TECHNOLOGY

次世代のハイパフォーマンスと高効率を実現する4.0ℓ V型8気筒直噴ツインターボエンジン

2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置する革新的な“ホットインサイドV”レイアウトを採用。コンパクトなサイズとともに、ターボチャージャーへの最適なエアフローをもたらすことでハイパワーと俊敏なレスポンス、高い環境性能を獲得しています。また、軽量でありながら高い強度を実現するために、砂型鋳造されるクローズドデッキのアルミクランクケースを採用。ピストンを鍛造アルミ製とするとともに、シリンダーウォールにはNANOSLIDE®摩擦低減加工を施しました。これらMercedes-AMGの先進技術の粋を結集することで、Mercedes-AMG GT(以下GT)は340kW(462PS)/6,000rpm、600N・m(61.2kg・m)/1,600〜5,000rpmを、Mercedes-AMG GT S(以下GT S)は375kW(510PS)/6,250rpm、650N・m(66.3kg・m)/1,750〜4,750rpmを、Mercedes-AMG GT ロードスター(以下GT ロードスター)は350kW(476PS)/6,000rpm、630N・m(64.2kgf・m)/1,700〜5,000rpmを発生。また、ドライサンプ方式の採用で車両の低重心化と、高い横Gがかかる高速コーナリングでの安定したオイル供給を確保しました。さらに、Mercedes-AMG GT C ロードスター(以下GT C ロードスター)は、専用ターボチャージャー、制御プログラム、Mercedes-AMG GT Sより約0.7kg軽いフライホイールなどを採用。これらによって、トップパフォーマンス ロードスターにふさわしい410kW(557PS)/5,750〜6,750rpm、680N・m(69.3kgf・m)/1,900〜5,500rpmを発生します。さらに、第三世代の直噴システムであるBlueDIRECTテクノロジーをツインターボと組み合わせることで、非常に効率的な燃焼も実現。次世代のリアルスポーツカーにふさわしい素早いレスポンス、溢れるほどのパワー&トルク、優れた環境性能を実現しています。

  • ※数値はすべて欧州参考値。

4.0L V型8気筒直噴ツインターボエンジ
4.0ℓ V型8気筒直噴ツインターボエンジン

自由自在なドライビングのためのAMGスピードシフトDCT

エンジンパワーを途切れることなく駆動輪に伝え続けるデュアルクラッチ式を採用。素早いシフトタイムによって、ドライバーのアクセルワークに瞬時に反応。シームレスな加速をもたらします。さらに、4つのシフトモードを設定しました。「C(Comfort)」は、燃費と快適性を優先するモード。「S(Sport)」と「S+(SportPlus)」は、よりスポーティなドライビングが愉しめるモード。「I(Individual)」は、様々なパラメーターを個別に設定できるモードです。Mボタンを押せばマニュアル操作も可能。またGT S、GT C ロードスターは、さらなるパフォーマンスのためにギア比が変更され、サーキット走行に最適な「RACE」モードも装備しています。

AMGスピードシフトDCT
AMGスピードシフトDCT

究極のハンドリングと快適性のためのダイナミックエンジントランスミッションマウント

エンジンマウントとトランスミッションマウントそれぞれに磁性体入の液体マウントを搭載。各種センサーの情報からドライビングの状況を検知して、マウントの硬さを調整します。通常走行時は、柔らかいマウントによって、ドライブトレインからのノイズと振動を効果的に遮断。快適性を高めます。ダイナミックなドライビング時には、マウントを硬くすることでドライブトレインのロールモーションを減少。走行安定性を大幅に向上させるとともに、よりダイレクトなステアリングレスポンスと路面からのフィードバックによって、極限的に俊敏なドライビングが愉しめます。

  • 〈Mercedes-AMG GT S、Mercedes-AMG GT R、Mercedes-AMG GT C ロードスターに標準装備〉

ダイナミックエンジントランスミッションマウント
ダイナミックエンジントランスミッションマウント

シーンに合わせたサウンドが愉しめるエグゾースト フラップ付AMGパフォーマンスエグゾーストシステム

マフラー内のエグゾーストフラップによって、排気音を切り替えるエグゾーストシステム。トランスミッションがC(Comfort)、S(Sport)モードのときはエグゾーストフラップを閉じることで、住宅街や街中はもちろん、長距離クルージングなどにも最適な落ち着いたサウンドを響かせます。ダイナミックな走りが味わえるS+(Sport Plus)、RACEモードでは、エグゾーストフラップが開き、加速時やシフトダウンによる自動ブリッピング時などにモータースポーツを彷彿とさせるエモーショナルなサウンドが堪能できます。またどのモードでもAMGドライブユニットの専用ボタンでサウンドを切り替えることができます。

