RS Q8

走行性能

走行性能1

Audi RS Q8は、その比類なきパフォーマンスであなたの衝動を解放します。4.0ℓツインターボV型8気筒TFSIエンジンは最高出力441kW(600ps)を6,000rpmの高回転域で発揮。800Nmに達する最大トルクを2,200rpmから4,500rpmの広い回転域で発生させます。このパワーユニットに、走行中に発生させた回生エネルギーを48Vのリチウムイオンバッテリーに蓄え、各システムに電力を供給するマイルドハイブリッド(MHEV)システムと高速道路などでのクルージング走行などで8気筒のうち4気筒を自動的に休止させるシリンダーオンデマンド効率システム(cod)を搭載し、高効率で快適な走行を実現。また、そこに効率性とレスポンスに優れた8速ティプトロニックトランスミッションを組み合わせ瞬時のギアチェンジを可能に。8速ギアを採用することで、エンジンはほぼ理想的なエンジン回転数を維持。ローギアは加速性が良く、ハイギアはエンジン回転数を抑えることで効率よく走ることができます。さらにAudi独自の4WDシステムquattro®により、軽快で意のままにリニアなハンドリングと、路面に吸い付くような走行安定性でAudi RS Q8のパフォーマンスを引き出します。これらの革新的な機能の組み合わせにより0-100km/hまでは、わずか3.8秒で加速。高められたドライビングダイナミズムが、Audi RS Q8に無限の可能性をもたらします。

走行性能2

あらゆるシーンやあらゆる道を思うがままに容易に制御する。Audi RS Q8はあなたの挑戦に応えるポテンシャルを秘めた一台です。路面や走行の状況を問わず、幅広い状況で優れたパフォーマンスを発揮する4WDシステムquattroを採用。セルフロッキングセンターディファレンシャルを介してフロントとリヤにトルクを的確に配分し、通常時には、前40:後60の非対称配分で路面に吸い付くような走行安定性を実現。路面状況によってはトルク配分を前70:後30〜前15:後85の間でダイナミックに可変制御。卓越したトラクションと優れた推進力で、思いのままの走りが愉しめます。またRS専用にスポーティなチューニングを施したアダプティブエアサスペンションスポーツを標準で搭載。走行状況に応じて4輪のサスペンションそれぞれの減衰力を瞬時に制御し、上質な乗り心地と走行性能を両立します。路面や個々のドライビングスタイルに合わせて、アウディドライブセレクトの選択モードで車高レベルをコントロールし、凹凸のある荒れた路面でもダイナミックに走り抜けることができます。さらに前輪のみならず後輪も操舵するオールホイールステアリングが俊敏な応答性と優れた操縦安定性を実現。パフォーマンスにさらなる感動をもたらします。

※写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。