株式会社ヤナセ横浜港北支店/メルセデス・ベンツ港北

〒224-0043 神奈川県横浜市都筑区折本町253番地
ショウルーム
TEL 045-473-8811FAX: 045-472-8010
営業時間:09:30-19:00 ((日曜・祝祭日は9:30~18:00))
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します
アフターサービス
TEL 045-473-8815FAX: 045-472-8080
営業時間:09:30-19:00 ((日曜・祝祭日は9:30~18:00))
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します

スタッフブログ

2019/03/26
今日は、3月の26日。
火曜日。
ドライブをしていると街路樹の桜の花びらが開き始めた事に気づき、今年も出会いと別れの季節がやってきたのだと感慨深くなります。
そのような季節に、「話すクルマ」として高い人気を誇る新型Aクラスに日本で初めてのディーゼルエンジン搭載車「A200d」が登場致しました。

A200d \399万~

400万円を下回る魅力的な価格からスタートする新型A200dは、最新のメルセデスラインアップの中でも非常に人気と実力の高いディーゼルエンジン「OM654」を少しチューニングした「OM654q」エンジンを搭載。
最大トルクが320Nmという、かつてのV6 3.0ℓ並みの加速感を持ち合わせています。
さらに、メルセデスのコンパクトシリーズでは初めて「8G-DCT」トランスミッションを搭載。
8G-DCTとは、8速のデュアルクラッチトランスミッションでございまして、今までの7速デュアルクラッチトランスミッションと比較しても、走行モード(スポーツ・コンフォート・エコ)や走行速度・アクセルワークに、より最適且つ俊敏にギヤチェンジを行うことで、ドライバーが想像する「理想の走り」にさらに近づくこととなりそうです。
そのような新しい魅力が詰まった新型A200dが、月額¥37,800からファイナンスシミュレーションが可能というのは驚き一言です!!
その他、気になる外観や内装のオプションはA180Styleと同じバリエーションとなっておりますので、最先端AI搭載ナビゲーションシステムMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)を楽しみながらドライブをしたいというお客さまには新たなA200dという選択肢が加わり、ますます悩みどころが多くなってしまったかもしれません。

4月1日より特別先行予約を開始致しますので、
「Aクラスのディーゼルを待ってた!!」
「Aクラスが気になるけど、ディーゼルってどうなの!?」

などなど、少しでも気になるお客さまはどうぞお気軽にリクエスト下さいませ。

商談リクエストはこちらから ▶

皆さまとの新しい出逢いを楽しみに、ご来場心よりお待ち申し上げております。
2019/03/14
今日は、3月の14日。
ホワイトデー。
男性読者さま、大切な女性へのギフトはご用意しましたか?
日頃の感謝の心を込めて、普段とは違い少しだけ背伸びしたスイーツを贈るのも良いかもしれませんね。
私もこのあと六本木に出掛けてオシャレなお店を探してみようかと思います。

六本木といえばメルセデス・ベンツのアンテナショップ「Mercedes me Store」がございます。
1Fは誰でも自由に過ごすことができるカフェとなっており、その空間には最新のメルセデス車両やコレクショングッズが豊富に揃っております。
それは、リビングでコーヒー片手に寛ぎながらガレージのメルセデスを眺めるような・・・
あるいは、喫茶店という名のオフィスで最先端のメルセデスを感じ、モチベーションを高めながら仕事をするような・・・
なんとも羨ましく、贅沢な空間です。
そのようなMercedes me Storeの「NEXT STAGE」というエリアに、このたび「EQ House」がオープン致しました。
NEXT STAGEという名称の通り、メルセデスが未来のクルマ社会に提案するトピックが体験できるエリアでございますが、今回新しくオープンしたEQについて少しだけおさらい致しましょう。

EQとは、メルセデス・ベンツ(ダイムラー社)の新しいブランドとなり、とりわけ電気自動車(電動システム)のカテゴリーとなっております。
EQ=Electric(エレクトリック)とIQを組み合わせた造語で、まさに「知性を持った電気自動車」と言えるでしょう。
電気自動車?
まだ買い時ではないのでは?

