次世代のパイオニア

それは、ヴィジョンから生まれ、 eモビリティによって具現化された一台。
効率に優れたBMW eDriveテクノロジーとe-AWDシステムを搭載しているBMW iXは、格段に長い航続可能距離と感動に値するほどの加速性能を実現します。

ラインアップ/価格

  • iX
  • iX3
車両本体価格(※税込) 9,810,000
トランスミッション -
ドア数 5ドア
ステアリング・ホイール・ポジション

※価格は、税金(消費税を除く)、保険料、登録の諸費用、付属品価格等を含まない車両本体価格です。リサイクル料金が別途必要となります。
※価格は2022年1月のものです。予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。

BMW iX:次世代のパイオニア
それは、ヴィジョンから生まれ、 eモビリティによって具現化された一台。効率に優れたBMW eDriveテクノロジーとe-AWDシステムを搭載しているBMW iXは、格段に長い航続可能距離と感動に値するほどの加速性能を実現します。そのコックピットでは、インテリジェントなBMWオペレーティング・システム8によって、極めて先進的かつ直観的な操作が可能です。

車両本体価格(※税込) 11,160,000
トランスミッション -
ドア数 5ドア
ステアリング・ホイール・ポジション

※価格は、税金(消費税を除く)、保険料、登録の諸費用、付属品価格等を含まない車両本体価格です。リサイクル料金が別途必要となります。
※価格は2022年1月のものです。予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。

BMW iX:次世代のパイオニア
それは、ヴィジョンから生まれ、 eモビリティによって具現化された一台。効率に優れたBMW eDriveテクノロジーとe-AWDシステムを搭載しているBMW iXは、格段に長い航続可能距離と感動に値するほどの加速性能を実現します。そのコックピットでは、インテリジェントなBMWオペレーティング・システム8によって、極めて先進的かつ直観的な操作が可能です。

車両本体価格(※税込) 8,620,000
トランスミッション -
ドア数 5ドア
ステアリング・ホイール・ポジション

※価格は、税金(消費税を除く)、保険料、登録の諸費用、付属品価格等を含まない車両本体価格です。リサイクル料金が別途必要となります。
※価格は2022年1月のものです。予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。

標準装備のM スポーツ・パッケージの新しいデザインで、新BMW iX3はかつてないほどスポーティーな外観に。エアロダイナミックなエレメントとブルーのアクセントは、BMWの電気自動車の特徴を美しく表現。長距離ドライブでも、ちょっとそこまでのお出かけでも、最長461km*の航続可能距離と、18.5kWh/100kmの電力消費率は、どのようなシチュエーションにもマッチします。

*記載の情報やデータは一部ヨーロッパ仕様車値を含みます。仕様が異なる場合や日本導入時に変更となる場合もありますので予めご了承下さい。

主要諸元

  • iX
  • iX3
  • iX xDrive40

    寸法・定員

    全長x全幅x全高(mm) 4,955x1,965x1,695
    ホイールベース(mm) 3,000
    ラゲージ・ルーム容量(リットル) 500
    (後席折りたたみ時 1,750)
    定員(名) 5

    エンジン

    型式 -
    種類 -
    総排気量(cc) -
    最高出力(kW 〔ps〕 / rpm (EEC)) 190〔258〕/7,000/200〔272〕/7,000
    最大トルク(Nm 〔kgm〕 / rpm (EEC)) 290〔29.6〕/0-5,000/340〔34.7〕/0-5,000

    ステアリング・ホイール・ポジション/型式

    ステアリング・ホイール・ポジション
    型式 ZAA-12CF89S

    燃費消費率

    燃料消費率WLTCモード(国土交通省審査値)(Wh/km)*1*2 183
    市街地モード:180
    郊外モード:177
    高速道路モード:188
    2020年度燃費基準 WLTCモード 450
    iX xDrive50

    寸法・定員

    全長x全幅x全高(mm) 4,955x1,965x1,695
    ホイールベース(mm) 3,000
    ラゲージ・ルーム容量(リットル) 500
    (後席折りたたみ時 1,750)
    定員(名) 5

