GLC

GLC LINE UP

GLC CLOSE UP

GLC EXTERIOR

SUVにメルセデスの上質さを。

メルセデスのベストセラーSUVがまったく新しく生まれ変わりました。
SUVらしい逞しさに加えて、流麗で洗練を身につけたシルエット。インテリアはリアルウッドインテリアトリムを採用したことで、さらに上質な空間となっています。
日常で扱いやすいボディサイズと取り回しの良さはそのままに、パワートレインに電動化技術「ISG」を採用したことで、走りはさらにスムーズになり、燃費も改善しています。

GLC FEATURE

美しさと使いやすさを兼ね備えたインテリアデザイン。

GLCの進化を象徴するのが、まったく新しくなったインテリアデザインです。ダッシュボードには縦型11.9インチのメディアディスプレイを採用。ドライバー側に傾けたデザインとすることで、視認性と操作性を高めています。このメディアディスプレイには、GLCを操作するための機能を集約。また、ナビゲーション、安全運転支援システムなどの各種設定は、最新世代のステアリングホイールにより、すべて手元で完結。多機能でありながらも扱いやすいクルマに仕上げられています。インテリアトリムにリアルウッドを採用しているのも特徴で、自然素材ならではのテクスチャーがインテリアに華やぎと癒しをもたらします。

生体認証で、お気に入りの状態に簡単に調整。

指紋や音声といった生体認証により、お気に入りの状態に簡単に調整可能。シートポジションやステアリング、ミラーのポジションやコックピットディスプレイの表示スタイル、ナビゲーションの設定に加えてペアリングしたスマートフォンの設定を統合して読み込みます。複数のドライバーでクルマを運用する方にはとくに便利にご利用いただけます。また、インテリアを彩る「アンビエントライト」は新たに64色から選択可能で、単色での発光に加えて連続で色が変化するグラデーション表現も選べるようになりました。乗員を迎え入れる演出のほか、エアコンの温度設定に連動して赤や青に点灯します。

さらに大容量に、使いやすくなったラゲッジルーム。 

大人数での旅行やアクティビティにも、GLCであれば対応可能です。ラゲッジルームの容量は620ℓから1680ℓと大容量。標準装備されるカーゴポジションによって後席の背もたれ角度を調整することで、先代モデルよりもさらに70~80ℓ広いスペースが現れます。車外から荷物を隠す役割もあるラゲッジルームカバーは、必要のないときにはフロア下に格納できるように設計されています。また、オプションとなるAIRMATICサスペンションを装着することで、乗車人数や積載状況に応じて車両の姿勢や車高は自動的に調整されます。

シーンに合わせた最適な制御を行うドライブモードを搭載。

SUVの良さであるマルチな使い勝手の良さ。それを引き出すのがドライブモードです。街中では快適性を、高速道路や運転を楽しむ時にはスポーティさをといったように、シチュエーションに合わせてクルマの特性が最適化されます。新たに搭載されたOFFROADモードにより、雪道や悪路といった不安定な路面状況での走破性が高まりました。クルマのフロン部分下方の路面映像を映し出す「トランスペアレントボンネット機能」により、進路上にある大きな石や窪みなどの障害物をいち早く確認できます。

GLC SAFETY

極めて正確な配光で暗闇を照らす、高解像度のDIGITALライト。

最先端のデジタル技術がヘッドライトを次のレベルに進化させました。片側130万個のマイクロミラーが高精細な配光制御を行う革新的なDIGITALライトは、対向車線の車両や周囲の状況に合わせて光度/照度を自動調整。ハイウェイモードやカントリーモード、そしてフォグランプ強化機能など、数多くの照明機能が夜間ドライブの安全や疲労低減に大きく貢献します。

ドライバーの負担を軽減する進化したインテリジェントドライブ。

高度な運転支援技術をいち早く導入することで、自動車の安全性をリードしてきたメルセデス。GLCには最新の考え方とテクノロジーが搭載されています。高速道路での運転支援機能もさらに進化。360度カメラシステムを車線認識に活用する「アクティブステアリングアシスト」は多くのカーブに対応可能で、長距離ドライブでの負担を大いに軽減。さらに、衝突の危険を検知してドライバーのステアリング操作をサポートする「緊急回避補助システム」など、事故を未然に防ぐ機能も進化しています。

GLC GALLERY