  • 〈Mercedes-AMG GT S、Mercedes-AMG GT R、Mercedes-AMG GT C ロードスターに標準装備、Mercedes-AMG GT ロードスターにオプション設定〉

AMGパフォーマンスエグゾーストシステム
AMGパフォーマンスエグゾーストシステム

様々な状況で絶大なトラクションと安定性を確保するAMGリミテッド・スリップ・デフ

GT、GT ロードスターには機械式AMGリミテッド・スリップ・デフを採用。すべてのドライビング状況で強力なトラクションと安定感に満ちた思いのままのハンドリングが愉しめます。さらに、GT S、GT R、GT Cロードスターには電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフを採用。走行状況と路面の摩擦係数に応じて、可変ロッキング機構がより素早くきめ細かに作動することで、ダイナミックなハンドリング、強力なトラクションに加え、コーナリングスピードも向上。様々な道で、絶大な安心感と愉しさを実現します。

AMGリミテッド・スリップ・デフ
AMGリミテッド・スリップ・デフ

優れた安全性、快適性、俊敏性を実現するAMGパラメーターステアリング

舵角に応じてギア比を変化させることにより、ロック・トゥ・ロックの回転数を減少させたダイレクトステアリングを採用。駐車時や市街地など、ステアリングを大きく操作する場合の操作量を減らしながら、高速走行時には優れた直進安定性を実現します。さらに車速だけでなく、選択したAMGダイナミックセレクトのドライブモードによってもパワーアシスト量が変化。スポーティなドライビング時にはアシスト量が減り、正確なステアリングフィールと路面からのダイレクトなフィードバックが得られます。

AMGパラメーターステアリング
AMGパラメーターステアリング

ダイナミックなハンドリングと快適性を両立する前後ダブルウィッシュボーンサスペンション

モータースポーツの技術が直接フィードバックされたダブルウィッシュボーン式を全モデルに採用。GT、GT ロードスターに搭載されるAMGスポーツサスペンションは、軽量でありながら非常に高い剛性を確保することで、明快なロードフィールと正確無比なハンドリングを実現します。さらに、GT S、GT C ロード スターには、電子制御ダンピングシステムを備えたAMG RIDE CONTROLスポーツサスペンションを装備。「C」「S」「S+」の3つのモードが選べ、サーキットやワインディングでのダイナミックなドライビングと、街中や長距離移動時の快適性を高い次元で両立します。


AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション

思いのままのドライビングをサポートする3ステージESP®(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)

センターコンソールのAMGドライブユニットのボタンで3つのモードが選べます。「ESP® ON」は、高レベルな安全性を確保する標準モード。「ESP® SPORT Handling」では、システム介入前に一定のドリフトアングルを許容するスポーティなドライビングが愉しめます。そして、「ESP® OFF」は、サーキットでの高度にダイナミックなドライビングのためにESP®がオフになるモードです。さらに、カーブ・ダイナミック・アシストが高速コーナリング時に後輪内側にブレーキをかけてアンダーステアを減少。ダイナミックな走りを安心して堪能することができます。

  • ※「ESP® SPORT Handling」モードと「ESP® OFF」モードは、ブレーキペダルを強く踏み込むと「ESP® ON」モードへと切り替わります。


3ステージESP®

ハイレベルなパフォーマンスに対応するAMG強化ブレーキシステム

GTは、前後に360mmドリルドベンチレーテッドコンポジットディスクを装着。ハイパフォーマンスに対応する強大な制動力と耐フェード性、ペダル操作に対する優れた応答性を発揮します。GT S、GT Rは、フロントにより大型の390mmディスクと、前後レッドブレーキ・キャリパーを装備しました。さらにオプションでAMGカーボンセラミックブレーキ*を設定。サーキット走行時などでも強力な制動性能と正確なコントロール性能、優れた耐フェード性能を発揮します。

  • *:Mercedes-AMG GTを除く全車にオプション設置。


AMG強化ブレーキシステム

望みのままのセッティングを叶えるAMGダイナミックセレクト

爽快なクルージングからサーキットでのダイナミックなパフォーマンスまで。Mercedes-AMG GT/GT ロードスター/GT Cロードスターを望みのままのキャラクターにセッティングできます。トランスミッションのギアシフトプログラムに加え、エグゾーストシステム*1を含むエンジン特性、サスペンション*2、ステアリング特性、3ステージESP®、セーリング機能とECOスタートストップ機能、リトラクタブルリアスポイラーの作動プログラムが連動して変化します。

