株式会社ヤナセ横浜港北支店/メルセデス・ベンツ港北

〒224-0043 神奈川県横浜市都筑区折本町253番地
ショウルーム
TEL 045-473-8811FAX: 045-472-8010
営業時間:09:30-19:00 ((日曜・祝祭日は9:30~18:00))
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します
アフターサービス
TEL 045-473-8815FAX: 045-472-8080
営業時間:09:30-19:00
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します

スタッフブログ

2018/05/25

今日は、5月の25日。

金曜日。

ヤナセの創立記念日でございます。

今から103年前の1915年、故梁瀬長太郎の個人経営による「梁瀬商会」(ヤナセの前身)が日比谷に創立されました。

アメリカ車のビュイック、キャデラックの輸入販売から幕を開けた私たちヤナセは、「いいものだけを世界から」というコーポレートスローガンを掲げ、お客様が安心して輸入車に乗れる文化を創ってまいりました。

 

<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/k3UaTOU1tyU?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

 

輸入車の歴史を築いてきたヤナセ

 

ヤナセは1915年の創業以来、一貫して輸入車の販売、サービスに携わってまいりました。一世紀以上にわたって培われた経験と実績が、お客さまに安心と快適なカーライフをお約束しております。

「クルマの価値はサービスで決まる。」

わたしたちのモットーは、「ヤナセ」をお選び頂いたお客様に、より大きな歓びとご満足、そして安心のカーライフをお約束することです。ヤナセは最良を求めるお客様に期待以上のご満足をお届けするため、常に最高を求め、妥協のない姿勢で臨んでおります。

1915年の創業当時、輸入するクルマが1台ずつ木箱に収められて大海原を渡ってきたように、お客さまのクルマを愛し大切に扱うヤナセの姿勢は、103年たった今も変わる事なく、アフターサービスの中にも脈々と息づいております。現在の主力車種でございますメルセデス・ベンツをはじめ、ヤナセ横浜港北支店アフターサービス取り扱いの各車種を熟知したサービス技術と、お客様の立場にたった的確でスムーズなアフターサービス体制は、メーカー各社とのパートナーシップを一層深めることでその技術に磨きをかけ、これから始まる104年目も、新しい時代の要請に応えてまいります。

 

<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/NOwm1ydSCi8?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

 

クルマは日常生活の大切なパートナー。

 

いざという時の迅速なアフターサービスもお客様との大事な約束のひとつです。 北海道から沖縄まで全国をカバーする「オールヤナセネットワーク」は、創業以来103年の歴史と伝統の中で培ってきたヤナセの安心と信頼の証であり、他社の追随を許しません。日常の点検・整備、修理、板金はもちろん、たとえ旅先でトラブルが発生したときでも、「YANASE」のステッカーがあれば、全国どこのヤナセネットワーク工場でも迅速かつ高い技術でお客様のご要望にお応えします。

 

クルマはつくらない。クルマのある人生をつくっている。

ヤナセ横浜港北支店/メルセデス・ベンツ港北は、ヤナセ103年の歴史と、未来を見据えた取り組みによって、これからも“夢”と“感動”あふれる「クルマのある人生」を創り続けてまいります。

#メルセデスベンツ港北

2018/05/24
今日は、5月の24日。
木曜日。
ショウルームにSL-Classを展示致しました。
SLというと、皆様は「ラグジュアリー・ツーシーターオープン」のイメージをお持ちでしょうか。
メルセデス・ベンツブランドとして現在市販しておりますモデルラインアップの中でも最も歴史の長いSL。
それゆえに「夢」や「憧れ」といった熱い視線を集めることも多く、SLオーナーという喜びやステータスは、他では味わえない特別な存在になっております。
SL=スポーツ・ライトの頭文字を取ったそのネーミングでございますが、今日まで続くSLの歴史の幕開けもまた「伝説」として語り継がれております。
本日は、そんなメルセデス・ベンツSLクラスの伝説の始まりを、ヤナセ横浜港北支店/メルセデス・ベンツ港北のプロダクトエキスパートがご紹介させて頂きます。

