株式会社ヤナセ江戸川支店/メルセデス・ベンツ江戸川

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西4-6-22
ショウルーム
TEL 03-5667-6911FAX: 03-3869-1005
営業時間:09:30-19:00 (土・日・祝日 9:30~18:00)
定休日:月曜日,年末年始 月曜日が祝日の場合は営業致します。 
アフターサービス
TEL 03-5667-6914FAX: 03-3869-1006
営業時間:09:30-19:00 (土・日・祝日 9:30~18:00)
定休日:月曜日,年末年始 月曜日が祝日の場合は営業致します。 

スタッフブログ

2018/08/31

いつもヤナセブログをご愛読頂き誠にありがとうございます。

先日発表された新型Cクラスでございますが、江戸川支店ショールームにて展示しております。

よりスタイリッシュになったエクステリアや
大きく見やすくなったナビ画面を実際にご覧になり、触れてみて下さいませ。

Cクラス以外にも様々な車種を展示しておりますので是非、ご来店下さいませ。
私どもヤナセ江戸川支店一同、心よりお待ちしております。

 
2018/08/30
いつもヤナセブログをご愛読いただきありがとうございます。

 タービンエンジンをイメージした形の送風口「イルミネーテッドエアアウトレット」は、
全体がシルバーシャドー仕上げになっていて、64色から選択可能なイルミネーションが
送風口の内側に仕込まれており、未来的な雰囲気を醸し出し、めちゃめちゃ格好良いですよね。

 また送風口がアンビエントライトと連動し、設定温度を上げると赤く、下げると青く光
るという、非常に“実用的なギミック”が用いられているです。

まずはMercedesBenzを見て、触って、乗ってください

今週末も皆様のご来店お待ちいたしております。
 
2018/08/29
 いつもヤナセブログをご愛読いただきありがとうございます。

 今日はなんの日かとインターネットで調べたところ、「やき(8)に(2)く(9)」
の語呂合せで「焼肉の日」なんだそうです。

毎月29日は皆様ご存知の 肉(29)の日 ですが、焼肉の日は1年に一回なんですね。

今晩は皆様焼肉を食べ、スタミナをつけ、残暑の猛暑を乗り切りましょう。

そして元気になりましたら是非メルセデスベンツ江戸川へお越し下さい。


ショウルームにお越しいただいた際は、ご試乗車も用意しておりますのでお気軽に
お申し付けください。

まずはMercedesBenzを見て、触って、乗ってください。

今週末も皆様のご来店お待ちいたしております。
2018/08/28
 いつもヤナセブログをご愛読いただきありがとうございます。

 EQブーストとは、48Vマイルドハイブリッドシステム採用し、電動タービンとも呼べるEQブーストは
エンジンの低回転時から作動することでレスポンスを向上させ、回転数が高まったところで従来のター
ビンにバトンタッチをします。
 
この連携により、パワーのアシストと少燃費を両立させる。またジンによる、力強い動力性能に高
出力モーターのブースト機能がプラスされることにより、アクセル操作に対応する素早いレスポン
スとともに、まるでジェット機のような、途切れることのない加速感覚を実現しているんです。

 

皆様もジェット機のような加速感を味わいに是非メルセデスベンツ江戸川へご来場ください。

まずはMercedesBenzを見て、触って、乗ってください。

皆様のご来店お待ちいたしております。
 
2018/08/27
いつもヤナセブログをご愛読いただきありがとうございます。

 今日はメルセデスベンツに新しく搭載された「ISG」ついてちょっとお話をします。

 ISGは三菱電機が開発をした、スターターと発電機の機能を併せ持つシステムです。

 モーターとモーターを制御するインバーターで構成し、減速時のエネルギー回生や加速時の
トルクアシストなどに利用する。一般的なISGはエンジンとモーターをベルトを介し連結し
ており、急激な力の伝達や大きな負荷がかけられない制約がありました。

 これに対しメルセデスベンツに搭載されたISGは、エンジン出力軸直結型のシステムでベルト
連結を不要にしました。
 太線コイルでも高密度な巻き線を可能にする独自技術を使ったモーターの採用や、インバーターの
冷却ユニットの設計最適化により製品化を実現したのです。

