ヤナセオートモーティブ株式会社京橋ショウルーム/Audi京橋

〒104-0031 東京都中央区京橋2-10-2ぬ利彦ビル南館 1F
ショウルーム
TEL 03-5250-7701FAX: 03-3561-1021
営業時間:09:30-19:00 (土曜日・日曜日は9:30~18:00)
定休日:月曜日,年末年始 月曜日が祝日の場合はショウルームオープン(GW4/30~5/1はお休みとなります)

スタッフブログ

2019/01/30
いつもアウディ京橋ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 
1月も終わり、2月に突入です!!
 
「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」よく言うように、
 
年の初めの3か月はあっという間に過ぎることの例えで使われます。
 
特に!2月は28日間しかありません!!
 
ぼーっとしていると気づいたら3月に、、、というようなことを防ぐために、
 
アウディ京橋は2月も最初から全力です。フェアを開催いたします。
 
『Audi Active Winter Fair』 2/2 sat.~3sun. 10:00a.m.-6:00p.m.
 
冬は寒いですが、スキーなどのアウトドアを楽しめるシーズンでもございます。
 
そんなアクティブに冬を過ごしたい方必見のラインアップを取り揃えております。
 
●Audi Q2
立体駐車場にも対応。行先を選ばないプレミアムコンパクトSUV。
・Q2 30 TFSI sport                     \3,700,000
・Q2 35 TFSI cylinder on demand sport  \4,110,000
 
●Audi A4 allroad quatttro  ~現在限定車を展示中~
フルタイム4WD“quattro”搭載、ウインターシーズンに最適のクロスオーバーワゴン。
・A4 allroad quattro                    \6,580,000
・A4 allroad quattro Absolute(限定車)   \7,590,000
 
●Audi Q5
力強さとしなやかさを備えたそのボディはあらゆるシーンに映えるプレミアムSUV。
・Q5 45 TFSI quattro                   \6,910,000
・Q5 45 TFSI quattro sport              \7,120,000
※表示の価格は2019年1月現在の車両本体価格(消費税8%込み)でございます。
 
 
上記のモデルはこの2月お得な購入サポートキャンペーンを実施しております。
 
  1. 頭金サポート10万円
    特別低金利1.99%
さらにSUVモデルは純正アクセサリーなどのオプションサポートもプレゼント!!
 
フェア対象の各モデルは展示車や試乗車を取り揃えております。
 
 
 
さて、冬に盛り上がるスポーツはスキーやスノボーです。
 
このブログをご覧の方の中にも雪山に行かれる方も多いのではないでしょうか?
 
そんな雪道を走るうえで欠かせないのが4WD(4輪駆動)。
 
中でもアウディ独自の4WDシステム“quattro”は、皆様から高い信頼を獲得しており、
 
アウディの大きな特徴の一つと言えます。
 
それもそのはず、アウディは世界初の「フルタイム4WD」を導入したパイオニアであり、
 
“quattro”の名は車名にも用いられるなど、アウディの長い歴史の中で確立された、
 
テクノロジーの代名詞的な存在なのです。
 
もともとはオフロード車両などの悪路を走る車のために開発された4WDの仕組みを、
 
量販車に組み込むことで、日常で遭遇する雨天時などの悪路走破性能を上げ、
 
また高速道路での走行安定性を大幅に向上させました。
 
アウディの“quattro”は、レース大会でも数多くの実績を残し、
 
現在の確かな信頼を得るまでに至っています。
 
 
◇アウディの4WD“quattro”はどんな仕組み??
路面状況によって前後のトルク配分をダイナミック可変制御することにより、
 
カーブ走行時のオーバーステア(内側への切れ込み)や、
 
アンダーステア(外側へのふくらみ)を抑制。そして滑りやすい路面においても、
 
高い安全性を生み出します。
 
車の走行が安定しているときには、トルクの配分も最低限となり、
 
燃費効率にも優れた機能です。
 
 
怖い雪道でのスリップなども、“quattro”は最小限に抑えてくれる、
 
まさにこの季節に頼りになる存在なのです!!
 
この“quattro”を搭載したモデルの試乗車がアウディ京橋にもございます。
 
アウディの確かな走行性能を、ぜひ1度、ご体感ください!
 
スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 
2019/01/23

いつもアウディ京橋ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

2019年は寒い日が続いています。

 

インフルエンザも警報レベルで流行しているようですね。

 

皆様の体調にはお変わりないでしょうか??

 

アウディ京橋はおかげさまでスタッフ一同、元気に活動しております!!

 

元気といえば、先週にはパワフルなアウディのエンジン『TFSI』について、

 

ご紹介をさせて頂きました。

 

アウディの優れた走行性能は『TFSI』エンジンがあってこそ!

 

アウディの心臓とも言える重要なエンジンです。

 

皆様の中には、こんなことを思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

「アウディってハイブリット車ってないの??」

 

世界的に関心の高いハイブリット車。

 

世界に誇る技術力をもつ日本の自動車メーカーでは、

 

充実したハイブリットのお車ラインアップがありますよね。

 

ハイブリット車とは、ガソリンなどを燃焼させて動力を生み出すエンジンに加え、

 

電動機(モーター)を組み合わされているのが大きな特徴のお車です。

 

代表的なハイブリットのお車には“プリウス”などが挙げられます。

 

なんといっても、電気の力で車を走らせることができるので、

 

燃費効率がよく、環境にも良いとされるのがハイブリット車の大きな強みです。

 

確かに、アウディの優れた『TFSI』エンジンでも、

 

最新のハイブリット車の燃費には敵いません。

 

ですが、ご安心ください。

 

すでにアウディは、『TFSI』エンジンにモーターを組み合わせたモデルを

 

2車種も!!発売しております。

 

ともに新型の“Audi A7 Sportback”と“Audi A8”でございます。

 

例えば、“A7”、“A8”には『3.0TFSI』エンジンを搭載したモデルがございますが、

 

このエンジンに加え、48ボルトの電気モーターシステムが組み合わされています。

 

モーターは最大で60Nmのトルクを生み出し、エンジンのパワーを助けます。

 

マイルドハイブリットシステムによって、走行中にエンジンの作動を必要最低限に

 

押さえることができ、燃費効率を大幅に改善することができます。

 

また、エンジンの作動と停止の切り替わりもスムーズなため、

 

走行中の快適性も損なわれません。

 

つまり、従来のアウディが持つダイナミックなパフォーマンスは維持したまま、

 

パワフルかつ効率的な走りを実現することができたのです。

 

現在はまだハイブリットシステムが採用されているモデルは少ないですが、

 

今後、より多くの量産モデルにも採用される予定です。

 

すでに、日本でも発表されている新型SUVの“Q8”もマイルドハイブリットの

 

採用が予定されております。

 

さらに、完全電気自動車の“Audi e-tron”なども発表されるなど、

 

アウディも新たなモビリティの開発に力を入れていることがわかります。

 

そんな新時代のアウディの先駆けとなった“A7”、“A8”は、

 

アウディ京橋でもご試乗ができます。

 

皆様ぜひ、アウディのハイブリットを一度体験してみてください。

 

スタッフ一同、心より皆様のご来場をお待ちしております。

2019/01/16
いつもアウディ京橋ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 
2019年の1月も折り返しを迎えました。
 
おかげさまで、5日に2019年の営業を開始してから、
 
非常に多くのお客様から、アウディについてのお問い合わせをいただいております。
 
本当にありがとうございます。
 
中でも、注目度が高いお車は、先週のブログでもご紹介した「Q2」です。
 
2017年に登場しアウディの新たなラインアップとして加わったこのモデルは、
 
デビュー前から大きな話題となっており、
 
コンパクトで取り回しの良いボディサイズや充実の装備など、
 
初めて車を購入したいと思っている方にもおススメ!
 