●C(Comfort):
快適性と燃費重視のモードです。
●S(Sport):
ワインディングなどでスポーティなドライビングが愉しめるモード。エグゾーストサウンドは控えめなままで、3ステージESP®はON。AMGパラメーターステアリングのパワーアシストがロードフィールを高めるために減少します。
●S+(Sport Plus):
AMG V8ならではのエグゾーストサウンドとともに、サーキットなどでよりダイナミックなドライビングが愉しめるモード。3ステージESP®はONのままです。
●I(Individual):
エンジン、エグゾーストシステム*1、サスペンション*2、トランスミッション、3ステージESP®のパラメーターを個別に設定できます。
●RACE(Mercedes-AMG GT S、Mercedes-AMG GT C ロードスター専用)*3:
サーキット走行のためにすべてのパラメーターが変化するモードです。

*1:Mercedes-AMG GT S、AMGパフォーマンスエグゾーストシステム装着車のみ。
*2:AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション装着車のみ。
*3:RACEモードは、サーキット走行専用のモード設定です。公道では使用せずに、クローズドサーキットのみで使用してください。


AMGダイナミックセレクト設定画面

Mercedes-AMG GT R

シリーズ最強のパワーを誇る GT R 専用開発の
4.0ℓ V型8気筒直噴ツインターボエンジン

2つのターボチャージャーをVバンク内側に配置する革新的な“ホットインサイドV”レイアウトを採用。コンパクトなサイズとともに、ターボチャージャーへの最適なエアフローをもたらすことでハイパワーと俊敏なレスポンス、高い環境性能を獲得しています。
また、軽量でありながら高い強度を実現するために、砂型鋳造されるクローズドデッキのアルミクランクケースを採用。ピストンを鍛造アルミ製とするとともに、シリンダーウォールにはNANOSLIDE®摩擦低減加工を施しました。
さらにGT R専用のターボチャージャー、制御プログラム、Mercedes-AMG GTより約0.7kg軽いフライホイールなどを採用。これらによって、シリーズ最強となる430kW(585PS)/6,250rpm、700N・m(71.4kgf・m)/1,900〜5,500rpmを発生。思いのままのサーキット走行を実現します。
ドライサンプ方式の採用により、車両の低重心化と、高い横Gがかかる高速コーナリングでの安定したオイル供給も確保。加えて、第三世代の直噴システムであるBlue DIRECTテクノロジーをツインターボと組み合わせることで、非常に効率的な燃焼も実現しました。オンロードレーシングカーにふさわしい素早いレスポンス、溢れるほどのパワー&トルク、優れた環境性能を実現しています。

  • ※数値はすべて欧州参考値。


4.0ℓ V型8気筒直噴ツインターボエンジン

さらに俊敏なシフトワークを実現する
AMGスピードシフトDCT

エンジンパワーを途切れることなく駆動輪に伝え続けるデュアルクラッチ式を採用。素早いシフトタイムによって、ドライバーのアクセルワークに瞬時に反応。シームレスな加速をもたらします。さらにMercedes-AMG GT Rは、サーキット走行のために、シフトタイムの短縮化やギア比の変更などを実施。瞬時のシフトチェンジが意のままのドライビングを実現します。さらに、5つのシフトモードを設定。
「C(Comfort)」は、燃費と快適性を優先するモード。「S(Sport)」と「S+(SportPlus)」は、よりスポーティなドライビングが愉しめるモード。「RACE」は、サーキット走行のためにすべてのパラメーターが変更されるモード。
「(I Individual)」は、様々なパラメーターを個別に設定できるモードです。
Mボタンを押せば、パドル操作で意のままのシフトチェンジが行えます。さらに、最大限の加速力が得られるレーススタート機能も備えています。


AMGスピードシフトDCT

サーキットにおける究極のパフォーマンスのための
徹底した軽量構造

ルーフ、フロントフェンダー、トルクチューブなどに軽量・高剛性なカーボンファイバーを採用。さらに、AMGパフォーマンスエグゾーストシステムにはチタン製のリアサイレンサーを装備。
軽量でありながら非常に高強度なアルミニウムスペースフレームやマグネシウム製のフロントエンド、AMG鍛造アルミホイールなどとともに、サーキットにおける究極のハイパフォーマンスのための徹底した軽量化を実施しています。


