株式会社ヤナセ横浜港北支店/メルセデス・ベンツ港北

〒224-0043 神奈川県横浜市都筑区折本町253番地
ショウルーム
TEL 045-473-8811FAX: 045-472-8010
営業時間:09:30-19:00 ((日曜・祝祭日は9:30~18:00))
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します
アフターサービス
TEL 045-473-8815FAX: 045-472-8080
営業時間:09:30-19:00 ((日曜・祝祭日は9:30~18:00))
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します

スタッフブログ

2018/07/17

7/19(木)~7/22(日)
 

いよいよメルセデス・ベンツ港北においてAMGパフォーマンスツアー2018が開幕。

Mercedes-AMG GTロードスターをはじめ、63エンジンシリーズや45エンジンシリーズ、さらには43エンジンシリーズも一堂に会する贅沢な時間がお客様をお迎え致します。

 

1967年、ハンス・ヴェルナー・アウフレヒトと、エアハルト・メルヒャーによって、レーシングエンジンの開発と設計・テストを行う、エンジニアリング会社であるAMGが設立されました。

 

「モータースポーツこそが技術力の優秀性を何よりも端的に示す」


そのような確固たる信念に基づき、「Mercedes-AMG」は世界中のモータースポーツシーンの最前線で活躍し続け、数え切れないほどの成功と伝説を残してまいりました。
 

「勝利したレーシングカーをモデルにして公道を走るクルマを売り出したい」

 

アウフレヒトがAMG設立当時に抱いていた夢は、創業から50周年という節目に叶うことになりました。

F1ワールドチャンピオンを記念して誕生した、公道を走れるF1カー“Mercedes−AMG Project ONE”。

究極のサーキットパフォーマンスを誇るMercedes-AMG Project ONEを筆頭に、オリジナルのパワートレインや卓越したハンドリングなど、ダイレクトドライブの感覚をもたらす究極のドライビングパフォーマンスを生み出すMercedes−AMG 。

 

非日常的な刺激がお客様のカーライフを興奮で包み込む特別な4日間。

まずは、ご希望のAMGをご予約下さいませ。

 

◆Mercedes-AMG GT Roadster

◆Mercedes-AMG S63 4MATIC+long

◆Mercedes-AMG E63S 4MATIC+ Stationwagon

◆Mercedes-AMG GLE43

◆Mercedes-AMG CLA45

◆Mercedes-AMG E43

◆Mercedes-AMG C43

◆Mercedes-AMG GLC43

 

ご予約はお電話のみで受け付けております。

TEL / 045-473-8811

※ご試乗は完全予約制にて承ります。

2018/07/11

今日は、7月の11日。

水曜日。

大盛況に終わった先週末の新型CLSデビューフェア。

ショウルームへお越し下さいました多くのお客様、誠に有難うございました。

ショウルームの入り口に、まるでモーターショーのようにベールに包まれていた新型CLS。

道行くクルマや向かいのIKEAさんからの熱い眼差しを感じ続けた2日間。
 

いつベールが開くんだ・・・

と、いくら期待が膨らんでも開くことのないベール。

やがてそれはオブジェのように空間に溶け込んでゆく・・・。

 

開けられない理由があるんです。

ここでは言えませんが・・・。

 

すべての謎が解ける今週末のメルセデス・ベンツ港北ショウルーム。

いよいよ、「夏のお買い得車」がベールを脱ぐ!!

 

#メルセデスベンツ港北

2018/07/04
美しいプロポーション。
インテリジェントなキャラクター。

あなたはこれ以上何を求めますか?

メルセデスのデザイン革命。
4ドアクーペのトレンド。

いつもそこにはCLS・・・。


乗り込んだ瞬間に肌で感じる“クーペの本質”
ドライブ中に感じる“熱い眼差し”
ドアが開いたその瞬間
輝きを放つ“CLSオーナーの圧倒的なステータス”

メルセデス・ベンツ港北/ヤナセ横浜港北支店は、お客様に特別なカーライフをご提案致します。

今週末は新型CLSクラスデビューフェア。
皆さまのご来場、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

#メルセデスベンツ港北
2018/06/29

今日は、6月の29日。

プレミアムフライデー。

しかしながら本来のプレミアムフライデーとは違い、午後に盛り上がりを見せる6月最後の金曜日。

 

期待に応えなければならない重圧と戦う日本代表。

“夢”と“感動”を与えてくれる日本代表。

 

日々、向上心を持って己の仕事と向き合うプロフェッショナルな姿勢。

次々にアップデートされる新しいシステム・・・。

蓄積されたデータをもとに次の一手を模索し、最先端テクノロジーを駆使して答えを導き出す。

 