さらに、今までのアウディとは一味違う、特徴的なエクステリアデザインが、
 
すでにアウディにお乗りいただいている方の目を引くお車となっています。
 
「Q2」のデザインコンセプトは“ポリゴン(多角形)”。
 
アウディの顔とも呼べるシングルフレームグリルや、
 
Cピラー 部分のブレードデザイン、そしてボディサイドのプレスラインなどに、
 
コンセプトを感じることができます。
 
しかし、インテリアなどは、従来のアウディらしく、シンプルにまとまっており、
 
直感的な操作で運転ができるように仕上がっています。
 
この「Q2」のデザインを手がけたのはドイツ人のマティアス・フィンク氏
 
という30代の若きデザイナーです。
 
『1台で仕事も趣味も賄うことができる』車を作ろうと思ったとき、
 
この「Q2」にたどり着いたとおっしゃっています。
 
また、デザイナーのフィンク氏が30代ということもあり、
 
「Q2」は若い方々もターゲットとして作られています。
 
まさに、アウディに新たな風を吹き込んだ「Q2」ですが、
 
従来通り、飾りすぎず、一目でアウディとわかる見た目は変わっていません。
 
新しい中にも伝統をしっかりと残している車なのです。
 
さらに、この「Q2」は搭載されているエンジンにも大きな特徴があります。
 
現在、「Q2」には1.0ℓTFSIエンジンを搭載したモデルと、
 
1.4ℓTFSIエンジンを搭載した2つのエンジンタイプがございます。
 
この『TFSIエンジン』とは、アウディがほとんどのモデルで採用している、
 
「直噴ターボエンジン」の名称であり、アウディ以外も、
 
この「直噴ターボエンジン」を採用しているブランドは多くあります。
 
エンジンに過給機(ターボチャージャー)を組み合わせることで、
 
低排気量のエンジンで、よりパワーを生み出すことができます。
 
アウディの『TFSIエンジン』は、より効率的な過給システムを開発することで、
 
低速から最大トルクを生み出し、小排気量のため燃費効率にも貢献しています。
 
そんな優れた性能を誇る『TFSIエンジン』は、世界各国のエンジンをカテゴリー別に
 
選出する「インターナショナル エンジン オブ ザ イヤー」という賞に、
 
なんと9年連続で選ばれている確かな実績を持ったエンジンなのです。
(※選出されているエンジンは2.5ℓTFSIエンジンです。)
 
そのため、『Q2』ももちろん小排気で低燃費、かつパワーも申し分ありません。
 

●Q2 1.0 TFSI sportの、燃費・馬力・トルク
※2019年式のお車は「30 TFSI sport」という表記となります。
 
燃費(JC08モード燃費):19.8km/ℓ(パノラマサンルーフ装着時は18.8km/ℓ)
 
馬力(最高出力)      :85kW(116ps)/5000-5500rpm
 
トルク(最大トルク)  :200Nm(20.4kgm)/200-3500rpm
 
 

さて、本ブログでは度々『Q2』についてその魅力をご紹介してまいりました。
 
このブログをお読みになった皆様も今はすっかり『Q2』の虜になっていることでしょう!
 
そんな皆様のために、京橋では“Q2 Special Driving Days”を開催いたします。
 
このブログを見てアウディ京橋にQ2のご試乗希望でご来場された方に、
 
よりQ2の魅力を感じていただける特別試乗コースをご案内させていただきます。
 
ドライブ後はショールームにておいしいドリンクを飲んでQ2の魅力に浸ってください。
 
アウディ京橋スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
 
 
2019/01/10
いつもアウディ京橋ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 
2019年が本格的にスタートしました!!
 
皆様、年末年始はどのようにお過ごしになられたでしょうか。
 
今年は平成が終わる年でもあり、増税を控えた年でもあります。
 
まさに激動の1年を予感させる2019年ですが、
 
アウディ京橋ショールームは変わらず皆様に感動の出会いと、
 
素敵なカーライフをご提供できるよう、精進してまいりますので、
 
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
さて、5日より通常営業を開始した京橋ショールームの今回のブログは、
 
2019年に爆発的に人気が出るであろうアウディのモデルをご紹介いたします!!
 
それが『Audi Q2』です。
 
2017年に“#型破る”と題して登場したQ2は、
 
アウディのSUVモデルとして、新たに誕生した車です。
 
狭い道、小さい駐車場・・・日本のドライバーを苦しめる2つの問題を、
 
そのコンパクトなサイズで文字通り“型破り”してくれる1台となっております。
 
さらに、その小さいボディにはレーダーやセンサーなどの安全装備も充実しており、
 
万が一の事態にも備えることができます。
 
サイズ感、機能のどちらも申し分ないQ2ですが、
 
そもそも、Q2が位置している『SUV』という車とは一体どういった車なのでしょうか?
 
