S6 Avant

走行性能

どこまでも遠くへ。気の向くままに走らせ、お気に入りの場所へ。Audi S6 / S6 Avantはそんな心高鳴るドライブも特別な瞬間にします。新しく搭載された2.9ℓ V型6気筒TFSIエンジンは、電動コンプレッサー搭載により低回転時からターボラグのない素早い加速を生み出すとともに、最高出力331kW(450PS)、最大トルク600Nm(61.2kgm)という息を呑むようなハイパフォーマンスを発揮。さらに走行中に発生させた回生エネルギーで高効率な走行を実現する48Vマイルドハイブリッド(MHEV)システムを搭載。効率性とレスポンスに優れる8速ティプトロニック、セルフロッキングディファレンシャル搭載の4WDシステムquattro®を組み合わせることで、優れたトラクションとダイナミックな走りを実現。アダプティブエアサスペンションは切れのいい俊敏なハンドリングとともに高速度域でも乗り心地のよさをもたらします。

エンジン

TFSI®エンジン

TFSI®エンジン

Audi S6 / S6 Avantにはダウンサイジングを図りながらも高効率とパワフルな動力性能を両立させたツインターボの2.9ℓ V6 TFSIエンジンを搭載。マイルドハイブリッド(MHEV)システム、電動チャージャーとの革新的なドライブシステムの組み合わせにより最高出力331kW(450PS)のパワーと最大600Nm(61.2kgm)の力強いトルクを発揮。エンジンの低回転域からターボラグを緩和し、リニアなアクセル応答性と素早い加速を実現します。

トランスミッション

8速ティプトロニック

8速ティプトロニック

8速ティプトロニックは、効率性とレスポンスに優れたトランスミッションで、瞬時にギアチェンジを完了します。8速ギアを採用することで、エンジンはほぼ理想的なエンジン回転数を維持します。ローギアは加速性が良く、ハイギアはエンジン回転数を抑えることで効率よく走ることができます。

quattro®

quattro®

quattro®

4輪全てに駆動力を配分し、路面や走行の状況を問わず、幅広い状況で優れたパフォーマンスを発揮するAudi独自の4WDシステム。エンジンパワーは、セルフロッキングセンターディファレンシャルを介し、フロントおよびリヤアクスルに的確に配分され、様々な運転条件に対応します。通常時には、前40:後60の非対称配分で路面に吸い付くような走行安定性を実現。路面状況によってはトルク配分を前70:後30 〜 前15:後85の間でダイナミックに可変制御します。
オーバーステアやアンダーステアを抑制し、卓越したトラクションと優れた推進力で、思いのままの走りが愉しめます。

パワートレイン

マイルドハイブリッド(MHEV)

マイルドハイブリッド(MHEV)

マイルドハイブリッド(MHEV)ドライブシステムは、ハイブリッド機能を従来のエンジンに組み合わせることで高効率的で快適なドライビングを可能にしました。ベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と追加されたリチウムイオンバッテリーが、ブレーキング時には最大12kWという高いエネルギー回生を可能にしています。走行中にシステムに必要な動力を蓄電された電力が補うことで55 〜 160km/hの間でコースティング(惰性走行)中はエンジンを止めて走行することもでき、燃料消費/CO2排出量低減を実現します。BASと燃焼エンジンをつなぐことで、さらに快適で振動の少ないエンジンスタートを実現。またスタート/ストップ機能は22km/h以下で利用でき高効率を実現しています。さらにAudi S6 / S6 Avantには電動チャージャーが組み合わされています。幅広い速度域で素早く反応して過給圧を増加させることで、低回転域から電力を供給しターボラグを緩和。発進時からトルクを発生させ迅速なアクセルレスポンスと素早い加速を実現しています。

ステアリング

ダイナミックオールホイールステアリング

ダイナミックオールホイールステアリング

ダイナミックオールホイールステアリングは、走行状況に応じてステアリングのギアレシオが可変制御されるダイナミックステアリングに4輪操舵のオールホイールステアリングを組み合わせることで生まれた、ハンドリング性能をさらに高める先進テクノロジーです。走行状況に応じてアシスト量、舵角量をコントロールでき、ワインディングロードや高速走行ではリヤホイールがフロントと同じ方向へ動くことで、卓越した走行安定性とドライビングダイナミクスが向上。車線変更もスムーズに行えます。低速走行時にはリヤホイールをフロントとは反対方向に曲げることでクルマの最小回転半径を抑え、車両に高い俊敏性と操作性により取り回しが楽に行えます。

アウディドライブセレクト

走行特性をシーンや走行状況、好みに合わせて選択することができます。オート、コンフォート、ダイナミックの各モードから、パワーステアリングのアシスト量、エンジン、ギアチェンジ特性の設定を変更し、スポーティな走りから快適で効率を高める走りまで、様々な走りを愉しめます。

※写真は一部、日本仕様と異なる場合があります。