そのようにお感じの読者さまが99%かとは思いますが、EQCの実力は確かなもので、満充電時の航続可能距離はなんと450km。
450kmがピンと来ない方に参考までにお伝え致しますと、東京から名古屋まで新東名高速道路を使っても約350km。
十分なロングドライブが可能です。
万が一充電が必要な状況になったとしても、サービスエリアやショッピングモールでよく見かける充電スタンド(日本の急速充電規格=チャデモ式)に対応し、40分ほどで充電が完了致します。
それこそひと休憩取っているあいだにフルパワーに復活するのです。
なるほど。
これなら日常の市街地走行や休日の郊外へのレジャー、さらには大型連休の旅行にも使えそうだな・・・。
そのように思ってきた読者さま。
ここに最先端メルセデスの魅力、AI搭載ナビゲーションシステム「MBUX」がさらなる付加価値をもたらすのです。
「ハイ、メルセデス」
と呼びかけると反応するそのインテリジェントな相棒は、
あなたのエレクトリックライフの習慣を記憶し、あなた好みの室内照明や音楽、よく出掛けるスポットや話し相手まで提案してきます。
もちろん充電できるスポットを探したり、さらにはリビングやオフィスで過ごしているあなたにスマートフォンを介してクルマの情報を届けてくれます。

人とクルマとクルマ社会。
より安全で、より安心して、より便利に。
そして、この時代を楽しむ。

私たちメルセデス・ベンツ港北プロダクトエキスパートスタッフは、
皆さまにメルセデス・ベンツの電気自動車「EQ」の魅力をとことんお伝えするために「EQルーム」を制作中です。
どうぞ皆さまご期待下さいませ。
2019/01/24
今日は、1月の24日。
木曜日。
冬らしい天気の良い日が続いております。
週末には大変混みあっているイケアや、ららぽーと横浜にショッピングに出かけたり、あるいは海や山にドライブに出かけたり・・・。
澄みきった空気が心地よい季節ですね。
さて、このブログの読者さまには平日に自分の時間が持てる方も多いのではないでしょうか。
天気の良い平日というのは、自分のための時間がゆっくりと流れてマイペースに過ごすことができ、心も身体もリフレッシュされます。
メルセデス・ベンツ港北ショウルームも、週末は多くのお客様で賑わいますが、平日はとても穏やかな空間になります。
私たちスタッフ一同、お客さまへ夢と感動あふれる『クルマのある人生』をお創りする中で、お客さまのお時間を大切にしております。
限られたお時間を頂戴する中で、すべてのお客さまにご満足頂ける空間をご提供させて頂きたい・・・。
当ショウルームは、平日においても試乗車ラインアップを十分に取り揃え、週末とは違うショウルーム空間を提案しております。

詳しくはこちら > 

どうぞ皆さま充実した平日をお過ごし下さいませ。
ご来場、心よりお待ち申し上げております。
2019/01/15
今日は1月の15日。
火曜日。
あっという間に2019年も2週間が経過致しました。

少しだけ、2018年を振り返りたいと思います。
メルセデス・ベンツでは、約40年間変わらなかったゲレンデヴァーゲン(Gクラス)が遂に先進的に生まれ変わり、いつも最新のデザインアイデンティティーを発信するCLSクラスのフルモデルチェンジ。
今やメルセデス・ベンツの中核を担うCクラスが大規模なマイナーチェンジ、年末には待望の新型Aクラスが日本上陸と、話題の尽きない年となりました。
「最近、メルセデスよく見るよね。」
そのようなお言葉をお客様から頻繁に頂戴致します。
実際に、メルセデス・ベンツのシェアは年々増え続けております。

【2018年1月~12月 プレミアムブランド新車販売台数(日本)】
1位 メルセデス・ベンツ 67,554台
2位 レクサス 55,096台
3位 フォルクスワーゲン 51,961台
4位 BMW 50,982台
5位 アウディ 26,473台


皆さまのおかげで、2018年もプレミアムブランドNO.1の座を守ることができました。
本当に有難うございました。
そして、このブログ読者さまの中で他ブランドのクルマをご愛用されている皆さま、2019年はぜひメルセデス・ベンツ港北ショウルームでお会いしましょう。
この販売台数の差は、「クルマ」や「ショウルーム」でお感じ頂けるのではないでしょうか・・・!

