空気充填! チッ素充填!見た目に判らない、大きな差。

ご存知ですか?タイヤに異常が無くても、タイヤの空気は自然に抜けていきます。ミクロの世界では、空気がタイヤのゴム分子のすき間をすり抜けるなど、空気圧低下を起こす現象が日常的に繰り返されています。 チッ素は酸素より分子が大きいのでタイヤのゴムへの透過率が低く、チッ素と酸素との混合気体である空気よりチッ素ガスだけをタイヤに充填したほうが、タイヤの空気圧が低下しにくくなります。

タイヤのチッ素充填

空気圧が低下しにくくなる。偏摩耗やタイヤトラブルの抑制効果に差。

タイヤのトラブルは空気圧不足によって起こるものが多く、燃費の悪化や偏摩耗、バーストなどの原因につながります。
チッ素ガスの充填で空気圧が低下しにくくなれば、燃費や安全の面での効果を期待できます。

タイヤのチッ素充填

燃費費、タイヤ長持ち。エコロジー&エコノミーに差。

空気圧が低下しにくくなることで、経済面では「燃費の悪化を防ぎ、ガソリンの節約」や「偏摩耗などを抑制してタイヤ長持ち」などのメリットを、環境面では「限りある資源の節約」「余計な排出ガスを出さない」などのメリットが得られます。

タイヤのチッ素充填

さまざまな分野でチッ素ガスが使われています。

レースカー、ジャンボジェット機など、安全面を重視する車、輸送機関でチッ素が使われています。昨今ではトラック業界でもチッ素使用車が増えてきました。また酸化防止や劣化防止の面で、スナック菓子の袋やワインなどの貯蔵タンクに封入されたりしています。

サービス入庫予約 PC・携帯でカンタン予約
PAGE TOP