた点検項目以外に、おクルマの車種や使用状況により、メーカーが独自に推奨する点検項目があります。

法定12ヵ月点検

1. かじ取り装置

    パワーステアリング装置

  • ベルトの緩み及び損傷

2. 制動装置

    ブレーキペダル

  • 遊び及び踏みこんだときの床板とのすき間
  • ブレーキのきき具合

    駐車ブレーキ機構

  • 引きしろ(踏みしろ)
  • ブレーキのきき具合

    ホース及びパイプ

  • 漏れ、損傷及び取付状態

    マスタシリンダ、ホイールシリンダ及びディスクキャリパ

  • 液漏れ

    ブレーキドラム及びブレーキシュー

  • ドラムとライニングとのすき間※
  • シューの摺動部分及びライニングの摩耗※

    ブレーキディスク及びパッド

  • ディスクとパッドとのすき間※
  • パッドの摩耗※

3. 走行装置

    ホイール

  • タイヤの状態※
  • ホイールナット及びホイールボルトの緩み※

4. 動力伝動装置

    クラッチ

  • 遊び及び踏みこんだときの床板とのすき間

    トランスミッション及びトランスファ

  • 油漏れ及び油量※

    プロペラシャフト及びドライブシャフト

  • 連結部の緩み※

5. 電気装置

    点火装置

  • 点火プラグの状態※
  • 点火時期
  • ディストリビュータのキャップの状態

    バッテリ

  • ターミナル部の接続状態

6. 原動機

    本体

  • 排気の状態
  • エアクリーナーエレメントの状態※

    潤滑装置

  • 油漏れ

    冷却装置

  • ファンベルトの緩み及び損傷
  • 水漏れ

7. エグゾーストパイプ及びマフラー

    エグゾースト・パイプ及びマフラー

  • 取付の緩み及び損傷※

※マークは法律により走行距離に応じて省略できる項目です。

PAGE TOP