私たちは、「夢」と「感動」あふれる"クルマのある人生"をお創りしています。
今年も多くの出逢いを楽しみに、お客さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

最新試乗車のオンライン予約はこちらから ▶ 
2019/01/08
今日は、1月の8日。
火曜日。
春らしい暖かな陽ざしに包み込まれ、お正月休みからだんだんと日常に戻ってまいりました。
先週末行われました「新春フェア」も多くのお客様にご来場頂き、賑やかな新年のスタートとなりました。

TVをつけると「平成最後の〇〇」と、毎年同じように繰り返される行事にも特別感が与えられ、私たちもまた、時代の移り変わりを感じずにはいられません。
自動車ディーラーのショウルームでも、毎週のように、毎月、毎年、繰り返される週末の出来事がございます。
このブログを読んで下さっている読者さまもきっと、自動車ディーラーの「フェア」ってなに?
「フェア」と「フェアじゃない日」は何が違うの?
そのようにお感じの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かつて「展示会」と呼んでいた週末のイベントを「〇〇フェア」と位置付け始めたのはここ数年のことでしょうか。
確かに、読者の皆さまと同じように私たちにも少し疑問がございました。
なぜなら、「週末の展示会」ではなく平日のショウルームでも、クルマは展示しているからです。
時代が変わり、土・日にショウルームが開いていることが当たり前になった近年は、季節にちなんだノベルティーや新しく登場した新型車にスポットライトを当てたイベントを、月に2~3度開催しております。

もちろんこれらのイベントは当店の自己満足だけではなく、全国のヤナセショウルームや他社様を含めた全国のメルセデス・ベンツ正規販売店で開催されております。
そして、ヤナセは自動車販売会社でございますので、フェアごとに様々な集計を取り、次のイベントに向けたマーケティングを行っています。

様々な集計・・・?
全国のヤナセ・・・?

そう、ただ数を数えるだけでなく、当然、全国のヤナセショウルームで集計による順位がつくのです。

お客さまのご来場人数・・・。
ご成約頂いた数・・・。

したがいまして、当店では週末のフェアにお越し頂いたお客さまへ、感謝の心をこめてご提供させて頂いているものがございます。
それは、フェア期間中に〇〇頂きましたお客さまに限りまして、特別に・・・・。

特別な出来事は、メルセデス・ベンツ港北ショウルームにてお確かめ下さいませ。
私たちは、最上質な商品・サービス・技術を感謝の心を込めてお客様に提供し、夢と感動あふれるクルマのある人生をお創りしております。

今週末は、平成最後の「メルセデス 新春ご商談会」。
フェアだけの特別を、さらに特別に・・・。
皆さまのご来場、心よりお待ち申し上げております。
2019/01/01

新年あけましておめでとうございます。

旧年中は多大なるご贔屓を賜りまして、誠に有難うございました。

 

迎えました2019年、メルセデス・ベンツ港北は新しい時代のカーライフを発信する拠点として、常に新たな挑戦と提案をし続けて参ります。

スタッフ一同、お客さまに夢と感動あふれるクルマのある人生をお創りしてまいりますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

さて、1月5日、6日(土・日)、メルセデス・ベンツ港北では「新春フェア2019」を開催致します。

話題の新型Aクラスご試乗車や、最先端マイルドハイブリッドエンジン搭載の新型Cクラスなどを取り揃えております。

ご試乗車におきましては、年末年始休業中もオンライン予約を承っております。

 

試乗オンライン予約はこちらから ▶ 

 

また、新春にふさわしい新たなキャンペーンも始まりました。

 

キャンペーン詳細はこちらから ▶ 

 

さらに、新春フェアは「福袋」と「新春初売り特別条件」をご用意。

今年は、さらに新しいメルセデスを。

 

皆さまのご来場、心よりお待ち申し上げております。

2018/12/27

平成最後の年末を迎えました。

2018年を振り返ると、この1年もメルセデス・ベンツは多くの新型車が登場致しました。

SクラスクーペやGクラス、CLSクラスの登場。

Cクラスのビッグマイナーチェンジ。

満を持して日本上陸を果たした新型Aクラス。

クルマが新しい時代へ突入し、ヒトとクルマとクルマ社会の関わり方が大きく変わりました。

 

百年に一度の激変期と呼ばれる自動車業界。

メルセデス・ベンツは自動車を世の中に生み出した責任を果たすため、自動車事故のないクルマ社会を目指し、常に業界のパイオニアであり続けて自動車の基本性能である「走る」「曲がる」「止まる」を極め続けております。

やがてクルマが自動で行うそれら基本性能も、現在市販されている自動車の中では最も高い信頼性を獲得。

そのようなブランド觀に魅了され、今もなお世界中でファンが増え続けています。

 

「クルマと話す」

新型Aクラスに装備された最先端AI搭載ナビゲーションをこのように呼んでいます。

MBUX=メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス

かつて無いドライブ体験。

新感覚の操作システム。

 

「ハイ、メルセデス。初詣に行こう!!」

 