SUVとは・・・・・・「Sport Utility Vehicle(スポーツ ユーティリティ ビークル)」の略称。
 
日本語では「多目的スポーツ車」と呼ばれます。
 
つまり、簡単にSUVを説明すると、
 
『日常生活からレジャーまで、多目的に使用できるスポーティな車』ということになります。
 
通常の車にオフロードを走破できる走行性能や、スポーティな見た目、
 
人や荷物がたくさん載る。など、様々な車の使用用途を1台にまとめた結果、
 
現在のSUVのような車高が高く大きいタイヤのモデルが完成していったのです。
 
近年、世界中で人気の高いSUVですが、その歴史は古く、
 
始まりは1940年代までさかのぼることができます。
 
当時も、「仕事と遊びの両方に使える車」として開発されたモデルなど、
 
異なる2つの要素を混ぜ合わせてSUVは誕生しました。
 
その後、“ジープ”や“レンジローバー”など、現在のSUV人気モデルなどが
 
登場し、市場をにぎわせるようになっていきます。
 
現在では、SUVにさらなる要素を掛け合わせ、各ブランド独自のモデルが
 
たくさん登場しています。
 
例えば、トヨタのランドクルーザーのように4WDによる悪路の走破性を高めたモデルや、
 
BMWのX4など車高の高いSUVでありながらクーペのようなシルエットのモデル、
 
さらに日本ではスズキのジムニーのような軽自動車のSUVなども登場しています。
 
海外のブランドもこのSUV人気の波を受け、
 
ロールスロイスやマセラティ、ランボルギーニといった「超高級車」×SUV、
 
のような組み合わせも出てきています。
 
さて、ここまでSUVの説明をしてきましたが、『Audi Q2』はどんなSUVなのか、
 
それは「プレミアム コンパクト SUV」です!!!
 
これまでのSUV=大きいという概念を覆し、小さいながらも確かな走行性能と、
 
居住スペースを確保した車としてQ2は確かな存在感を放っています。
 
国産のブランドも、ホンダのヴェゼルなど、
 
コンパクトSUVと呼ばれるモデルを出していますが、
 
アウディのQ2は“プレミアム”一味違います。
 
~Q2が他のコンパクトSUVと異なるポイント~
 
  1. 1、驚きのボディサイズ
 
全長×全幅×全高:4200×1795×1530(※ナビゲーションパッケージ装着時)
 
そうなんです!SUVなのに車高が高すぎず機械式駐車場に入る高さなんです!!
 
マンションなどで駐車場サイズに悩まれている方にもSUVという選択肢が消えません!
 
  1. 2、低排気量&低燃費の優れたエンジン
 
Q2のエンジンサイズは999cc(※1394ccのモデルもございます。)と小排気です。
 
そのため燃費もよく、環境とお財布に優しいモデルです。
 
しかしながらターボチャージャーが付いているため、加速性能なども十分です。
 
  1. 3、見かけによらない室内空間
 
コンパクトな車になるとどうしても気になるのが室内の広さです。
 
ですがコンパクトなQ2の中に乗り込んでみると、そこには狭さを感じさせない
 
開放的な空間が広がっています。
 
大人4人でも十分乗れる広さはもちろん、荷室も通常時405ℓと、
 
申し分ない容量が確保されています。
 
さて、長々とQ2、そしてSUVについて説明してまいりました。
 
ここまで読んだ皆様はさぞかしSUV、さらにはQ2への興味が高まったことでしょう。
 
そんな皆様のために、アウディ京橋ではQ2の試乗車と展示車を取り揃えております。
 
さらに!1月の12日、13日はフェアも開催中!
 
Q2にはお得なご購入サポートのご案内も行っております!!
 
さあ、この週末はアウディ京橋ショールームへ!!
 
スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
 
 
2019/01/09

いつもアウディ京橋ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

今年も5日からエンジン全開で営業しておりますアウディ京橋ショールームですが、

 

本日、9日、ある1台の車が緊急入荷、展示を開始致しました。

 

その名も『Audi A4 allroad quattro “Absolute”』!!!

 

“Absolute”です。意味は“絶対的な”です。

 

なんとも自信に満ちた名称の限定車です。

 

さて、一体どんな限定車なのか、、、??

 

とその前に、そもそも『A4 allroad quattro』てなんやねん!!

