消棒RESCUE
消棒RESCUE
もしもの時に備えて

もしもの時に備えて…

火災

車両での思い掛けない出火の初期消火に

衝突事故

ボディが変形し、ドアが開かない

水没事故

水圧でドアが開かないバッテリーも損傷、パワーウィンドウが動かない

横転事故

シートベルトに全体重がかかり外れないドアが変型し開かない

子どもの首しまり事故

シートベルトを子供が首に巻き付けて外れない

火災はいつも予期せずやって来る

火災はいつも予期せずやって来る

緊急時車輛脱出機能(シートベルトカッター・ドアガラス破砕)と二酸化炭素で初期消火するこの簡易消化具「消棒RESCUE」は、交通事故・ゲリラ豪雨などの水害・車両火災などに威力を発揮します。自らの生命と財産(愛車)を守る為、「消棒RESCUE」の車載をお勧めします。

自動車のドアポケットに固定でき、いざと言う時に必要な運転席から手の届く場所に収納可能です。

設置場所例

特長

  • エンジン周辺火災・電気系統火災(通電中も可)に最適です。二酸化炭素は、電気を通さず不活性ガスの為、ガソリン車、ハイブリッド車や電気自動車のバッテリー火災に有効です。消火後全く周囲を汚しません。
  • 火力発電所等から排出する二酸化炭素を使用しているので環境にやさしく、二酸化炭素の固定化になり地球温暖化防止に貢献します。
  • 食品添加物の二酸化炭素を利用しており、身体に安全です。(ビール・コーラ等炭酸飲料に使用と同じ)
  • 車室内高温環境下でも十分に耐える構造設計(-20度~105度)となっており安全です。
  • 自動車メーカー純正用品に指定(ホンダ・スバル・三菱自動車他)されていますので品質・信頼性は充分です。

社会支援ツールとしての役割

  • 「消棒RESCUE」を車載することで、自己車両に限らず他の車輌においても、ドライバーの脱出救助や車輌火災の初期消火活動で社会貢献できるクルマ社会を目指します。
  • 安全の確保と消防・救急への通報を優先してください。

注意

  • 初期火災の器具ですので、火災の大きさ、消火の時期、火災の条件の違いにより消火できない場合があります。無理な消火作業をつづけることにより、火災拡大を引き起こさないよう、消防署に連絡の上、周囲の人に声をかけ、応援を求めるよう心がけてください。
  • 火の勢いが強く、燃焼範囲が広い場合はすぐに退避してください。
  • この商品は車載専用です。
Co2消火具「消棒シリーズ」経歴
05年 経済産業省「新連携」全国第1号事業認定
08年 NHKニュースで国内外に紹介される
08年 ホンダ純正用品として採用
09年 三菱自動車・富士重工業の純正用品として採用
09年 日刊自動車新聞社 用品大賞 セーフティー部門賞受賞
09年 東京都トライアル発注制度認定

【仕様】

●サイズ:巾60×奥行き45×長さ195(mm)●重量:約370g ●車室内使用温度範囲:-20℃~150℃ ●放射時間:約8秒 ●消火薬剤の名称及び量:二酸化炭素62g ●品質保証期限:封印シールに記載 ●本体:made in japan

PAGE TOP