快適性

(燃費性能や加速性能など)

直6 × ISG搭載モデルとは

直6 × ISG搭載モデルとは

エンジンとトランスミッションの間に搭載されるディスク型のモーター・ジェネレーター、ISG(Integrated Starter Generator)。画期的な48V電装システムとの組み合わせで力強いパワーアシストと高効率なエネルギー回生を実現。高回転までスムーズに吹け上がる新開発の直列6気筒エンジンとともに、胸のすく走りと環境性能を高次元で両立する次世代モデルです。

直6 × ISG搭載モデルの利点

直6 × ISG搭載モデルの利点

●POINT.1
画期的な電動化技術でさらに進化したエンジン効率
ISGと48V電装システムによる回生機能やブースト機能などによって、高効率な燃費性能を獲得。

●POINT.2
魂をふるわせる瞬時に沸き上がる強烈な加速
ISGによる電動ブースト、直6ツインスクロールターボエンジンが、胸高鳴る強烈な発進&加速性能を実現。

●POINT.3
スムーズで上質な直列6気筒のエンジンフィール
完全バランスの直列6気筒エンジンの滑らかな回転上昇が叶える、上質なエンジンフィール。

洗練されたパワーと環境性能をさらに高いレベルで実現する次世代の2.0ℓ直列4気筒BlueTEC エンジン

2.0ℓ直列4気筒BlueTEC エンジン

軽量・コンパクト化とともに、新世代のコモンレールシステムを採用。さらに、徹底したフリクションの低減、低回転からの高トルクや素早いレスポンスをもたらす可変ジオメトリーターボなどにより、最高出力143kW(194PS)、最大トルク400N・m(40.8kgf・m)を発生。かつてないほどスムーズで力強い加速と俊敏なレスポンスを発揮します。また、DPF*、アンモニアを生成させた後にSCR触媒コンバータを通過させ、化学反応により有害な窒素酸化物のほとんどを無害な窒素と水に還元する画期的な排出ガス浄化システム“BlueTEC”などにより、優れた低燃費とともに世界最高水準の環境性能も実現しました。

※DPF・・Diesel Particulate Filter(粒子状物質除去フィルター)の略称。

快適性、効率性、俊敏性を備えた電子制御9 速A/T 、9G-TRONIC

電子制御9 速A/T 、9G-TRONIC

ダイナミックなレスポンスによる爽快なドライビングフィールと高い静粛性を同時に実現。さらに多段化による滑らかで俊敏な変速により、上質なスポーティドライビングが愉しめます。
また、パドルシフトを使えばドライバーの意のままにシフトチェンジが行えます。7G-TRONIC PLUSと比べ、トルクコンバータケースのアルミ化などにより約1kgの軽量化を実現し、さらに粘度の低いトランスミッションオイルを採用することで、トルクコンバータの伝達ロスを低減。これらによって飛躍的な燃費向上を実現しました。数々の先進技術を採用したメルセデス独自開発の9G-TRONICです。

次世代の俊敏性、快適性、環境性能を実現する全天候型フルタイム四輪駆動4MATIC

全天候型フルタイム四輪駆動4MATIC

様々な天候や路面状況下で最適なトラクションを発揮する四輪駆動システム。オンロードでは、コーナリング時や高速走行時の高い安定性を実現。スポーティなドライビングが安心して愉しめます。また、オフロードや雪道などでは、タイヤの空転や横滑りを抑制し、高い操縦性や走行安定性を確保。軽量コンパクトな設計などにより燃費向上にも貢献します。

様々な条件や状況に最適に対応するAIR BODY CONTROL サスペンション

AIR BODY CONTROL サスペンション

連続可変ダンパーとマルチチャンバーエアサスペンションを電子制御することで、快適性と俊敏性を高いレベルで両立します。通常はエアサスペンションならではの上質でしなやかな乗り心地を実現。
コーナリングやブレーキング時にはスプリングレートを硬くすることで、ロールやピッチングを抑制。高速走行時は自動で車高を下げることで空気抵抗を低減させるとともに重心を下げ、優れたスタビリティによる安心感の高い走行性能を発揮します。ダイナミックセレクトの「Sport」や「Sport+」モードを選択すればサスペンション制御が固くなり、ロードホールディング性能が向上。ダイナミックなドライビングが愉しめます。また、任意で最低地上高を上げることができるため、荒れた路面など、ロードクリアランスの気になるシーンで役立ちます。

〈CLS 450 4MATIC スポーツ(ISG搭載モデル)に標準装備。
CLS 220 d スポーツにパッケージオプション設定〉

快適性とダイナミズムを高次元で両立するAGILITY CONTROL サスペンション

AGILITY CONTROL サスペンション

フロントには4リンク式を採用。アルミを多用することで、スポーティなステアリングレスポンスも実現しています。リアにはメルセデス伝統のマルチリンクサスペンションを搭載。快適性を大幅に進化させました。さらに、走行状況に応じて減衰力を調整するセレクティブダンピングシステムも採用。通常走行時には油圧抵抗を減少させてしなやかで快適な乗り心地を、ハードなコーナリング時など急激な入力に対しては最大限の減衰力を発揮。すべての道で、絶大な安定性と極上の乗り心地を実現します。

〈CLS 220 d スポーツに標準装備〉

ドライバーが求める様々なセッティングが選べるダイナミックセレクト

ダイナミックセレクト

選んだモードに応じて、エンジン、トランスミッション、サスペンション*などが変化。標準設定の「Comfort」、燃費が向上する「ECO」、スポーティな「Sport」、よりダイナミックな「Sport+」が選択可能。さらに、「Individual」ではエンジン、トランスミッション、サスペンション*などをドライバーの好みで自由に設定してオリジナルのモードがカスタマイズできます。

*:AIR BODY CONTROLサスペンション装着車のみ。

高レベルの空力性能と冷却性能を両立するエアパネル

エアパネル

フロントグリル後方とその下のフロントバンパー後方の2カ所に、車速、水温、気温などに応じて最適に電子制御されるラジエターシャッターを装備。エンジンの冷却ニーズが低いときは、シャッターを閉じることで空気抵抗を減らし、燃費向上に貢献します。エンジンの冷却ニーズが高くなると、ラジエターシャッターが充分な冷却に必要な分だけオープン。高レベルの空力性能と冷却性能を両立します。

  • 試乗申込み
  • 見積り申込み
  • カタログ請求
  • 商談申込み
  • 展示車・試乗車検索
  • 店舗検索