ヤナセオートモーティブ株式会社札幌支店/Audi月寒

〒062-8668 北海道札幌市豊平区月寒東一条16-1-1
ショウルーム
TEL 011-851-3154FAX: 011-851-6846
営業時間:10:00-18:00 (土・日・祝日 10:00-18:00)
定休日:月曜日 第2火曜日・年末年始 ※月曜日が祝日の場合は営業致します。翌火曜日を定休日とさせていただきます。
アフターサービス
TEL 011-851-3154FAX: 011-858-3634
営業時間:10:00-18:00 (土・日・祝日 10:00-18:00)
定休日:月曜日 第2火曜日・年末年始 ※月曜日が祝日の場合は営業致します。翌火曜日を定休日とさせていただきます。
認定中古車
TEL 011-851-3154 FAX: 011-851-6846
営業時間:10:00-18:00 (土・日・祝日 10:00-18:00)
定休日:月曜日 第2火曜日・年末年始 ※月曜日が祝日の場合は営業致します。翌火曜日を定休日とさせていただきます。

スタッフブログ

2018/03/29
最近CMなどでよく耳にする「クルーズコントロール」。

高速道路などで前のクルマとの距離を上手くとり、車線をはみ出すことなく走行し、ブレーキ制御も自動で行ってくれる自動運転技術の一つです。

特にアウディの「アダプティブクルーズコントロール」において、ドライバーの運転時の負担を軽減させてくれる「自動追従機能」は年々進化しています。

今回は、アウディのクルーズコントロールについて詳しくご紹介します。

AudiA3・A4モデルに標準搭載のアダプティブクルーズコントロールとは?

開発当初の「クルーズコントロール」は、ドライバーが設定した速度を保ちながら走行をする機能が主流でした。

従来のクルーズコントロールでは、速度は一定に保てますが自動で車間距離を保つ機能がなく、ドライバーは常に周囲の走行車を確認して自身でブレーキやアクセルを踏む必要がありました。

 

AudiA3・A4モデルに搭載されている「アダプティブクルーズコントロール(ACC)」とは、クルーズコントロールが進化を遂げたものです。

現在では標準装備車両以外でもオプション搭載が可能になっていて、ウィンカーレバーの下にあるレバーで速度や車間距離を調整します。

 

アダプティブクルーズコントロール(ACC)とは、約0km/h〜250km/hの設定速度内で、前方車両との車間距離を自動で一定間隔に保ちつつ、速度調整して追従する機能です。

アダプティブクルーズコントロールでは、前方車両が停止した際に自動でブレーキまでコントロールします。

正式名称は「低速走行・車間距離制御装置」といい、主に高速道路の渋滞時に活躍します。

 

アウディの車両に搭載されている「ミリ波レーダー」「光学式カメラセンサー」「ステレオカメラ」が赤外線センサーによって前の車両の状態を把握して、アクセル操作やブレーキ操作を自動で行ってくれます。

アダプティブクルーズコントロールによって、設定した速度以上で走行することは基本的にないので速度を上げすぎることもなく安全面でもサポートしてくれます。


より快適なドライブを可能にしたアウディトラフィックジャムアシスト
トラフィックジャムアシスト機能は、車載レーダーにより前のクルマとの距離を確認、同様に搭載カメラで走行区分線や周りの建物、隣の車線などの位置確認をします。

前のクルマや周囲の状況を全て感知した上で、走行ラインに合わせてブレーキやステアリング操作もアシストします。

アウディの自動運転システムの特徴は、システム反応速度を遅い・速いの2段階に切り替えることが可能です。

そのため、システムに任せたい場合は速いを選択すると、ハンドルが自動制御されて車線の中央付近を走る続けることが出来ます。

反対に、ドライバーが運転したい場合は、遅いを選択するとシステム介入比率は下がり、車線からはみ出しそうなギリギリまでドライバーの操作が優先されます。



アウディアダプティブクルーズコントロールのメリットと注意点

アダプティブクルーズコントロールによって、車間距離を保ち一定の速度で走行することが可能になります。

そのため、考えられるメリットは以下の3つがあげられます。

 

