ヤナセヴィークルワールド フォルクスワーゲン週末フェアのご案内
TさいSUV T-Cross
いい音で、ドライブの楽しみも、さらにUP! cross up!
アルミホイール & スタッドレスタイヤセット 特別価格キャンペーン実施中
Golf Touran TDI Premium
Golf GTI TCR
1.66%特別低金利実施中!
2.66%特別低金利実施中!
Polo TSI Comfortline Limited
軽油の Golf デビュー
New Golf Variant ディーゼルモデルデビュー
Sharan ディーゼルモデルデビュー
「ヤナセヴィークルワールド フォルクスワーゲン週末フェアのご案内」のサムネイル画像
TさいSUV T-Cross
「いい音で、ドライブの楽しみも、さらにUP! cross up!」のサムネイル画像
アルミホイール & スタッドレスタイヤセット 特別価格キャンペーン実施中
Golf Touran TDI Premium
Golf GTI TCR
「1.66%特別低金利実施中!」のサムネイル画像
「2.66%特別低金利実施中!」のサムネイル画像
「Polo TSI Comfortline Limited」のサムネイル画像
「軽油の Golf デビュー」のサムネイル画像
「New Golf Variant ディーゼルモデルデビュー」のサムネイル画像
「Sharan ディーゼルモデルデビュー」のサムネイル画像

店舗情報

ヤナセとフォルクスワーゲンの歩み

 ドイツで国民車の代名詞と言われたフォルクスワーゲンは、通称「ビートル」と呼ばれたタイプ1や「ワーゲンバス」と呼ばれたタイプ2、ゴルフなどの名車を生み、多くの人に支持されました。
日本におけるフォルクス ワーゲンの歴史は、1952年にフォルクスワーゲン社ハインリッヒ・ノルトホフ社長が4台のフォルクスワーゲンとともに来日したことから始まります。フォルクスワーゲンの名声はすでに日本でも知られており、4台は当時の梁瀬自動車芝浦工場(現在の株式会社ヤナセ本社)にも運ばれ、つぶさに観察されました。そして、紆余曲折を経て販売契約を締結。1953年からフォルクスワーゲンの販売を開始し、この年はタイプ1が105台、タイプ2が3台の合計108台のフォルクスワーゲンが輸入されました。
その後も国内販売でゴルフをヒットさせ、日本における輸入車ブームの火付け役となりました。

ヤナセ写真と本国フォルクスワーゲン写真との交流

略年表

  • 1937年(昭和12年)初代タイプ1(通称ビートル)誕生
  • 1950年(昭和25年)通称「ワーゲンバス」と呼ばれるタイプ2発表
  • 1953年(昭和28年)ヤナセが108台のフォルクスワーゲンを輸入・販売を開始
  • 1954年(昭和29年)フォルクスワーゲンの輸入販売権をヤナセが獲得。日本への本格的なフォルクスワーゲン輸入がはじまる
  • 1992年(平成 4年)輸入販売をフォルクスワーゲン日本へ移管
  • 2005年(平成17年)YANASE Vehicle Worldが販売再開
  • 2013年(平成25年)日本でのフォルクスワーゲン販売開始60周年
ヤナセとともに始まった、日本におけるフォルクスワーゲンの歴史。