ヤナセバイエルンモーターズ株式会社世田谷支店/Yanase BMW 世田谷

BMWに関するお役立ち情報満載 BMW情報サイト
BMWに関するお役立ち情報満載 BMW情報サイト
〒158-0098 東京都世田谷区上用賀6-20-7
ショウルーム
TEL 03-5451-7011FAX: 03-5451-1633
営業時間:10:00-17:00 (コロナ禍対応として当面の間、火曜~金曜日を10:00~17:00、土・日・祝日を10:00~18:00の変則営業時間とさせて頂きます。ご理解の程、宜しくお願い致します。)
定休日:月曜日,年末年始 *月曜日が祝日の場合は営業し、翌火曜日を定休日とさせていただきます。
アフターサービス
TEL 03-5451-8211FAX: 03-5451-0576
営業時間:10:00-17:00 (コロナ禍対応として当面の間、火曜~金曜日を10:00~17:00、土・日・祝日を10:00~18:00の変則営業時間とさせて頂きます。ご理解の程、宜しくお願い致します。)
定休日:月曜日,年末年始 *月曜日が祝日の場合は営業し、翌火曜日を定休日とさせていただきます。

スタッフブログ

2020/09/30

日頃より当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

BMWジーニアスの井口です。

 

BMWは、『新型BMW 5シリーズ・セダン』および『新型BMW 5シリーズ・ツーリング』の販売を28日より開始すると発表しました。

いよいよ新型5シリーズLCIモデルの登場です!

 

世界で最も成功しているプレミアム・セダン/ツーリング・モデルの一つである5シリーズは、今回の新型モデルへの進化により、その地位をさらに確固たるものにしています。その進化をご紹介致します。

 

まず、新型BMW 5シリーズには、高性能3眼カメラ&レーダー、および高性能プロセッサーによる高い解析能力によってより精度と正確性が向上した最先端の運転支援システムが、全モデルに標準装備されました。これにより、アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングの精度がさらに向上しております。そして、新たに「ペダル踏み間違い急発進抑制機能」が標準装備され、「セーフティー・サポートカー(サポカー)」として、補助金対象モデルにも認定されております。

 

また、大変ご好評いただいている、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与する運転支援システム「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」も標準で装備され、さらに、標準装備となるパーキング・アシスタントには、車両が直前に前進したルート最大50mまでを記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能となるリバース・アシスト機能も装備されました。日本に多数点在する細い道での対向車とのすれ違いに困った際など、安全かつ正確に、元のルートに復帰することが可能となります。

 

さらに、523i M Sport、523d xDrive M Sport、530e M Sport、530i LuxuryとM Sportには、アダプティブ・サスペンションが標準装備されます。アダプティブ・サスペンションにより、車の走行速度と加速度、そしてボディの動きを絶えず解析し、これらの解析に基づいて、電子制御ダンパーの減衰力を4輪独立して即座に最適化され、スポーティーな走りはそのままに、常に快適な乗り心地が保たれます。

 

そして、車両のキーを持たずとも、iPhoneをドア・ハンドルにかざすことで車両のロック解除、施錠、さらにエンジンの始動も可能なBMW デジタル・キーも標準で装備しております。

 

エクステリア・デザインにおいては、BMW伝統のキドニー・グリルをよりワイドに一体化すると共に立体的な造形にすることで、格式とエレガントさを際立たせております。ヘッドライトのデザインは、L字型のLEDライトを採用することで、BMW伝統の4灯ヘッドライトを表現しながら、モダンかつスポーティなイメージを強調しております。

リヤ・デザインにおいては、BMW伝統のL字型リヤ・コンビネーション・ライトを、より立体的な造形とし、周囲をブラック・アウトすることで、精悍な印象を与えております。さらに、より立体的になったバンパーに、ワイドな台形型エグゾースト・パイプを装備することで、高級感溢れる洗練されたリヤ・ビューとなっております。