築き上げてきた伝統や文化を守りつつ、新しい時代への革新的な挑戦を続ける。

そのような組織の中で発揮される「個」のテクニックに魅了され、役割を超えて連携し、やがてそれは「安心」と「信頼」の証となる。

 

私たちは誇りに思う。

この、誰も知らない日本代表を・・・。

<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/NOwm1ydSCi8?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

日本代表擁するメルセデス・ベンツ港北/ヤナセ横浜港北支店スタッフ一同、
お客様からのご指名をこころよりお待ち申し上げております。

 

#メルセデスベンツ港北

2018/06/27
今日は、6月の27日。
水曜日。
TV番組は連日サッカーワールドカップで盛り上がっております。
サムライブルーの活躍に心を奪われ、感動を覚え、応援する日々。
そんな中、世界でも屈指の自動車メーカーであるトヨタ自動車が「コネクテッドカー」を発表致しました。
メルセデス・ベンツを擁するダイムラーAGも未来を見据えて推進している「コネクテッド」。
本日は、今一度皆さまと「コネクテッド」とは何なのかを共有させて頂ければと思います。

まずは、ダイムラーAGの中長期戦略「CASE」をおさらい致しましょう。

C=Connected(コネクテッド)
快適で安全、そして新しい次元のエンタテインメントをクルマが提供する時代へ 。

A=Autonomous(自動運転)
自動車事故ゼロ社会の実現のために。自動運転の先駆者が目指す「究極の理想」 。

S=Shared&Services(シェアリング)
より柔軟さを増すクルマ社会にダイムラーAGが提案する、最先端のサービス。

E=Electric(電動化)
クルマの歴史が大きく変わる。パワートレインは今、知性を持ち、動き始める 。

この「CASE」戦略の中でも中核を担い、すでに開始されているサービスが「Conenected」=「Mercedes me connect」
いわゆるクルマとスマホとクルマ社会が繋がる次世代サービスです。

<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/L6W2mGTbQpc?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

Mercedes me connectのサービスは主に3つの柱から成り立っており、それぞれ、

◆安心安全
 ・24時間緊急通報サービス
 ・24時間故障通報サービス
 ・メンテナンス通知/テレダイアグノシス

◆快適
 ・リモート車両操作
 ・リモート車両モニタリング
 ・USBオンデマンド地図更新
 ・リモートパーキングアシスト

◆おもてなし
 ・メルセデス・ベンツ24時間コンシェルジュサービス

などでございます。
リモートで車両をモニタリングすることにより、例えば、車両の駐車位置をスマホ画面で確認したり、ドアがきちんと施錠されているかを確認したり、さらにスマホによって遠隔でドアロックを行ったり・・・。
そして画期的なのはスマホで駐車をすることができる「リモートパーキングアシスト」!!

<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/WxlLtEWLJAg?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

トヨタ自動車も始まった次世代サービス「コネクテッドカー」。
世界で初めて自動車を発明したメルセデスの最先端セービス「メルセデス・ミー・コネクト」。
メルセデス・ベンツ港北/ヤナセ横浜港北支店ショウルームで、クルマ社会の未来をお確かめ下さい。

皆さまのご来場、こころよりお待ち申し上げております。
2018/06/25

今日は、6月の25日。
月曜日。
いよいよ日本に新型CLSクラスが上陸致しました。

2004年に発表された初代CLSクラスによって開拓された4ドアクーペ市場でございますが、3代目CLSとなり、その流麗なボディスタイルはさらに磨きがかけられました。

「磨きがかけられた」というのは単なる比喩表現ではなく、実際に最近のメルセデスのアイデンティティーであったボディのプレスラインは削ぎ落とされ、滑らかな曲線によって形成されるシルエットには色気が満ちております。


<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/VqMJPAITa1Q?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>
 

そもそも「クーペ」という語源は馬車に由来します。

フランス語の「couper クペ」=(切る)という動詞の過去分詞形である「coupé クペ」(切られた)が語源となります。

座席が1列しかない箱型馬車(ドアが2枚)を、通常の向かい合った2列の座席(ボックスシート)がある普通の馬車を途中で切った形と見なされ、それを「切られた馬車」を意味する「carrosse coupé」(カロッス・クペ)と呼ぶ様になったそうです。やがてその表現の形容詞(クペ)だけが馬車用語として独立し、形式自体を指すようになり、日本語では「クーペ」として親しまれてきました。

2ドアの美しいクルマを言い表すようになった「クーペ」という語源でございますが、4ドアクーペというカテゴリーにおいて、絶対的な存在として君臨し続けるメルセデス・ベンツのCLSクラス。

「贅沢」や「余裕」の象徴として憧れの的であったクーペスタイルに、ドアを2枚足して「実用性」を掛け合わせた現代の「美」の象徴は、未来型のインテリアやデジタルサービス「メルセデス・ミー・コネクト」、最先端のEQテクノロジーやセーフティシステムまですべて搭載し、いよいよ日本の道路に繰り出してまいります。