 

と思った方もいらっしゃるでしょう。

 

まずはA4 allroad quattroについてご紹介いたします。

 

「A4」についてはご存知の方も多いかと思います。

 

言わずと知れた、アウディの主力ラインアップの1台です。

 

セダンとワゴンの2つのボディタイプがあり、どちらも人気の高い車となっています。

 

そしてこの2種類あるA4のもう1つのモデルこそ、「allroad quattro」なのです。

 

見た目はワゴンタイプの「A4 Avant」と非常によく似てますが、

 

拡張されたフェンダーアーチや、縦にラインの入ったシングルフレームグリル、

 

そして通常よりも5.5cm高くなった車高など、allroad独自の仕様が採用されています。

 

ルーフレールも高さが加えられており、「Avant」よりも力強いイメージを、

 

エクステリアから感じることができます。

 

“allroad quattro”の歴史は日本においては2001年の初代allroad quattroが始まりです。

 

この初代allroad quattroは、当時のA6 Avantをベースに開発され、

 

これまでのワゴンの実用性と、SUVの走行性能を掛け合わせたモデルとして、

 

デビュー当時から非常に高い人気を誇っていました。

 

A4のallroad quattroが導入されたのは、日本では2010年になってからです

 

当時はallroad quattro自体が250台限定の特別仕様車として発売され、

 

2014年以降、カタログモデルとして、現在まで販売を行っております。

 

つまり、A4 allroad quattroは、クロスオーバータイプといえるモデルです。

 

近年では異なる特徴をもつ2種類の車を掛け合わせた『クロスオーバー』タイプの

 

車を世界各国のブランドが販売しております。

 

例えば、クーペとSUVを掛け合わせた『SUVクーペ』のようなものも、

 

クロスオーバータイプのモデルと言えます。

 

A4 allroad quattroはワゴンとSUVのクロスオーバーモデルということなんです。

 

ワゴンとSUVの優れた点を凝縮しながら、アウディ伝統の「クワトロシステム」

 

によって更なる高みへと到達した“A4 allroad quattro”は、

 

今回登場した限定車のように、まさに『絶対的な』1台なのです。

 

今回の限定車では、専用色「クワンタムグレー」がボディに採用されており、

 

特徴あるフェンダーアーチにはマンハッタングレーが採用され、

 

2色のグレーによるコントラストが見る者を魅了します。

 

室内はブラックで落ち着きと高級感のある仕様となっており、

 

アルミのパネルがスポーティさを演出します。

 

もちろんアウディ独自の4輪駆動システム「クワトロ」が採用されており、

 

どんな道でも力強く走り抜けていきます。

 

さらにエンジンは2.0TFSIエンジンが採用され、252馬力のパワーが、

 

クワトロシステムを支えています。

 

そんな“A4 allroad quattro Absolute”が京橋ショールームに現在展示中なので、

 

このブログをご覧になった方はショールームまでお越しいただくほかありません。

 

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ち申し上げております。

2019/01/01

新年、あけましておめでとうございます。

 

平成として迎える最後の年であり、大きな節目とも言える2019年はいのしし年です!

 

まさに今年は『猪突猛進』!いのししのごとく、

 

フルモデルチェンジや新型モデルの発表が続き大盛り上がりだった2018年以上に、

 

スタッフ一同、皆様にアウディの魅力をお届けできるよう、

 

突き進んで参ります。どうぞ本年もよろしくお願い致します。

 

さて、元日である今日はショールームはお休みとさせて頂いております。

 

ですが皆様への新年のご挨拶とともに、

 

2019年の営業開始の初日から開催される“フェア”のご案内をさせて頂きます。

 

その名も「Audi New Beginning Fair」!!!!!!!

 

これから始まる新たな1年をアウディが応援致します。

 

新春ならではのフェアとなっており、素敵なプレゼントもご用意しております。

 

お正月明けの土日ということで、予定が決まってない方も多いのではないでしょうか?

 

アウディ京橋では、皆様のご来場をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

 
 
〒104-0031 東京都中央区京橋2-10-2ぬ利彦ビル南館 1F
ショウルーム
営業時間:09:30-19:00 (土曜日・日曜日は9:30~18:00)
定休日:月曜日,年末年始 月曜日が祝日の場合はショウルームオープン(GW4/30~5/1はお休みとなります)
TEL 03-5250-7701FAX: 03-3561-1021
取扱ブランド
  • Audi
PAGE TOP