インテリアにおいては、スイッチ・パネルを全てハイグロス・ブラックとすることで高品質感を高め、さらに、ダコタ・レザー・シートが標準装備化され(523iは除く)、更に高品質なナッパ・レザー・シートを、コンフォート・シートと併せてお求めやすいパッケージ・オプションとしてお選び頂けます。

 

価格は、人気の523i Luxuryは7,530,000円。523i M Sportは現行モデルより引き下げられ、8,080,000円となります。

523d xDrive M SportにはEdition Joy+モデルもご用意しており、価格は8,410,000円となります。

 

カタログも到着しております。

 

注目のプラグイン・ハイブリッド・モデルの530eも大きく進化しております。


ご興味など頂けましたら、お気軽にセールス・コンサルタントまでお問い合わせください。

 

2020/09/29

日頃よりブログをご覧いただき有難うございます。

7年生の髙橋です。

 

年初のブログにて今年の目標を掲げましたが

 

先日のラウンドにて、ついに100切りができました!

 

 

きっと次回には元の通りになってしまうんだろうと

内心びびっていますが、それまではニヤニヤしていようかと思います。

 

2020/09/27

日頃より世田谷支店ブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

BMWジーニアスの井口です。

 

BMWより新型M3及びM4の発表があり、ようやく全貌が見えてきました。

M3、M4、そして、M3 Competition、M4 Competitionの詳細も明らかにされましたので、ご紹介いたします。

 

まず、ボディサイズは、M3で全幅1903mm、全長4794mm、全高1433mmとなり、3シリーズセダンと比較すると、幅は約7.5cmワイドに、高さは約3cmダウン、長さは約8cm長くなります。

M4は、全幅1887mm、全長4794mm、全高1393mmとなります。

 

エンジンは、伝統の3リッター直列6気筒エンジンに2つのターボチャージャーを備えた新型のS58エンジンを搭載します。

M3/M4においては最高出力480PS、最大トルクは550NM、0-100 km/h加速は4.2秒、M3/M4 Competitionにおいては、最高出力510PS、最大トルクは650NM、0-100 km/hは3.9秒を誇ります。エグゾーストシステムは、電子制御されたフラップにより、感情を鼓舞させるようなエンジンサウンドを奏でます。

 

トランスミッションは、M3/M4は6速マニュアル・トランスミッションの仕様となり、M3/M4

Competitionは、8速Mステップトロニック(Drivelogic付)となります。

MTがラインナップに残ったのは朗報です。

そして、Competitionモデルでは、2021年夏ごろから、M xDriveの4輪駆動システムのモデルをお選びいただけるようになるようです。

 

足元には、フロント18インチ、リアには19インチのホイールを履いたタイヤが装着されます。CompetitionモデルのM xDrive搭載車では、フロント19インチ、リア20インチとなるようです。なお、オプションでM カーボン・セラミック・ブレーキの装着も可能です。

 

印象的な新しい形のキドニーグリルはフレームレスとなり、内側のバーは水平のデザインとなります。

写真に出ております、新型のMカーボン・バケット・シートはオプション装備となるようです。

 

2021年の3月に欧州で販売開始の予定です。

 

あくまでもドイツ本国の仕様となり、日本仕様の詳細はまだ出ておりませんので、その点をご了承ください。


国内向けのサイトも立ち上がりました!

https://www.bmw.co.jp/ja/topics/brand-and-technology/bmw_brand/the-m3-m4.html

とにかく、早く実車が見てみたいですね。

 

2020/09/26
いつも世田谷支店のブログをご覧いただきありがとうございます。
新人の小林です。
本日は私のマイブームをご紹介したいと思います。
 
最近の私のマイブームは「靴磨き」です。
社会人になってから毎日履いている革靴
磨くのには手間がかかりますが、折角毎日履くのなら少しでも綺麗に保ちたいと思い、
靴磨きを始めました。
 