<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/Z1yTFYK5_2c?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>
 

街中で、ハイウェイで、集まる視線の先には新型CLS。

その圧倒的なオーラを、メルセデス・ベンツ港北/ヤナセ横浜港北支店でぜひお確かめ下さい。

スタッフ一同、お客様のカーライフがより豊かになりますよう、心よりお待ち申し上げております。

2018/06/20
今日は、6月の20日。
水曜日。
一日中雲に覆われた横浜の空。
シトシトと雨が降り続く中ご来店頂きましたお客様、本日も誠に有難うございました。
ショウルームに入ると外の天気がどうでも良く思うほどリラックスした音楽と当店自慢のカフェラテでお客様をお迎えし、優雅なひとときを過ごすことができます。
贅沢なクルマを眺めながら“夢”と“感動”あふれる「クルマのある人生」と珈琲を嗜んで頂く為にアレンジした新しいショウルームレイアウトは、日本において輸入車に安心して乗る文化を創ってきたヤナセのアイデンティティー。
新しく取り入れるべき変革と、守り続けなければならない伝統。
そして、最も大切な「お客様の声」を大切にし、メルセデス・ベンツ港北/ヤナセ横浜港北支店はこれからも居心地の良いショウルームを目指してゆきます。

さて、そのような本日、「優雅」さの象徴メルセデス・ベンツのフラッグシップ「Sクラス」のクーペ&カブリオレがマイナーチェンジを果たし、日本に上陸致しました。

<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/bXIenI02HhU?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

Sクラス伝統の「官能的」で「ダイナミック」なスタイルはそのままに、フロントやリアのデザインを変更することにより革新的でスポーティーなイメージがさらに強調されております。
変革をもたらしたのは最先端のセーフティシステムや先進テレマティクスサービス「メルセデス・ミー・コネクト」、最新コマンドシステムの搭載やLED技術など・・・。

<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/eZUomFq-2cA?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

優雅さの中に新しい刺激が散りばめられたNew S-Class クーペ&カブリオレ。
詳細はショウルームにてセールススタッフとプロダクトエキスパートがご案内致します。
展示・試乗車はこちらからご確認下さい。

皆さまのご来場心よりお待ち申し上げております。
2018/06/15

今日は、6月の15日。

華の金曜日。

いかにも梅雨らしい天候ですね。

メルセデス・ベンツ港北の花壇には紫陽花の花が咲き誇っております。

「移り気」という花言葉のように目まぐるしく天候や気温が変わる今週でございますが、ヤナセ横浜港北支店も時代の変化に応えて模様替えを致しました。

 

最近新しく完成したメルセデス・ベンツのショウルームはデジタル化が進み、店舗内にカフェも併設しているようです。

ひと昔前と比較すると倍以上に増えたラインアップはショウルームにすべて展示することは難しく、さらには非常にインテリジェンスな装備を言葉だけでご説明するのにも限界がございます。

メルセデス・ベンツが最も愛されるブランドに選ばれる為に、お客様に様々なエクスペリエンスをご提供できるよう「デジタル化」や「カフェ」を併設しているのですが、老舗である当店もそのようなブランドストラテジーを取り入れて模様替えを致しました。

 

<iframe src="https://www.google.com/maps/embed?pb=!4v1529042845742!6m8!1m7!1sCAoSLEFGMVFpcE5yXzU2cVhVWWtUMzZMNUx0anhPaTAtWDQ0ZFBrMWZ6YzlSbkNP!2m2!1d35.5221426!2d139.5914553!3f171.61273884994037!4f0!5f0.7820865974627469" width="100%" height="450" frameborder="0" style="border:0" allowfullscreen></iframe>

 

老舗のヤナセらしい「重厚感」ある広々とした空間全体をカフェにするイメージで配置換えを行い、デジタルツールでプレゼンテーションできるような仕組みを整えました。

また、全てがデジタル化することによる無機質な空間を避ける為に、ライティングの演出や手書きのサイネージを取り入れるなど、スタッフの温もりが感じられる空間に拘りました。
もちろん、BGMも「ヒーリングカフェ」♪

 

今週末のメルセデス・ベンツ港北/ヤナセ横浜港北支店は、日頃からの感謝を込めて「女性限定 無料ハンドマッサージ」「こども免許証発行」といった様々なイベントを予定しております。

ひと味変わった寛ぎの空間で、リラックスした週末をお過ごし下さいませ。

 

スタッフ一同、皆様のご来場心よりお待ち申し上げております。

 