初代SLは伝説のガルウィング「300SL」

日本において数少ない著名人のみが所有していたことでも知られる300SLでございますが、そもそも300SLは市販モデルとして生まれてきたわけではありませんでした。
1952年当時、世界一過酷な公道レースと呼ばれていた「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」において、ワークス・チーム用のプロトタイプレーシングカーとして開発されました。伝説として語り継がれるガルウィングドアも、見た目を重視して採用された奇抜なデザインということではなく、ボディの軽量化が重要視されるレースにおいて最低限の乗り降りができるドアを採用したのです。
「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」は、アメリカ大陸縦断道路「パンアメリカンハイウェイ」のメキシコ国内部分の完成を記念した公道レースとして始まったレースでございますが、アメリカの隣国ということもあり、キャデラックやリンカーンといったアメリカの大型セダンも多く出場し、メルセデス・ベンツやポルシェ、フェラーリといったヨーロッパのスポーツカーやレーシングカーが走り回るというダイナミックさが人々を魅了致しました。
特にヨーロッパメーカーは、当時から自動車の巨大市場であったアメリカに最大限PRする場として非常に力を入れておりました。
そのような人気の中優勝したメルセデス・ベンツ300SLは、アメリカディーラーからの要望を受けて市販化されることになりました。
ちなみに、「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」というレースの名には、様々聞き覚えのあるワードがございますね。
ポルシェの主力車種「カレラ」「パナメーラ」、Mercedes-AMG GTシリーズで復刻を果たした「パナメリカーナ・グリル」といったネーミングに使われるほど偉大な歴史と言えるでしょう。

<iframe width="100%" height="450" src="https://www.youtube.com/embed/GcXLSA-g2Rg?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

さて、そんな名車たちや数えきれない伝説を残してきたメルセデス・ベンツでございますが、このたびヤナセはヤナセクラシックカーセンターをオープン致しました。
ヤナセ横浜港北支店/メルセデス・ベンツ港北のすぐ近くにございますので、お客様の“夢”と“感動”あふれる「クルマのある人生」にどうぞお役立て下さい。

最先端のメルセデスと往年の名車が行き交う横浜のニュータウン。
ここ、「港北」で最高のメルセデスライフをお過ごし下さいませ。

#メルセデスベンツ港北
2018/05/16
今日は、5月の16日。
水曜日。
今年のゴールデンウィーク明けは涼しくて、なんだか肌寒いぐらい・・・。
そんな記憶も遠い昔のように、まるで「夏」が到来したかのような暑い日が続いております。
ゆっくりと時間が流れていた連休でございましたが、目覚めのアラームも日常の設定に戻り早や1週間。
慌ただしく身支度を整えて、パンとコーヒー片手に愛車に乗り込む毎日。
「あっっ!!」
と、声を発した頃には時すでに遅く、綺麗に保っていたベージュのシートにコーヒーが染み込んでいます。
「・・・。」
これだから、黒のシートにしておけばよかった・・・。

そのような経験がおありのお客様に、また、そのような事態はなんとしても防ぎたいお客様にも、ヤナセが自信を持っておススメする新商品がございます。
その名も「ヤナセシートガード」
レザーシートやファブリックシート、もちろんレザーとファブリックのツインシートにも効果のあるシートコーティングでございます。
このシートコーティング、実は日本初の特許技術でございまして、シート素材にフッ素被膜を形成しております。

シートにフッ素コーティングをして大丈夫なの?
小さな子供がこぼれたお菓子を食べたりするんだけど・・・。

大丈夫です。
もちろん、しっかりテストをしております。
このたび水性のコーティング剤に進化したことにより、環境にもやさしく臭いもほとんどございません。
よって、仮に赤ちゃんが長時間シートを舐めてしまったとしても身体に害が出ることは考えにくい商品となっております。
それゆえに、新車ご納車時にチャイルドシートにもヤナセシートガードの施工をご希望頂くお客様がいらっしゃるのです。

