トピックス
キャンペーン・新車情報
YANASE's Volkswagen スペシャルコンテンツ
アフターサービス
エコカー減税
ご購入サポート
試乗申込み
お見積り申込み
カタログ請求
商談申込み
展示車・試乗車検索
サービス入庫予約
フォルクスワーゲン東京深川店 仮店舗のご案内
YANASE's Volkswagen スペシャルコンテンツ
アフターサービスのご案内
ドライブレコーダー
ヤナセヴィークルワールド推奨ホイールセット
ヤナセカーケアシステム
YANASE’s Volkswagen History

ヤナセとともに始まった、日本におけるフォルクスワーゲンの歴史。

YANASE’s Volkswagen History Catalog collection

YANASE’s Volkswagen History

フォルクスワーゲンの誕生は、第二次世界大戦前まで遡ります。アドルフ・ヒトラーによるドイツ・ナチス政権時代の1937年、国民車を生産するという目的で国営企業「ドイツ国民車準備会社」が設立されました。この国民車こそが初代タイプ1(通称ビートル)であり、開発は後にポルシェ社を創業するフェルディナント・ポルシェ博士が任命されました。時速100キロの速度で大人3人と子供2人が乗車可能なこと、空冷エンジンを採用し7リッターの燃料で100kmの走行(1リッターあたりの燃費が14.3q以上)が可能なこと、価格は1千000ドイツマルク以下であることなどの厳しい条件をクリアするため、プロトタイプをもとに市販に向けた改良が行われていた1939年、第二次世界大戦が勃発。国民車として完成する前に、キューベルワーゲンに代表される軍用車両に転用され、世に出ることになりました。
1945年、ドイツの降伏により第二次世界大戦が終結。フォルクスワーゲンの工場も多大な被害を受けましたが、早くもその年に当初の目的だったタイプ1を生産することができました。タイプ1は、空冷水平対向4気筒エンジンを積んだリアエンジン・リアドライブの2ドア4人乗り。経済性と耐久性で注目を集めましたが、このクルマの魅力はそれだけではありませんでした。後に「Customer Comes First=顧客第一主義」という標語を生みだした、他社にはない、優れたアフターセールス体制を重要戦略の一つとして掲げました。それが多くの人に支持され、アメリカをはじめとする世界中に輸出されるようになり、復興に向けたドイツに貴重な外貨をもたらしました。
タイプ1の成功を受けて、フォルクスワーゲンはラインアップを拡大。1950年に通称「ワーゲンバス」と呼ばれるタイプ2、1955年にスポーツクーペのカルマンギア、1961年にセダンタイプのタイプ3、1968年に4ドア・ワゴンのタイプ4を発表し、多くの人に支持されました。

YANASE’s Volkswagen History

日本におけるフォルクスワーゲンの歴史は、1952年に極東地域への販促プロモーションとして、ハインリッヒ・ノルトホフ社長が4台のフォルクスワーゲンとともに来日したことから始まります。
フォルクスワーゲンの名声はすでに日本でも知られており、4台は当時の梁瀬自動車芝浦工場(現在の株式会社ヤナセ本社)にも運ばれ、つぶさに観察されました。この販促プロモーションは好評で、ヤナセを含めて10数社がアプローチを試みました。当時のヤナセはアメリカのGM社との関係がありましたが、紆余曲折を経て契約を締結。1953年からフォルクスワーゲンの販売を開始し、この年はタイプ1が105台、タイプ2が3台の合計108台のフォルクスワーゲンが輸入されました。
古いタイプ1はリアガラスの形状で識別されますが、ヤナセが輸入したタイプ1は後方視界を確保するためにセンターの柱が廃止された“オーバルウインドウ”以降のモデルになります。販売価格は、スタンダードが74万円、デラックスが80万円。当時の国家公務員の大卒初任給が7,650円であり、タイプ1は庶民にとって「高嶺の花」でしたが、展示会にはたくさんの人が訪れ多くのファンを獲得しました。

ヤナセ創立100周年を記念して、Volkswagen輸入第一号車を特別展示中。


 2015年5月25日、おかげさまでヤナセは創立100周年を迎えます。それを記念した、Volkswagen輸入第一号車の「ビートルスタンダード」は2015年12月現在、東京支店にて展示されております。

 この輸入第一号車は、1952年に販路開拓目的で来日したVolkswagen社のハインリッヒ・ノルトホフ社長一行が持ち込んだサンプルカー4台(ビートル スタンダード、ビートル デラックス、マイクロバス、コンビ)のうちの1台と言われているクルマです。当時、ビートルはひと足早く駐留軍人や各国大使館員などによって日本に持ち込まれており、その性能や品質は話題になっていました。それが功を奏し、Volkswagen社のプロモーションは大成功。10数社が名乗りを上げ、最終的にヤナセがその権利を獲得しました。  1953年1月16・17日、ヤナセは前記のサンプルカー4台を東京・日本橋で行なった展示会で公開。約6,000名の来場者と380件の注文があった、という記録が残っています。

1953年はまだ戦後8年目であり、当時の国家公務員の大卒初任給が7,650円。対して、スタンダードが74万円、デラックスが80万円とビートルは「高嶺の花」でしたが、この年は105台が販売されました。
 展示されたビートルは、ドイツに戻ることなくそのままヤナセが保管。日本法規に適合させる改造が行なわれ、ナンバーを取得。実際に日本の道路で使用された後、塗装やバンパー交換など、ボディも修理されました。

 今回、ヤナセ創立100周年を迎えるにあたって、貴重な存在である輸入第一号車を 公開することにしました。レストア整備を実施し、ボディは塗装し直しましたが、車内やエンジンルームはクリーニングのみ。タイヤも新品に交換しましたが、それ以外の部品は磨き処理だけに止めるなど、あえて当時のコンディションにこだわって再現しました。

21世紀にタイムスリップした初代ビートルの素晴らしさを、ぜひ一度ご覧ください。

今回、ヤナセで撮影された当時の写真と、その当時のカタログを掲載します。是非、現在のVolksagen車との比較や、当時の車を取り巻く環境のちがいなど、お楽しみください。

TOP