    エンジン

    型式 -
    種類 -
    総排気量(cc) -
    最高出力(kW 〔ps〕 / rpm (EEC)) 190〔258〕/8,000/230〔313〕/8,000
    最大トルク(Nm 〔kgm〕 / rpm (EEC)) 365〔37.2〕/0-5,000/400〔40.8〕/0-5,000

    ステアリング・ホイール・ポジション/型式

    ステアリング・ホイール・ポジション
    型式 ZAA-22CF89A

    燃費消費率

    燃料消費率WLTCモード(国土交通省審査値)(km/L)*1*2 190
    市街地モード:193
    郊外モード:183
    高速道路モード:194
    2020年度燃費基準 WLTCモード 650

    ●記載の仕様と主要諸元について

    *1:国土交通省審査値。交流電力量消費率、一充電走行距離は定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。
    *2: WLTCモード:市街地(信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定)、郊外(信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定)、高速道路(高速道路等での走行を想定)の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。

    記載の仕様、諸元は予告なく変更することがありますのでご了承ください。(この内容は2021年11月4日現在のものです)
    記載の諸元やデータは国土交通省届出値を基にしていますので、メーカー公表値と異なる場合があります。また、一部ヨーロッパ仕様車値を含みます。
    本サイトに記載の諸元やデータおよび写真は、日本で販売されるモデルとは細部で異なる場合があります。また一部オプションを含みます。
    記載の事項および写真の版権は、BMW AG(ドイツ)およびビー・エム・ダブリュー株式会社に帰属します。無断転載を禁じます。
    ※ 燃料消費率は、定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

  • iX3 M Sport

    寸法・定員

    全長x全幅x全高(mm) 4,740x1,890x1,670
    ホイールベース(mm) 2,865
    ラゲージ・ルーム容量(リットル) 510
    (後席折りたたみ時 1,560)
    定員(名) 5

    エンジン

    型式 -
    種類 -
    総排気量(cc) -
    最高出力(kW 〔ps〕 / rpm (EEC)) 210〔286〕/6,000
    最大トルク(Nm 〔kgm〕 / rpm (EEC)) 400〔40.8〕/0-4,500

    ステアリング・ホイール・ポジション/型式

    ステアリング・ホイール・ポジション
    型式 ZAA-42DU44

    燃費消費率

    燃料消費率WLTCモード(国土交通省審査値)(Wh/km)*1*2 168
    市街地モード:160
    郊外モード:159
    高速道路モード:178
    一充電走行距離 WLTCモード(km)*1*2 508

    ●記載の仕様と主要諸元について

    *1:国土交通省審査値。交流電力量消費率、一充電走行距離は定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。
    *2:WLTCモード:市街地(信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定)、郊外(信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定)、高速道路(高速道路等での走行を想定)の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。

    記載の仕様、諸元は予告なく変更することがありますのでご了承ください。(この内容は2021年11月18日現在のものです)
    記載の諸元やデータは国土交通省届出値を基にしていますので、メーカー公表値と異なる場合があります。また、一部ヨーロッパ仕様車値を含みます。
    本サイトに記載の諸元やデータおよび写真は、日本で販売されるモデルとは細部で異なる場合があります。また一部オプションを含みます。
    記載の事項および写真の版権は、BMW AG(ドイツ)およびビー・エム・ダブリュー株式会社に帰属します。無断転載を禁じます。
    ※ 燃料消費率は、定められた試験条件での値です。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

BMW iX

特徴

650KM*もの航続可能距離を達成。

650km*の航続可能距離を実現するBMW iX xDrive50(BMW iX xDrive40は450km*)は、都市部の走行でも長距離ドライブでもその特性を発揮し、日常をランクアップさせます。さらなる効率を追求すべく、高度なエアロダイナミクス技術によって研ぎ澄まされたボディは、190Wh/km未満(BMW iX xDrive50の場合。BMW iX xDrive40の場合は183Wh/km未満)のエネルギー消費量とわずか0.25というクラスでも類のない卓越したCd値を達成しています。BMW iXをMyMode Efficient仕様にすることで、この効率性をより一層高めることも可能です。