#メルセデスベンツ港北

2018/06/13
今日は、6月の13日。
水曜日。
今月号からメルセデス・ベンツ・オーナーズマガジンである「メルセデス・ベンツ・マガジン」の名称が変更され「メルセデス・ミー・マガジン」となりました。
※メルセデス・ミー・マガジンとは、メルセデス・ケア期間中のメルセデスオーナー様に無料で発行されている情報誌です。

「メルセデス・ミー」とは、ダイムラーAGが展開しているメルセデス・ベンツのコンテンツブランドになるのですが、最近は特に活発にこのワードが登場しますね。
以前はメルセデス・ベンツ・コネクションと呼んでいた六本木のアンテナショップは「メルセデス・ミー・ストア」と施設名が変わり、マイ・メルセデスと呼んでいたメルセデス・ベンツ会員サイトも「メルセデス・ミー」に変わりました。

「マイ」=my=私の
「ミー」=me=私に


お気づきですね?
もっともっと新しい世代のお客様にメルセデス・ベンツを手にして頂きたいのです。
ただし、手に入れて欲しいのはクルマではありません。
メルセデス・ベンツと過ごす「豊かなカーライフ」です。

<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/mQLK6c5vOHM?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

メルセデス・ベンツ港北/ヤナセ横浜港北支店の今週末はスペシャルイベントを開催!!

【女性限定】 無料ハンドマッサージ&お肌チェック!!
【お子様限定】 こども免許証発行!!

※詳細はショウルーム情報をご覧下さい。

百獣の王もうっとりする「癒しの空間」に、様々な特典が集まった特別な週末。
もちろん、「いまこそ、メルセデス」キャンペーンも実施中でございます。
次に笑顔になるのは・・・
“you ?”
“me ?”

お客様のご来場、こころよりお待ち申し上げております。
それでは、素敵な週末をお過ごし下さいませ♪

#メルセデスベンツ港北
2018/06/06

今日は、6月の6日。

水曜日。

ついに新型Gクラスが日本上陸を果たしました。

ドイツ語でオフローダーという意味の「ゲレンデヴァーゲン」(Geländewagen )から頭文字を取った伝説のSUV「Gクラス」は、今から39年前の1979年に登場致しました。

NATO正式採用という実績も持つ、元来は軍用車両であったゲレンデヴァーゲンを民生用にアレンジさせたものが伝説のGクラスの始まりです。

それ以来、究極のオフローダーとしてSUVの頂点を極めてきたGクラスでございますが、登場以来初のビッグチェンジを果たし、遂に日本に上陸致しました。


<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/5LSx3RRNi6o?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

過去と未来を繋ぐ「G」の意思
 

究極のSUVと呼ばれる所以、それは圧倒的なオフロード性能にあります。

どんな悪路でも突き進む圧倒的な走破性・・・。

それを生み出していた伝統のラダーフレームやデファレンシャルロックスイッチ、アイコニックな外観は先代から継承し、新たに取り入れたものは未来のカタチ。

オフロード走行は「Gモード」に切り替わり、圧巻の走破性を実現致しました。

シティユースのユーザーが最も求めていた乗り心地の改善の為に、フロントサスペンションはダブルウィッシュボーンを採用。

大型化したボディながら166kgのスリム化を果たし、時代が求めるGクラスに大変身。

セーフティシステムやナビゲーションコマンドシステムは最先端を装備。

さらには全方位を見渡せる360°カメラシステムまで搭載致しました。

 

<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/7iGFH5HbWGM?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

 

オフロード性能を保ちながら、明らかに向上したオンロード性能。

Gクラスファンのこだわりである重厚感のあるドア開閉や、一目でGクラスだとわかる変わらないエクステリア。

 

受け継いだ「G」の意思。

それは、「ゲレンデヴァーゲン」のステータス。

 

ヤナセ横浜港北支店/メルセデス・ベンツ港北でぜひお確かめ下さい。

Gクラス39年の歴史上、最も変貌を遂げたGクラスを。

そして、あなたの“夢”と“感動”あふれる「メルセデスライフ」を。

 

皆さまのご来場、スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

※実車の展示は8月頃を予定しております。

 

#メルセデスベンツ港北

 
 
〒224-0043 神奈川県横浜市都筑区折本町253番地
ショウルーム
営業時間:09:30-19:00 ((日曜・祝祭日は9:30~18:00))
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します
TEL 045-473-8811FAX: 045-472-8010
取扱ブランド
  • Mercedes-Benz
  • smart
アフターサービス
営業時間:09:30-19:00 ((日曜・祝祭日は9:30~18:00))
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します
TEL 045-473-8815FAX: 045-472-8080
取扱ブランド
  • Mercedes-Benz
  • smart
  • CADILLAC
  • CHEVROLET
  • OPEL
PAGE TOP