お父様。
これを機に、欲しかったベージュシートに致しませんか?
お子様が食べ物や飲み物をこぼしてしまっても、怒らないであげて下さいね。
お母様。
大切なお子様の為に、しっかりとシートをコーティングしてあります。
ご主人様の為ではございません。

あなたのカーライフに「ヤナセシートガード」を。
私たちがお守りするものは、「大切な愛車」と「あなたの大切なカーライフ」。
詳しくはヤナセ横浜港北支店/メルセデス・ベンツ港北ショウルームにてご案内させて頂きます。

#ヤナセ港北
2018/05/09
今日は、5月の9日。
水曜日。
楽しみだったゴールデンウィークもあっという間に過ぎ去り、日常に戻る休み明けには季節も3月に逆戻り。
そのおかげで、今年は5月病にはかからずに過ごせそうですね。

皆さまはどのようなゴールデンウィークを過ごされましたか?

大切な人と素敵な思い出をつくられたり・・・。
遠い田舎へ帰郷されたり・・・。

楽しめたドライブ。
渋滞の中、ストレスと闘ったドライブ。
いろいろなクルマとすれ違ったゴールデンウィーク。
窓越しに見えた、たくさんの「クルマのある人生」。

私たちヤナセは、そんな“夢”と“感動”あふれる『クルマのある人生』を創りつづけて100年超・・・。
ついに到達した200万台は、お客様との絆の証です。

連休中、思わず振り返って見つめたあのメルセデスを見に行きませんか?
渋滞中、楽しそうな笑顔でドライブしていたあのメルセデスを確かめに行きませんか?

今週末は、「メルセデスの最先端を体感するフェア」を開催致します。
メルセデスで、自動運転の未来を感じてください。

<iframe width="100%" height="400" src="https://www.youtube.com/embed/WBAOR3zKumw?rel=0&amp;controls=0&amp;showinfo=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe>

最新のメルセデスを取り揃え、
皆さまのご来場こころよりお待ち申し上げております。

#ヤナセ港北

 
2018/04/28
今日は、4月の28日。
土曜日。
楽しみなゴールデンウィーク初日は絶好の行楽日和!!
朝早くから家族で出かけるファミリーカーを横目に通勤してまいりました。
どちらへ遊びに行かれるのでしょうか。
お子さまのはしゃいだ姿、ハンドルを握るお父さんの勇ましい二の腕・・・。
きっと明日、君は・・・。
新しいCDを聞きながら「素敵なカーライフ」を感じながら始まった大型連休でございました。

さて、ファミリーカーといえば皆さまは「ミニバン」を想像されますでしょうか。
道行くクルマをよく見てみると、ミニバンの多さに驚きます。
アルファード・・・エルグランド・・・メルセデス・ベンツ Vクラス!!
メルセデス・ベンツ唯一の、いえ、輸入車でも希少なミニバン「Vクラス」でございますが、最近は街中でもハイウェイでもよく見かけるようになりました。
先代のモデルは、少し商用車の雰囲気が強かったメルセデス・ベンツVクラスですが、そんなイメージはもう昔の話し。
メルセデス・ベンツ港北プロダクトエキスパートの私たちが自信を持っておススメできる最新Vクラスの機能とは・・・。

<blockquote data-width="100%" data-height="375" class="ricoh-theta-spherical-image" >V-Class #mercedesbenz #theta360 - <a href="https://theta360.com/s/2gtT2rjXWXZKUOKuif7lwjwX6" target="_blank">Spherical Image - RICOH THETA</a></blockquote>
<script async src="https://theta360.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

連休中に「ミニバン、いいな・・・」と感じた読者さま。
ヤナセ横浜港北支店で詳しい話しを聞いてみませんか?
最高のカーライフをアテンドさせて頂きます♪

それでは、くれぐれも交通事故にはお気をつけて、休日のドライブを楽しんで下さいませ。

#メルセデスベンツ港北
2018/04/27
今日は、4月の27日。
金曜日。
明日から大型連休の方が多いでしょうか。
家族揃ってレジャー施設に出かけたり、大切な人とショッピングを楽しんだり、あるいは自宅でのんびり過ごしたり・・・。
皆様にとってこの休暇が素敵な時間になりますことを願っております。
「やっと休みが取れたから最新のメルセデス・ベンツを見にヤナセ横浜港北支店へ行こう!」
そう思っている読者さま。
ご安心下さい、明日から5月6日(日)まで休まず営業致します。
当番体制ではございますが、皆様のご来場を楽しみにお待ちしております。