カーボンファイバー製ルーフ

高速走行時の絶大な安定性を実現する
アジャスタブルリアウイングスポイラー

テールゲート下部に大型の固定式リアウイングスポイラーを装備。ブレードの角度調整が可能で、高速走行時の安定性を高めます。
さらに、リアバンパー下部に2つのディフューザーを装着。リアの安定性を高めるためのダウンフォースを発生させるとともに、エグゾーストシステムを効果的に冷却します。
また、左右のLEDリアコンビネーションランプの間にもエグゾーストシステム冷却用のエアアウトレットを設置しました。
これらによって、高速走行時の絶大なスタビリティを実現します。


アジャスタブルリアウイングスポイラー

最先端の空力性能をもたらす
アクティブ・エアロダイナミクス・システム&エアパネル

フロントには2つのアクティブ機構を装備。 1つはフロントバンパー前端に設けられたアクティブ・エアロダイナミクス・システム。約2kgの超軽量カーボンパーツが、80km/h *で約40mm下降し、ベンチュリ効果によるダウンフォースを発生させ、高速走行時のフロントの安定性を高めます。
もう1つはフロントバンパー内部に設けられたエアパネルと呼ばれる14枚の垂直ルーバー。通常時は閉じることで空気抵抗を減らすとともにリフトを低減します。エンジンの冷却ニーズが高くなると10段階で自動でオープン。高レベルの空力性能と冷却性能を両立します。

  • * RACEモード選択時。その他のモードでは120km/h。


アクティブ・エアロダイナミクス・システム&エアパネル

俊敏で安定した思いのままのハンドリングを叶える
AMGリア・アクスルステアリング

Mercedes-AMG GT Rは、後輪操舵機構を装備しています。電子制御コントロールユニットが、車速、フロントステアリングアングル、サイドスリップアングルなどのデータから運転状況を判断して、最適な後輪操舵量を計算します。
約100km/h以下での走行時は、前輪と逆方向に後輪がステア(最大約1.5°)。コーナリング時の回頭性を高めるとともに、駐車時などの取り回しやすさを向上させます。
約100km/h以上での走行時は、前輪と同じ方向に後輪がステア(最大約0.5°)。安定性の高い高速コーナリングやレーンチェンジを実現。サーキットにおけるラップタイム向上に貢献します。

最適なエンジンパワーを提供する
AMGトラクションコントロール

Mercedes-AMG GT3にも搭載されているモータースポーツテクノロジーを装備。ESP®OFF時に自動で起動します。ESP®が介入しないことによる思いのままのハンドリングとともに、最大限のトラクションが得られます。サーキット特性、路面状況、温度や摩耗といったタイヤのコンディションなどに合わせて、センターコンソールのダイヤルで後輪のスリップ量が9段階で選択可能。
それに応じたスリップ量となるように、システムがエンジンパワーをコントロールします。最適なトラクションを実現する電子制御AMGリミテッド・スリップ・デフとともに、エンジンパワーを余すところなく路面に伝えます。

  • ※ESP®を解除すると、横滑りなどを起こしやすくなります。公道では使用せずに、クローズドサーキットのみで使用してください。


AMGトラクションコントロール

高い安定性とダイナミックなハンドリングを両立する
AMG RIDE CONTROLスポーツサスペンション

モータースポーツの技術が直接フィードバックされたダブルウィッシュボーン式を前後に採用。軽量でありながら非常に高い剛性を確保することで、明快なロードフィールと正確無比なハンドリングを実現します。
さらに、走行状況などに応じて四輪それぞれの減衰力を最適に制御する電子制御ダンピングシステムを装備。「C」「S」「S+」の3つのモードが選べ、サーキットでのダイナミックなドライビングと、街中や長距離移動時の快適性を両立します。

軽量高剛性な専用鍛造ホイールと最先端テクノロジーが注がれた
「ミシュラン パイロット スポーツ カップ2」

標準装着タイヤには、フロント275/35R19、リア325/30R20のミシュラン パイロット スポーツ カップ2を採用。
トレッド内側には正確な操縦性とドライビングコントロールを実現する剛性感のあるエラストマーを、トレッド外側にはタイトコーナーで優れたドライグリップを発揮する柔軟なエラストマーを使用しています。
また、タイヤのアウトサイドショルダー部を耐摩耗性に優れたコンパウンドとすることで、サーキット走行時の高い耐久性を実現しました。さらに、深い溝によって排水性を改善するなど、オンロードでの妥協のない安全性も追求したレーシングタイヤです。
軽量高剛性な鍛造のチタニウムグレーペイント19/20インチAMG10ツインスポークアルミホイールも標準装備。これに加えて、マットブラックペイント19/20インチAMG10ツインスポークアルミホイール(鍛造)とマットブラックペイント19/20インチAMGパフォーマンス5ツインスポークアルミホイール(鍛造)がお選びいただけます。