最初はただ磨いているだけだったのですが、段々と熱が入ってきて
今は鏡面磨きにもドはまり中です(笑)
 
鏡面磨きは普通の靴磨きより更に時間がかかりますが、ピカピカの足元を
見るたびになんだか幸せな気持ちになってきます。
 
そこで今日は私が靴磨きで使っているアイテムとその使い方を
ご紹介させていただきます。

① 馬毛ブラシで全体をブラッシングし、靴についたホコリなどを落とします。
  馬毛ブラシは毛先が柔らかくなっているので靴を傷つけることなく
  ブラッシングすることができます。

② クリーナーを布につけ、靴の表面をやさしく拭いていきます。
  この時のクリーナーはステインリムーバーというものを使用しております。
  ステインリムーバーは水性でシミなどになりにくくなっています。

③ 乳化性クリームを塗り、革に潤い(水分と油分)を与えていきます革は時間が経つにつれ、
  水分や油分が抜けて乾燥が進んでいきます。
  そうすると色褪せやひび割れという問題が起きてきます。
  また、このクリームを塗るときはペネトレィトブラシを使用します。

④ 豚毛ブラシでブラッシングをし、乳化性クリームを馴染ませます。
  豚毛ブラシは毛先が固く、これでブラッシングすることにより乳化性クリームが
  革によく馴染みます。
  布で余分な乳化性クリームをふき取ります。
  乳化性クリームが残っているとクリームが酸化し、革を痛めてしまう可能性があります。
  
⑤ 靴に艶を出したい時は乳化性クリームと同じ要領で油性クリームを塗ると仕上がりがより艶やかになります。 

本日は靴磨きの一般的なやり方をご紹介させていただきました。
次回のブログでは鏡面磨きのやり方についてご紹介させていただこうと思います。
 
2020/09/25

日頃より世田谷支店ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

BMWジーニアスの井口です。

 

BMWのフラッグ・シップ・クーペ、『THE 8』M850i xDrive クーペを現在ショールームにて展示しております。

 

ボディ・カラーはバルセロナ・ブルー。

スペイン・バルセロナの空をイメージしたカラーです。

8シリーズのコミュニケーションカラーとして、カタログ等で登場しているお色です。

 

インテリアにはBMW Individualエクステンド・レザー・メリノを使用したタルトゥーフォとブラックのバイカラー・シート、ルーフにはアルカンタラ・アンスラジット・ルーフライニングがオプション装備されております。

そして、ルーフトップにはMカーボン・ファイバー強化樹脂製ルーフを装備しております。こちらもオプション装備となります。

 

BMW 8シリーズ・クーペは、ラグジュアリーの追求のみならず、高性能スポーツ・クーペとしての本質も失うことはありません。

最高のパフォーマンスと最上のクオリティが約束された、極めてスポーティかつエレガントな空間をご堪能頂けます。

 

是非ショールームにて実車をご覧下さい!

2020/09/24

日頃より、弊社ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

4連休はとっても道が混んでて、ナビを見たら渋滞情報で真っ赤になっておりました。

話は変わりますが皆様はナビの目的地設定の入力はどうされてますか。

 

スマホ等で行きたい住所を調べてナビに入力して、、、

ちょっと手間ですよね

 

最新のBMWはそんな手間が省けるスマートフォン用アプリ「BMW Connecteddrive」がございます。

 

こちらのアプリを使えばスマホで検索した住所をアプリ内の目的地に入力し

車両に送信するだけで、自動的に車のナビに目的地が設定されます!

 

 

 

ぜひ最新のBMWでより快適なカーライフを送ってみませんか!