①ドライバーの疲労が軽減する

アクセルやブレーキが自動制御になることで、ドライバー自身が操作する機会が少なくなります。

高速道路などでの渋滞時では、エンジンブレーキを効かせたりブレーキ操作のサポートを行ってくれるので、ドライバーのストレスや足腰の負担が軽減します。

 

②車間距離が一定なので安全な走行が可能

車間距離をただ一定に保つだけでなく、車両に搭載されている赤外線センサーによって自車の速度が速い場合は車間距離を長くとり、遅い場合は短くとるようにプログラムされており、前方車に追いつくまでの距離計算を自動で行なってくれます。

 

③道路渋滞の緩和になる

渋滞は信号や料金所付近の混雑が影響していると考えられています。

これらの箇所の移動がスムーズになる「アダプティブクルーズコントロール」によって、高速道路や自動車専用道路での渋滞が緩和すると予想されています。

 

なお、アダプティブクルーズコントロールは、高速道路などの一定方向に一定速度で走行する場合の運転補助を想定しているので、入り組んだ道路や市街地の一般道路では、運転補助機能が十分に働かない可能性があります。一般道路など一定速度で走行が出来ない状況ではアダプティブクルーズコントロール機能を切っているか確認する必要があります

安心で安全なアウディの先進技術でより爽快なドライブを

アウディの自動運転の技術によって、ドライバーとクルマの付き合い方が変化しています。

車間距離や速度を自動でコントロールし、安全であると共にドライバーの疲れを軽減することが出来る「アダプティブクルーズコントロール」。

一度体感してしまうと、必要不可欠な機能となるでしょう

2018/03/01

自動車は年々変化し続け、「ドライバーが運転中のあらゆる安全を守る時代」から「ドライバーと車が協力して事故を防ぐ時代」になってきました。

昔とは違い現代では、安全性が高くより快適であり、オシャレにドライブすることが当たり前になっています。

先進安全装備の魅力に包まれているアウディは、2017年以降の発売モデルには標準装備で自動ブレーキを搭載させると発表しました。

今回はアウディの標準装備になる「自動ブレーキ」の機能や特徴についてご紹介します。

アウディの自動ブレーキの特徴

自動ブレーキとは、一般的に「緊急時の被害を軽減する機能の総称」、いわゆる危険を知らせたり衝突を回避してくれる自動運転システムの一機能を指します。

単純に勝手にブレーキをかけて止まってくれるシステムだけを「自動ブレーキ」と呼ぶのではありません。

 

アウディの自動ブレーキは、自動運転システムであるアダプティブクルーズコントロール(ACC)とトラフィックジャムアシストによって構成されています。

アダプティブクルーズコントロールとは適切な車間距離を保ち、決められた速度の範囲で前方の車両や障害物と衝突する可能性がある場合に作動し、自動的に停止するか減速します。

 

トラフィックジャムアシストとは、安全に前走車に追従する機能です。

近年アウディでは、自動運転技術による先進安全機能が強化されており、積極的に新型車に採用しています。

アウディの自動ブレーキの特徴は、レーダーセンサーにより前方の交通状況を常時監視し歩行者や周囲の車両を検知します。

これにより常時歩行者の保護や車間距離や速度の自動調整も行ない、緊急時にはブレーキが自動で作動します

ドライバーをフォローしてくれるアウディの自動運転システム

アウディの自動運転システムでは、ドライバーひとりでは適切に対応しきれない事体に素早く反応します。

 

アウディの自動ブレーキとは、決められた速度内で歩行者や前方車、障害物と衝突する可能性がある場合に作動します。

自動的に停止、または減速することのより衝突を回避し被害を軽減するシステムです。

危険を察知するとドライバーに警告音と警告灯で注意を促し、場合によってはハンドル操作や自動でブレーキ操作も行います。

 