未来への扉を切り開いた新型Aクラスを筆頭に、2019年もメルセデス・ベンツは魅力的なモデルが登場致します。

AクラスファミリーやAMGトップモデル。

全く新しい車種・・・。


2019年もヤナセ横浜港北支店は、

お客さまに最上質な商品・サービス・技術を感謝の心をこめて提供し、夢と感動あふれるクルマのある人生を創ります。

 

末筆ではございますが、

今年もご贔屓下さいましたお客さまに心より御礼申し上げます。

誠に有難うございました。

 

良いお年をお迎え下さいませ。

2018/12/18

今日は12月の18日。

火曜日。

早いもので、2018年も残すところあと2週間。

 

今年もたくさんのお客さまとの新しい出逢いや、喜びあふれるご納車の瞬間を分かち合うことができました。

「最も愛されるブランド」を目指し、日々発展を続けているメルセデス。

そして、最上質な商品を感謝の心を込めて提供し、夢と感動あふれるカーライフを創り続けるヤナセ。

これからも、メルセデスとヤナセの歴史を共に刻んでゆく「Family」として、最も愛される店舗を目指して参ります。

 

さて、冬季休暇が近づいておりますが、レジャーのご予定はいかがでございますか?

当店のブログ読者さまはハワイや沖縄など、暖かい場所へ出掛けられる方も多いでしょうか。

もし飛行機に乗る前に愛車のロックをし忘れた・・・。

なんて不安に思った場合には、Mercedes me connectでチェックして下さいね。

※Mercedes me connect搭載車両に限ります。

 

そして、ここからが重要なお話しになりますが、今年初めて「ディーゼル」モデルにお乗り換えされた皆さま。

特に、この休暇中に寒冷地にレジャーに出掛けるお客さま。

普段通りに燃料(ディーゼル)を満タンにして寒冷地にドライブに出掛けますと、燃料が凍ってしまいエンジンが始動しなくなる恐れがございます。

と言いますのも、ディーゼル燃料(軽油)には特1〜特3号という5段階の種類があり、それぞれ「流動点」や「目詰まり点」といわれる温度が異なります。

簡単に申し上げますと、横浜のガソリンスタンドで販売されている軽油と、東北地方などで販売されている軽油とでは種類が違うのです。

例えば、横浜を出発される時に燃料を満タンにしてスキー旅行に出掛けるとしましょう。

最近のディーゼル車は燃費が抜群に良いので、燃料の補充をすることなく目的地まで到着しました。

家族でスキーやスノーボードを存分に楽しみ、ホテルに宿泊。

地元のおいしい食材を囲みながらご家族でつかの間の団らん。

次の日もウィンタースポーツを楽しみ、夕方、ホテルを出発する為に愛車のエンジンをかけようと・・・。

この時に、横浜で補充した燃料(軽油)ですと、燃料が凍ってしまいエンジンがかからない恐れがあるのです。

特に、SUVのように車高(最低地上高)が高く、フロア下部が風によって冷やされるような車種は要注意です。

 

したがいまして、この冬ディーゼルモデルで初めて寒冷地にドライブされるお客さまにひとつだけお願い事がございます。

それは、

 

燃料はできるだけ少なめで出発し、現地で燃料を補充して下さい。

 

これだけ気をつけて頂ければ、楽しいウィンターレジャーとなるはずです。

思わぬハプニングを未然に防ぎ、楽しいドライブをお過ごし下さい。

ワンランク上の旅なら「ヤナセ プレミアムカーレンタル」 ▶ 

2018/12/06

いよいよ12月に突入し、横浜の街並みはクリスマスムード。

メルセデス・ベンツ港北ショウルームも大きなクリスマスツリーを飾り、BGMもクリスマス。この週末に開催される「クリスマス カウントダウンフェア」に向けて準備を進めております。

 

そのような心踊る季節でございますが、本日は皆さまに当店セールススタッフの「ドイツ研修」をレポートさせて頂きたく思います。

 

ドイツ研修とは、セールススタッフの中でも優秀な成績を残した者にチャンスが訪れる勉強の機会になりますが、今回の研修もメルセデス・ベンツE・Sクラスなどを生産し、広大なハンドオーバーエリアを持つジンデルフィンゲン工場の視察やAMGの聖地アファルターバッハのAMGエンジン生産工程の視察、エンジンホットテストやお客さまからの要望を全て満たすAMGパフォーマンススタジオ視察、自動車の歴史がすべて分かるメルセデス・ベンツミュージアムを訪れたりと、メルセデス・ベンツに携わるスタッフとして大変有意義な旅となりました。