 

2020/09/23

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

さて、本日はタイヤ&キー補償についてご案内です。

 

現在のBMWには、ご購入時にBMWサービス・インクルーシブというサービスパッケージを標準付帯しております。

 

エンジンオイル/フィルターの交換やエアコンのマイクロフィルター交換などなどそれに加えて法定1年点検の費用が含まれており、新車登録から3年間のメンテナンスを幅広くカバーしております。

 

その中に、タイヤ&キー補償というものが含まれております。(ただし2018年1月1日以降に新車登録された車両です。)

 

タイヤパンク補償は、パンクが発生した場合に、タイヤ1本の修理・交換費用を最大100,000円まで補償します。(正規ディーラーでの作業が対象)

 

キー補償は、キーの破損・盗難・紛失が発生した場合、キーの交換費用をこちらも最大100,000円まで補償します。

 

いずれもお車の初度登録日から3年間でそれぞれ1回のみご利用いただけます。

 

とても強力なサポートですので、万が一の際はご相談ください。

 

石井

2020/09/22

いつも世田谷支店のブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

 

暑い日があったり涼しい日があったりと気温差が出てまいりました。

体調崩しやすい時期に入ってきましたね。

 

これからどんどん乾燥していき、インフルエンザ・コロナウィルスと不安は尽きません。

 

最近はずっとゲームに没入する日々で外にも出なくなりました(笑)

PS5が39980円からという金額設定に驚き予約しようと決意した今日この頃。。。

 

ゲーム以外に何か没頭できるものがないか模索しています。

何か在宅で楽しめるものはありませんか?

 

以前右腕を骨折していた時に、パズルにはまっておりました。

 

集中すれば3時間くらいはあっという間に過ぎてしまいますし、完成品は額に入れて飾っておけます。

 

何かおすすめの趣味があればお教えください。

外出することにストレスを感じると毎日がどんよりしてくる感じがします。

 

ただし!!

車には乗れます。

 

 

ドライブはできます!!

 

 

 

ドライブする…安全な車がいい…

 

 

 

 

運転も楽しめる車がいい…

 

 

 

 

 

 

どちらも安心のメーカーございますよ!!

 

 

 

 

BMWは安全性能・走行性能どちらもとても優れています。

 

意のままに操れる楽しさ、その楽しさをそっとサポートする安全装備。

 

 

正直、BMWは乗っていただいてこそ魅力が伝わる車両です。

ご試乗車ふんだんに取り揃えております!!

 

 

店舗も換気を十分に行っております。

スタッフ全員マスク着用にてのご対応をさせていただいております。

 

 

是非BMWの走行性能、安全装備に触れあってください。

皆様のご来店心よりお待ちしております。

 

 

 

2020/09/21

世田谷支店の作田です。


いつも世田谷支店のブログをご覧いただいており、誠にありがとうございます。

気づけば9月も下旬となり少し寒い朝晩が、秋を感じる今日この頃です。



J.D.パワージャパンは9月17日、2020年日本自動車商品魅力度(APEAL)調査の結果を発表。
総合ブランドランキングではBMWがトップとなりました。


調査は、新車購入後2~9か月経過したユーザーを対象に5月から6月にかけてインターネットアンケートで実施。
自動車の性能やデザインなどの商品魅力に関して評価してもらい、1万9435人から回答を得ました。
「外装」「内装」「収納とスペース」「オーディオ/コミュニケーション/エンターテインメント/ナビゲーションシステム(ACEN)」「シート」「空調」「運転性能」「エンジン/トランスミッション」「燃費」「視認性と運転安全性」の10カテゴリーに分類した合計77項目について、所有しているモデルを評価。
商品魅力度を示す総合APEALスコア(1000ポイント満点)で表した。

 

調査の結果、2020年の業界平均の総合APEALスコアは、前年よりも12ポイント上昇し、657ポイント。
現在の調査項目設計の初年である2014年の622ポイントに比べ、6年間で35ポイント向上し、2014年以降で最も高い評価となった。
また「同じメーカー(ブランド)の車を買いたい」とするブランド再購入意向は14ポイント向上して82%。
過去6年で自動車の魅力度は向上し、ブランドに対する顧客ロイヤルティも向上していることが明らかになった。
 