予防安全システムである「アウディプレセンスシティ」は、85km/h以下速度で走行中に、歩行者や前方車への衝突を未然に防いでくれます。


アウディプレセンスシティに含まれる「アウディプレセンスフロント」という機能により状況に応じてブレーキが作動し、緊急時にドライバーが対応しない場合は自動フルブレーキも作動します。

事故による衝突自体を避けるために最大限の減速を行ない衝突時の衝撃を緩和します。

自動ブレーキは、車両相手では10km/h〜85km/h(ただし85km/hを過ぎても250km/hまでの範囲であれば警告音や自動ブレーキも動作できます)、歩行者相手では10km/h〜65km/hの範囲で走行しているときに作動します。

また走行中にはアウディプレセンスシティにより、ステアリングアシストと自動ブレーキで前車との衝突を回避します。

自動ブレーキシステムにより渋滞時の運転や、運転中のうっかりミスなどの事故を防止することが出来ます。

標準化されるアウディの自動ブレーキやACCで安全性が高まる

交通事故を完全に防止するのは現段階では不可能ですが、アウディの先進的なシステムにより被害を極力最小限にすることが出来ます。

2017年発売の最新モデルには、全モデルに車間距離と速度を一定に保つ「ACC(アダプティブクルーズコントロール)」をはじめ、衝突回避のため作動する自動ブレーキの補助「アウディプレセンスシティ」が標準装備されることでより安全性が高い運転が出来るようになります。

 

ACC(アダプティブクルーズコントロール)により、前走車が渋滞などで速度を落とすと、自動ブレーキでスピードと車間距離を制御し、ドライバーも安全で快適なドライブが可能になります。

その他、車線維持のサポートをする「アウディアクティブレーンアシスト」、車線変更時の危険を減らす「アウディサイドアシスト」、渋滞時のドライバーの負担を軽減する「トラフィックジャムアシスト」などをオプションで用意しています。

これらを含めたアウディの予防安全システム「アウディプレセンス」については「アウディプレセンス」進化した予防安全システムをご紹介!をご覧ください。

 

アウディの先進技術システムで安全なカーライフを

これからの快適なドライブには、事故を未然に防ぎ、万が一の被害を最小限に抑えるための技術が欠かせません。

アウディはプレミアムカーならではのデザインと、最先端技術である自動運転や予防安全運転を搭載することで、スタイリッシュでなおかつ安全な運転システムを目指しています。

 

今後アウディでは「自動ブレーキ」の機能が標準装備になり、更に進化を遂げていきます。

是非一度、Audi月寒で体感してみてはいかがでしょうか。



 

 
 
〒062-8668 北海道札幌市豊平区月寒東一条16-1-1
  • ※新型コロナウイルス感染防止対策に伴い一部営業時間を短縮しております。
ショウルーム
営業時間:10:00-18:00 (土・日・祝日 10:00-18:00)
定休日:月曜日 第2火曜日・年末年始 ※月曜日が祝日の場合は営業致します。翌火曜日を定休日とさせていただきます。
TEL 011-851-3154FAX: 011-851-6846
取扱ブランド
  • Audi
アフターサービス
営業時間:10:00-18:00 (土・日・祝日 10:00-18:00)
定休日:月曜日 第2火曜日・年末年始 ※月曜日が祝日の場合は営業致します。翌火曜日を定休日とさせていただきます。
TEL 011-851-3154FAX: 011-858-3634
取扱ブランド
  • Audi
認定中古車
営業時間:10:00-18:00 (土・日・祝日 10:00-18:00)
定休日:月曜日 第2火曜日・年末年始 ※月曜日が祝日の場合は営業致します。翌火曜日を定休日とさせていただきます。
TEL 011-851-3154 FAX: 011-851-6846
取扱ブランド
  • Audi
PAGE TOP