安全性

(ブレーキアシストなど)

アクティブブレーキアシスト

アクティブブレーキアシスト

衝突事故の回避または被害の軽減をサポートするシステムです。先行車両と衝突する可能性がある場合には、警告灯と警告音で知らせると同時に必要な制動力をアシストします。そのうえ、ドライバーが警告に反応しない場合は、自動で緊急ブレーキを作動させます。

※約7km/h以上で作動。静止した障害物に対しては 約7~50km/hの範囲で作動します。

アテンションアシスト

アテンションアシスト

長時間の継続走行時など、ドライバーの疲労や注意力の低下を検知した場合、警告音とともに休憩することを勧めるメッセージをマルチファンクションディスプレイに表示します。疲労レベルがグラフィカルに5段階で表示されるので、休憩するタイミングがわかりやすくなっています。

※作動速度範囲:約60~200km/h。

アダプティブハイビームアシスト

アダプティブハイビームアシスト

マルチファンクションカメラが、対向車や先行車を検知します。対向車や先行車がいない状況ではハイビームを照射し、対向車や先行車を検知した場合は自動的にロービームに切り替わり、まわりのクルマを幻惑することなく常に最大の視界を確保し、安全運転をアシストします。

ディスタンスパイロット・ディストロニック

ディスタンスパイロット・ディストロニック

レーダーセンサーによって先行車との車間距離を自動的にキープする、前車追従機能です。減速が必要な場合は自動的に減速し、先行車が停止した場合は自車も停止。アクセルを軽く踏むか、クルーズコントロールレバーを引くことで再スタートし、設定された速度まで自動的に加速します。

PRE-SAFE®

PRE-SAFE®

事故が発生すると予測された場合、乗員の安全を守るために動作する機能です。フロントシートはシートベルトの拘束度が高まり、助手席は安全位置に移動。さらに、ウィンドウは自動的に閉じ、車内への異物の侵入を防ぐとともに身体が飛び出て負傷することを防止するなど、最大限の安全性を高めます。

レーンキーピングアシスト

疲労や不注意による車線逸脱を警告する機能です。前輪が走行車線を越えたとカメラが検知した場合、ステアリングが振動してドライバーに警告します。ドライバーの意志による場合は警告を発しない一方、高速道路など、車線が広い場合は警告が早まるなど、状況に応じて正しい警告を発します。

ブラインドスポットアシスト

車線変更のアシストする機能です。約30km/h以上で走行中、ドアミラーの死角に他車が走行している場合、ミラー内に赤いシグナルが表示されます。ドライバーが気づかずにウインカーを作動させると、警告音とともにドアミラー内の警告灯が点滅し、死角にいる車両との衝突の危険を知らせます。

  • 試乗申込み
  • 見積り申込み
  • カタログ請求
  • 商談申込み
  • 展示車・試乗車検索
  • 店舗検索