●チタニウムグレーペイント19/20インチAMG
 10ツインスポークアルミホイール(鍛造)〈標準装備〉
●マットブラックペイント19/20インチAMG
 10ツインスポークアルミホイール(鍛造)〈オプション設定〉
●マットブラックペイント19/20インチAMGパフォーマンス
 5 ツインスポークアルミホイール(鍛造)〈オプション設定〉


ミシュラン パイロット スポーツ カップ2

極限の強度と軽さを実現した
カーボンファイバートルクチューブ

カーボンファイバードライブシャフトを内蔵するトルクチューブに、Mercedes-AMG GTのアルミ製よりも約40%軽量で非常に高い強度を実現するカーボンファイバーを採用。
車両の軽量化に貢献するとともに、高性能エンジンの爆発的なパワーを余すところなく路面まで伝える強固なドライブトレインとしています。
またMercedes-AMG GT Rは、ボディの安全性や剛性に寄与する重要なパーツにカーボンを使用した、メルセデス初のモデルでもあります。


カーボンファイバートルクチューブ

シーンに合わせたサウンドが愉しめる
エグゾーストフラップ付AMGパフォーマンスエグゾーストシステム

チタニウムリアサイレンサーなどの採用で、Mercedes-AMG GT Sより約6kgの軽量化を実現。大型のセンターテールパイプを含む3本出しとすることで、モータースポーツを彷彿とさせる迫力のリアビューを創出しました。
さらに、マフラー内に可変エグゾーストフラップを採用。トランスミッションがC(Comfort)、S(Sport)モードでは、住宅街や街中はもちろん、長距離クルージングなどにも最適な落ち着いたサウンドを響かせます。S+(Sport Plus)、RACEモードでは、加速時やシフトダウンによる自動ブリッピング時などにモータースポーツを彷彿とさせるエモーショナルなサウンドが堪能できます。
どのモードでもAMGドライブユニットの専用ボタンでサウンドを切り替えることができます。

Mercedes-AMG GT Roadster

俊敏で安定した思いのままのハンドリングを叶える
AMGリア・アクスルステアリング

前輪の操舵と連動して、後輪も操舵する機構。電子制御コントロールユニットが、車速、フロントステアリングアングル、サイドスリップアングルなどのデータから運転状況を判断して、最適な後輪操舵量を計算。約100km/h以下での走行時は、前輪と逆方向に後輪がステア(最大約1.5°)。コーナリング時の回頭性を高めるとともに、駐車時などの取り回しやすさを向上させます。約100km/h以上での走行時は、前輪と同じ方向に後輪がステア(最大約0.5°)。安定性の高い高速コーナリングやレーンチェンジを実現。サーキットにおけるラップタイム向上に貢献します。

  • ※数値はすべて欧州参考値。

高速走行時の安定性を高める
最先端のエアロダイナミクス

リトラクタブルリアスポイラーは、約120km/hを超えると自動的にリフトアップ。高速走行時のスタビリティを高めます。約80km/h以下になると自動で格納されます。また、120km/hまでは、ボタン操作によるリフトアップ/格納が可能です。さらに、フロントバンパー内部にエアパネルと呼ばれる14枚の垂直ルーバーを装備。通常時は閉じることで空気抵抗を減らすとともにリフトを低減します。エンジンの冷却ニーズが高くなると自動でオープン。高レベルの空力性能と冷却性能を両立します。

  • ※数値はすべて欧州参考値。

※写真・イラストは実際の車両と異なる場合や、一部日本仕様と異なる場合があります。

The world of Mercedes-AMG
  • ヤナセカーケアシステム
  • キズ・ヘコミの修理もヤナセにお任せ
PAGE TOP
A-Class | B-Class | CLA | CLA Shooting Brake | GLA | C-Class | C-Class Sedan | C-Class Stationwagon | C-Class Coupé | C-Class Cabriolet
E-Class Sedan | E-Class Wagon | E-Class Coupé | E-Class Cabriolet | CLS | S-Class | S-Class Coupé | S-Class Cabriolet
SLC | SL | GLC | GLC Coupé | GLE Coupé | GLE | GLS | G-Class | V-Class  |  GT 2-Door  |  GT 4-Door Coupe | Mercedes-AMG | EQC