*一充電走行距離(国土交通省審査値)、交流電力量消費率(国土交通省審査値)、燃料消費率(国土交通省審査値)は定められた試験条件での値です。 使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて数値は大きく異なります。WLTCモードとは、市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードのことです。

523psもの強大なパワーを発揮。

2つの強力な電気モーターとBMW xDriveのe-AWDを備えるBMW iXは、卓越した電気駆動パフォーマンスを発揮。BMW iX xDrive50は、523psという最高出力によって、0から100km/hまでわずか4.6秒で駆けぬけます(BMW iX xDrive40は、最高出力326psで0-100km/h加速6.1秒)。
瞬時に発生する強大なトルクと停止状態からのスムーズな加速によって、あらゆるアクセル操作に対し迅速でダイレクトなレスポンスを実現。このSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)は、驚くほど自信に満ちた電気自動車のパフォーマンスを見せつけます。

ミニマルなインテリア・デザイン
リヤのラウンジ・シート
スカイ・ラウンジ・パノラマ・ガラス・サンルーフ
BMWカーブド・ディスプレイ
  • ミニマルなインテリア・デザイン

    シンプルに研ぎ澄まされたインテリア・デザインでは、本当に必要なものだけがコントロール機能とディスプレイに集約されています。センター・コンソールには、クラフテッド・クリスタル・フィニッシュが施されたiDriveコントローラーとFSC認証ウッドをサーフェスに用いたセンサー面が組み合わされ、アクティブな触覚とタッチ・コントロール機能による操作を可能にしています。

  • リヤのラウンジ・シート

    センター・トンネルを廃したことによって、リヤ・ベンチ・シートではより広々とした空間とラウンジにゆったりと憩うような気分を満喫することができます。すべてのシートにヘッドレストが備わり、ヒーターや一体型スピーカーをオプション装備することも可能です。またシートのバックレストは40:20:40の分割可倒式となっており、広いラゲージ・スペースをよりフレキシブルに拡張することができます。

  • スカイ・ラウンジ・パノラマ・ガラス・サンルーフ

    開口部が非常に大きいスカイ・ラウンジ・パノラマ・ガラス・サンルーフは、寛ぎに満ちた室内に明るさと開放感を与えます。調光技術によって、プライバシーを高めたり直射日光から保護するエレクトロクロミック・シェードを採用。ルーフ・ライナーがないため、すべての乗員により広々としたヘッド・クリアランスをもたらしています。

  • BMWカーブド・ディスプレイ

    BMW iXは、量産車で初めての曲面ディスプレイを採用しています。センター・ディスプレイとコントロール機能が集約され、人間工学的にドライバーの操作性・視認性を高めるだけでなく、視覚的にも未来志向のデザインを強調。12.3インチのインフォメーション・ディスプレイと14.9インチ・コントロール・ディスプレイがひとつのユニットにまとめられ、先進的な外観のスクリーンに見やすく情報を表示します。

デザイン

わずか数本のキャラクター・ラインと明快な面構成が、BMW iXに独特のモノリシック・シェイプをもたらしています。あらゆるディテールを現代的なデザイン言語と巧みに融合させることによって、ミニマルながら印象に残る外観へと仕上げているのです。
またエクステリアにおいても高効率を追求するため、最新のエアロダイナミクス技術によって全身を磨き上げています。後方へ狭まりながらリヤまで続くウインドー・グラフィック「ストリームフロー」などのディテールも相まって、わずか0.25という卓越したCd値を達成しています。
これに加え、BMWのSAVでは初採用のフラッシュ・ドア・ハンドルとフレームレス・ドアが、次世代のパイオニアにふさわしいサイド・ビューを印象づけるのです。

BMW アフターサービス

充実の保証、万全のサービスでBMWライフをサポートします。