さて、近年は日本国内での輸入車登録台数において他ブランドを寄せ付けないメルセデス・ベンツでございます。
このブログを読んで下さっている読者さまも、インターネットでメルセデス・ベンツの画像や情報をさまざま楽しんでおられるかと思います。
そして、このページにたどり着いて下さった読者さまは「メルセデス・ベンツを見にどこのショウルームへ行こうかな・・・」。
そんなこともお考えになられているかと思います。
メルセデス・ベンツ港北では、ショウルームをより一層お楽しみ頂けますよう、HPにて様々な情報を発信しております。
今日は、そんな皆様に楽しんで頂けるコンテンツをお伝えさせて頂きます。

ショウルームへ行く前に、どのような展示車が用意してあるのかはチェックするかと思います。
目当ての車種が飾ってあるだろうか・・・。
どんなグレードが用意されているのか・・・。
よし、メルセデス・ベンツ港北の展示車をチェックしてみよう!!
と、あなたがスマートフォンを操作していると気になる文字が登場します。
「360°バーチャルインテリア」
なんのことだろう・・・。
そう思いながらおもむろに動かした親指が画面に触れた瞬間、あなたのスマートフォンの画面に広がるメルセデスのインテリア!!
見たかった箇所も、確かめたかった雰囲気も・・・。
・・・!!

準備が整ったあなたにショウルームでお届けするのは「本物の質感」。
液晶画面では感じられない、メルセデス・ベンツの存在感。
当店のHPを楽しんで頂いた後、どうぞショウルームへお越し下さい。
ぜひ、ゆっくりと最新のメルセデス・ベンツをご覧下さい。

お客様が素敵な時間をお過ごし頂けますよう、スタッフ一同こころよりお待ち申し上げております。

#メルセデスベンツ港北

 
2018/04/13
今日は、4月の13日。
金曜日。
この春新しいスタートを切られた方は、新生活に慣れてきた頃でしょうか。
今まで当たり前だった環境が変わり、スムーズに切り替えができる方もそうでない方もおられるでしょう。
その新しい出逢いが、皆様にとって良い方向に向かうことを願っております。

ヤナセは素敵なお客様と出逢い続けて103年。
世界からいいものだけを届け、より豊かなカーライフを創り続けてまいりました。
そしてこのたび新車取り扱いブランド累計200万台を達成。
すべてのお客様に感謝を込めて、
「ヤナセ取扱いブランド新車累計販売200万台達成感謝フェア」を開催致します。
4/14,15(土・日)2日間限りの多数の特典。
詳しくはショウルームにて。
皆様のご来場、こころよりお待ち申し上げております。

#メルセデスベンツ港北
2018/04/06
今日は4月の6日。
金曜日。
風に舞う、暖かい春の日差し。
新しい出逢いの季節に、踊り始めた胸の高まり。
高まった期待感を落ち着かせるように、少し昔を思い返す。

今から39年前にすでに目指していたもの。
「究極」という2文字が表す、絶対的な存在価値。
メルセデスが世界で初めて実用化した四輪駆動システム。
やがて人々は伝説として語り継ぎ、そして、幕を降ろそうとしている。

復刻カラーとともに刻む伝説の最終章。
G350d Heritage Edition登場。

詳細はショウルームにて。

この週末は
比べて実感。「確かメル!体験会」
新しい出逢いがここから始まる。

皆さまのご来場、こころよりお待ち申し上げております。

#メルセデスベンツ港北
2018/04/04

今日は、4月の4日。

水曜日。

ヤナセ新車取扱いブランド200万台を突破致しました。

 