ラグジュアリーブランドの業界平均は739ポイント(2014年比+28ポイント)、対してマスマーケットブランドの業界平均スコアは653ポイント(同+34ポイント)。
ブランドセグメント間の差は縮小しているものの、依然として商品の魅力度における輸入車を中心とした高級車(レクサスを含む)とマスマーケットブランドとの評価差は大きい。

「燃費(燃費や航続距離)」における魅力度評価をエンジンタイプ別にみると、2014年から2019年まではディーゼルエンジンが最も高い評価だったが、初めてプラグインハイブリッド(PHEV)がそれを上回った。
PHEVのスコアは783ポイント(同+82ポイント)。
電気自動車(EV)も637ポイント(同+85ポイント)と、本格的な電動化時代に向けて、PHEVやEVの性能改善が着実に進んでいると言えそうだ。
 

ブランド別総合ランキングでは、BMWが756ポイントでトップ。
2位はレクサス(746ポイント)。
3位はボルボ(737ポイント)。
4位にはマスマーケットブランドトップのMINI(736ポイント)がランクインした。

今日は、お彼岸真っ只中、敬老の日でございます。
 

2020/09/20

日頃より世田谷支店ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

BMWジーニアスの井口です。

 

BMWは、3シリーズ・ツーリングのラインアップに、エントリー・モデルとなる「BMW 318iツーリング」を追加しました。

 

先日、セダンの318iがラインナップに加わりましたが、それに続いてのツーリングの追加です。

 

先代の318iツーリング(F31)は直列3気筒の1.5リッター・ターボ・エンジンを搭載しておりましたが、新型318iツーリング(G21)には、直列4気筒の2リッター・ターボ・エンジンが搭載され、最高出力は約20PS、最大トルクも約30NMアップしております。

燃料消費率はWLTCモードで13.3km/L、JC08モードでは15.4km/Lと、燃費性能に優れております。

 

318iは、エントリーモデルといえど、高性能3眼カメラ、高性能プロセッサーおよびレーダーによる精度と正確性の高い最先端の運転支援システムも標準装備され、ACCおよびハンズ・オフ機能等の充実した安全機能・運転支援システムも追加装備無しで利用できます。

充実した安全装備により、サポカー補助金対象モデルにも認定されております。

 

価格は、BMW 318i Touringが、\ 5,230,000、BMW 318i Touring M Sportが、\ 5,840,000となっております(税込)。

320iと比較しますと、スタンダードで約50万円、M Sportで40万円お安くお求めいただけます。

ガソリン・エンジンの静粛性、燃費や環境性能重視の方にお勧めの大変お得なモデルです。

 

ご興味など頂けましたら、お気軽にセールス・コンサルタントまでお問い合わせください。
 
 
〒158-0098 東京都世田谷区上用賀6-20-7
ショウルーム
営業時間:10:00-17:00 (コロナ禍対応として当面の間、火曜~金曜日を10:00~17:00、土・日・祝日を10:00~18:00の変則営業時間とさせて頂きます。ご理解の程、宜しくお願い致します。)
定休日:月曜日,年末年始 *月曜日が祝日の場合は営業し、翌火曜日を定休日とさせていただきます。
TEL 03-5451-7011FAX: 03-5451-1633
取扱ブランド
  • BMW
アフターサービス
営業時間:10:00-17:00 (コロナ禍対応として当面の間、火曜~金曜日を10:00~17:00、土・日・祝日を10:00~18:00の変則営業時間とさせて頂きます。ご理解の程、宜しくお願い致します。)
定休日:月曜日,年末年始 *月曜日が祝日の場合は営業し、翌火曜日を定休日とさせていただきます。
TEL 03-5451-8211FAX: 03-5451-0576
取扱ブランド
  • BMW
PAGE TOP