これまでカタログやインターネットなどで想像を膨らませていた光景が目の前に広がり、メルセデス・ベンツやAMGが生まれてくる瞬間を肌で感じることができるだけでなく、メルセデス・ベンツが当たり前のように行き交うドイツのカーライフ文化までも体感することができるのです。

 

その興奮から話しが止まらなくなってしまいますが、あえてひとつだけ読者の皆さまにお土産話しをご披露させて頂くとするならば、アファルターバッハのAMGエンジン生産工程になりましょうか。

 

"ONE Man ONE Engine" というキャッチフレーズは有名な話しでございますが、AMGエンジンが生まれてくる光景はそのワンフレーズでは伝えきれませんでした。

工場とは思えない綺麗な空間は静寂に包まれ、神秘的にも感じてしまいます。

ひとりひとりのマイスターが、ひとつひとつのエンジンを生産ラインに従って組み上げていくのですが、個々のパーツや締め付けトルクなどの作業工程はすべてバーコードによって管理されています。それは、AMGエンジンの品質を間違いなくオーナーさまにお届けする為でもあり、オーナーさまが楽しんでいらっしゃる間もどのように生産されてきたかを管理する為でもあります。

AMGエンジンのテストにも一切の妥協はありません。

正直、ここまで回転数を上げ続けたらどうなってしまうのかとこちらが不安になってしまうほど永遠とフルスロットルでホットテストを行なった後に一気に冷却してブッシュやパッキンのテストをしたり、AMGエンジンの情熱に感動を覚えました。

 

メルセデス・ベンツ港北はAMGパフォーマンスセンターとして多くのお客さまにご利用いただいております。

私が今回ドイツ本国研修で目の当たりにしたメルセデスやAMGのブランド感を余すことなくお客さまにお伝えし、今後も「夢」と「感動」あふれるメルセデスライフをご提供させて頂くことが使命であると改めて感じることができました。

 

どうぞこれからもメルセデス・ベンツ港北をご指名下さい。

そして、より豊かなクルマのある人生をお過ごし下さいませ。

皆さまのご来場、心よりお待ち申し上げております。

#メルセデス・ベンツ国際認定セールス "Shono Yamaji"


 商談申込みはこちらから >>  

2018/11/25
いよいよ新型Aクラスが港北支店に上陸。
AI搭載ナビゲーションや最先端の安全装備、最新のメルセデスデザインや機能性の高まった室内空間。
見どころ満載の新型Aクラスデビューフェアを開催致します。

 新型Aクラス詳細記事はこちら 

また、どこよりも早く、
2日間限定で新型Aクラスのご試乗車もご用意致しました!!


 試乗申込みはこちらから 

デビューフェア当日はシーボンあざみ野店様ともタイアップし、
女性限定の無料ハンドトリートメントを開催致します。

新年を「新しい相棒」で迎えたいお客様、
ショウルームで新型Aクラスをご覧になる前に、
まずは「プレオーダーメルセデス」をお申込み下さいませ。
メルセデス・ベンツ港北セールススタッフ一同、お客様にベストなメルセデスをご提案致します。

 プレオーダーメルセデス申込みはこちらから 

 商談申込みはこちらから 

まずは見たい。
どんなクルマか体感してみたい。
そのようなお客様はプロダクトエキスパートあてにお越し下さいませ。
カジュアルに分かりやすくご案内致します。

 詳しくはこちらから 

「最先端のメルセデス」と「極上の癒し」が集う特別な週末。
今週末は、迷わずメルセデス・ベンツ港北ショウルームへ。
皆様のご来場、こころよりお待ち申し上げております。

#ヤナセ港北
 
 
〒224-0043 神奈川県横浜市都筑区折本町253番地
ショウルーム
営業時間:09:30-19:00 ((日曜・祝祭日は9:30~18:00))
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します
TEL 045-473-8811FAX: 045-472-8010
取扱ブランド
  • Mercedes-Benz
  • smart
アフターサービス
営業時間:09:30-19:00 ((日曜・祝祭日は9:30~18:00))
定休日:月曜日,年末年始 *月曜が祝祭日の場合は営業致します
TEL 045-473-8815FAX: 045-472-8080
取扱ブランド
  • Mercedes-Benz
  • smart
  • CADILLAC
  • CHEVROLET
  • OPEL
PAGE TOP