 48ボルト電源対応のマイルドHVは、比較的低コストな部品構成で燃費を改善できるメリットもある
のです。


まずはMercedesBenzを見て、触って、乗ってください

今週末も皆様のご来店お待ちいたしております。
 
2018/08/26
 いつもヤナセブログをご愛読いただきありがとうございます。

 なぜメルセデスベンツってホイールがすぐ真っ黒になってしまうのだろう?
と思った方は結構いらっしゃると思います。

今日はその理由を気合の長文で説明させていただきます。

 ガソリンスタンドやディーラー、カーショップなどの店員が洗車をする際、一様に口にするのが
「メルセデス・ベンツのホイールの汚れはなかなか落ちない」と言います。 

 これは、ブレーキパッドが削れて付着した汚れ、いわゆるブレーキダストです。

 国産車でもある程度は、ブレーキダストが出るので汚れないことはないのですが、メルセデスベ
ンツのそれは別格で、「ホイールに刺さるので、洗って拭いたくらいでは落ちない」とまで言われ
ています。

 大抵の車のフロントブレーキは、ブレーキローターと呼ばれる円盤をブレーキパッドで挟み込むこ
とで制動力を発生するディスクブレーキを使っています。

ホイールの内側に見えるディスクブレーキは、効きの強さというより、その放熱性の良さを買われて
の採用です。

 では、なぜ放熱性が必要なのか。その理由は、ブレーキトラブルのひとつであるフェード現象と、そ
れにともなうペーパーロックを避けるためです。このトラブルは、パッドが許容温度を越えたときに発
生するので、なるべく放熱性の良いブレーキのほうが安全性が高まるというわけです。

 話がそれてしまいましたが、フロントホイールが汚れやすいドイツ車の多くはブレーキローターに比較
的軟らかい(削れやすい)素材が使われています。つまり、パッドとローターがともに削れることで、高い
制動力を発生するように設計されていたのでした。

 摩擦材としてアスベストが使われなくなった現代のブレーキパッドでは、その基本的な材質としてNAO
材が使われています。

NAO(NON STEEL NON ASBEST ORGANIC)材とは、グラスファイバーやアラミド、銅、セラミックを主
成分としたもので、ローターへの攻撃性が少ないほか、ブレーキ鳴きも少なく低コスト、さらには快適性
 にも配慮された材質として、国産車に多用されています。

 それに対して、メルセデス・ベンツが採用している純正ブレーキパッドに使われているのが、ロースチー
ル系(メタル系)と言われる素材です。

 前述のNAO材にスチール成分を10~30%配合したもので、ローターにパッドを押し付けた際に、NAO材
とスチール材で異なる摩耗の仕方をするため、ローターに対して食い込むような接触面を保ち、NAO材より
耐熱性が高く、踏み込んだ分だけ効きが増すようなフィーリングを持っています。

 ただし、ローターへの攻撃性もパッドの消耗率も高いものの、摩擦係数は高くなっています。

 効きや耐熱性というポイントでNAO材とロースチール系を比較すると、NAO材はそれほど優れているわけ
ではありません。しかし、日本では最高速度が高速道路でも100km/h、最高速度引き上げ議論のなかでもせ
いぜい140km/hまでとそれほど高く無いこともあり、ダストが少なくホイールが汚れにくいNAO材が、必要
十分でコストパフォーマンスに優れた素材として重宝されています。

 反対にブレーキパッド、ディスクともに摩耗が早いものの、強力なブレーキ性能を優先しているのがメルセ
デス・ベンツの純正ブレーキの考え方になります。


 なぜ国産車とは異なるブレーキを採用しているのか…それは、ドイツには制限速度が無制限の区間もあるア
ウトバーンが存在するからです。

 ナチスドイツの時代に建設が始まり、有事には航空機の離発着も可能なアウトバーンは、本来、速度無制限
の高速道路です。現在では都市部近郊など、制限速度区間も増えたようですが、まだ速度無制限区間が残っ
ており、その区間では、200km/Lオーバーで走行する車も少なくありません。

 それだけの高速で走るために、高速域から確実に減速、静止させることのできるブレーキ性能は必須です。そ
のためブレーキに求める基準が日本と異なるのです。


 サーキット走行や競技会用にブレーキチューンを行う際、オーナーはローターやパッドの消耗よりも耐熱性や
制動力、さらにコントロール性を優先するので、ホイールの内側はあっという間に真っ黒になります。
 
 それだけのブレーキを搭載している証明ではありますが、それを純正で採用するドイツの道路交通事情というの
は凄まじいものだと思うとともに、「高速巡航性能に優れたドイツ車」というイメージを、改めて実感させられま
す。

 ホイールは汚れてもやはりブレーキは効くに越したことはありません。どうか汚れと仲良くお付き合いをお願い
いたします(^^)