今から103年前、故梁瀬長太郎の個人経営による「梁瀬商会」(ヤナセの前身)が日比谷に創立。

アメリカ車のビュイック、キャデラックの輸入販売から幕を開けたヤナセでございます。

「いいものだけを世界から」

そんなコーポレートスローガンを掲げ、お客様のもとに届く1台1台にブルー&イエローの「ヤナセステッカー」を貼り、安心で豊かなカーライフを創ってまいりました。

 

時代の変化とともに新車取扱いブランドも変わる中、私たちヤナセには変わることのない理念がございます。

それは、「最上質な商品・サービス・技術を、感謝の心を込めて提供し、“夢”と“感動”あふれる『クルマのある人生』を創る」こと。
1972年から続く「ヤナセステッカー」の真意を、故梁瀬次郎社長(当時)は社内報においてこのように語っています。

「商品の技術、特徴などを伝えて売ることも大事だが、それ以上に大切なことは、真心を売ることである。私がその一つとして始めたことは、リアウインドウのブルー&イエローのステッカーである。このステッカーが貼ってあるのは、広告宣伝のためではない。「ヤナセのお客さまが乗っていらっしゃる」ということを示すためである。できないことをする必要はないが、声を掛けることと、声を掛けずに素通りしてしまうのでは、どちらがお客さまにとってうれしいのか、応えはおのずと分かる。これこそがお客さまに対する最高のサービスではないだろうか。」
 
ヤナセの歴史=日本における輸入車の歴史
この半世紀、輸入車の4台に1台がヤナセによる販売車両。
 
日本における「輸入車の歴史」と、「輸入車に安心して乗れる文化」を創ってきたヤナセ。
現在ヤナセの主力ブランドであるメルセデス・ベンツも、1952年にヤナセが輸入・販売をスタート致しました。
世界的な自動車におけるステータスの代名詞であるメルセデス・ベンツでございますが、現在はヤナセ以外の販売店も全国に点在しております。
その中でも「ヤナセ」はお客様に選ばれ続け、おかげさまで今日の新車累計200万台を達成致しました。
 

今、自動車業界は100年に一度の大変革の時代だと言われております。

それは、103年の歴史を歩んできたヤナセにとっても、ヤナセブランドを共に創ってきて下さったお客様にとっても、「クルマとの関わり方」自体が変わっていくのかもしれません。

インターネットが急速に普及し、あらゆる情報をWEB上で手に入れることができる現代社会において「販売店」はどのような役割を果たしていけるか・・・。

それは、お客様のカーライフの記憶に残る「ブランド体験ができる場」「本物に触れることができる場」として、さらに変革をしていかなければなりません。

 

この先100年も、この先の100万台も、

あなたのカーライフの1ページに「ヤナセと過ごしたクルマのある人生」が、安心で豊かなものであったと書き留めて頂けるように。

ヤナセ オフィシャルサイト 200万台達成記念キャンペーン
◆2018年4月4日(水)~5月6日(日)
◆期間内にヤナセ メールマガジン『Club YANASE』にご登録いただいた方から抽選で100名様に商品をプレゼント
キャンペーン詳細はこちらから

#メルセデスベンツ港北

2018/03/16
こんにちは!
港北支店ブログをお読み頂き、ありがとうございます。

「3月決算?ヤナセは9月じゃなかったの?」と
思われている方は、長いおつきあいを頂いているお客様ですね!
ありがとうございます。

ヤナセは、2018年度より決算月が変更になり、3月となりました!
1年で1番お買い得なご案内が出来る決算月です。
是非、この機会にご検討ください。

皆様のご来場お待ちしております!

 
 
 
〒224-0043 神奈川県横浜市都筑区折本町253番地
ショウルーム
営業時間:09:30-19:00 ((日曜・祝祭日は9:30~18:00))
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します
TEL 045-473-8811FAX: 045-472-8010
取扱ブランド
  • Mercedes-Benz
  • smart
アフターサービス
営業時間:09:30-19:00
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します
TEL 045-473-8815FAX: 045-472-8080
取扱ブランド
  • Mercedes-Benz
  • smart
  • CADILLAC
  • CHEVROLET
  • OPEL
PAGE TOP