 またヤナセではアルミホイールの汚れを取れやすくする「アルミホイールコーティング」の販売をしています。

説明や料金についての質問は03-5667-6914へTELいただくか直接メルセデスベンツ江戸川へご来場ください。

またショウルームにお越しいただいた際は、ご試乗車も用意しておりますのでお気軽に
お申し付けください。

まずはMercedesBenzを見て、触って、乗ってください

今週末も皆様のご来店お待ちいたしております。

 
2018/08/25
いつもヤナセブログをご愛読いただきありがとうございます。

長いお盆の夏季休暇も終わり、うだるような暑さが続いておりますが、

元気いっぱいに本日(8/25)、明日(8/26)と Thanks days 展示会を

10:00~18:00

を行っております。

ご試乗車も用意しておりますのでお気軽に
お申し付けください。

まずはMercedesBenzを見て、触って、乗ってください

今週末も皆様のご来店お待ちいたしております。
2018/08/24
いつもヤナセブログをご愛読いただきありがとうございます。

 ブログをご覧の皆様に「我が町、江戸川区」の楽しいイベントのお知らせです。

葛西地区中高年スポーツ教室「ナイトウオーキング&ストレッチ」

日時:8月25日(土曜日)午後7時~9時※少雨実施
会場:葛西健康サポートセンター前集合 (江戸川区中葛西3丁目10番1号)
対象:40歳以上の方
参加費:1回10円
申込み:開催当日に直接会場へ
持ち物:運動のできる服装、飲み物
主催:江戸川区
主管:葛西スポーツ連絡協議会
問合せ:スポーツ係 電話:03-5662-1636


 そしてナイトウオーキング&ストレッチへ出かけるついでに、ウォーミングアップもかねて
メルセデスベンツ江戸川へぜひお越し下さい。

ショウルームにお越しいただいた際は、ご試乗車も用意しておりますのでお気軽に
お申し付けください。

まずはMercedesBenzを見て、触って、乗ってください。

皆様のご来場お待ちいたしております。

2018/08/23

いつもヤナセブログをご愛読いただきありがとうございます。

今週半ばより、またうだるような暑さが戻り週末はゆっくり過ごしたい方も多いとは思います

が、元気いっぱいに今週末(8/25,8/26)

とフェア 「Thanks days」 を行います。

今回はご愛車を査定されたお客様へ、

日本そして世界の良きモノ、おいしいモノ
を厳選した

~ 婦人画報×リンベル カタログギフト「紗綾形」 ~

を抽選で48名(ヤナセ東京・山梨・長野 16店舗)にプレゼントいたします。

 ご自身のご愛車が今、どのくらいの下取り価格なのか、知る良い機会でもあると
思いますので、是非ともご来場ください。

ご試乗車も用意しておりますのでお気軽に
お申し付けください。

まずはMercedesBenzを見て、触って、乗ってください

今週末も皆様のご来店お待ちいたしております。
2018/08/22
 いつもヤナセブログをご愛読いただきありがとうございます。

 
 
「CASE」とは自動車のよりよい未来に向けダイムラーが掲げる中長期戦略です。

4つのキーワードの頭文字からなるコンセプトで、
それぞれ外部・相互接続性を高める「Connected」、
自律走行の実現を目指す「Autonomous」、
カーシェアリングなど多様なニーズに対応するための「Shared & Services」、
そして電気自動車(EV)の「Electric」を意味します。

単なる移動手段としての車の在り方や概念を拡張し、「特別なサービスと体験を
提供する全く新しいモビリティとして捉えるものなのです。

週末も営業いたしておりますので、ぜひ「CASE」を体感しにショウルームへお越
しください。

ご試乗車も用意しておりますのでお気軽に
お申し付けください。

まずはMercedesBenzを見て、触って、乗ってください
皆様のご来店お待ちいたしております。




 
 
 
〒134-0088 東京都江戸川区西葛西4-6-22
ショウルーム
営業時間:09:30-19:00 (土・日・祝日 9:30~18:00)
定休日:月曜日,年末年始 月曜日が祝日の場合は営業致します。 
TEL 03-5667-6911FAX: 03-3869-1005
取扱ブランド
  • Mercedes-Benz
  • smart
アフターサービス
営業時間:09:30-19:00 (土・日・祝日 9:30~18:00)
定休日:月曜日,年末年始 月曜日が祝日の場合は営業致します。 
TEL 03-5667-6914FAX: 03-3869-1006
取扱ブランド
  • Mercedes-Benz
  • smart
PAGE TOP