タイヤ交換=ヤナセがおすすめする純正(新車)装着タイヤ

ヤナセがおすすめする純正(新車)装着タイヤは、安全性と快適性はもちろん、CO2排出量の削減、タイヤから発生する車外騒音の低減など環境への影響を考慮し車の性能要件を高いレベルで満たしています。メルセデスなら「MO」マーク、BMWなら「☆」マーク、アウディなら「AO」マークなど、タイヤのサイドウォールに刻印されたカーメーカー承認マークが純正(新車)装着タイヤの証しです。

コンチネンタル

コンチネンタル
ContiSportContact™ 5

ヨーロッパ生産車新車納入シェアNo.1という実績をもつコンチネンタルタイヤ。
世界の道で磨かれたジャーマンテクノロジーにより、小型車からスポーツカーに至るまで、快適で高性能なタイヤを広くお届けしています。

ミシュラン

ミシュラン
PRIMACY 3

タイヤの品質を左右するのは、操縦性や排水性など性能の適切なバランス。
ミシュランは、ひとつひとつの性能を進化させ高水準で調和させる、トータルバランスを重視した開発を進めています。

ピレリ

ピレリ
CINTURATO™ P7™

ピレリの歩みは、高性能タイヤ革新の歴史そのものです。インチアップコンセプトや新素材の導入など、ピレリの技術革新は、モータースポーツへのあくなき挑戦とカーメーカーとの密接な共同開発によって達成されています。

このようなタイヤは即交換をお勧めします!

1. 残り溝はありますか?

残り溝はありますか?

法規上の使用頻度は1.6mmですが、残り溝が3mm以下になると著しく滑りやすくなり、事故につながる恐れがあります。ヤナセでは安全性を考慮し残り溝3mmでの交換を推奨しています。

2. 膨らみはありませんか?

膨らみはありませんか?

縁石などへの過多な衝撃により、タイヤ内部のコードが切れ、サイド部が膨れる場合があります。直ちにタイヤ交換をしてください。

3. 傷・ひび割れはありませんか?

傷やひび割れはパンクなどのトラブルの原因になります。このような状態の場合は早めの交換をおすすめします。

傷

ひび割れ

ひび割れ

4. 偏摩耗はありませんか?

センター摩耗(空気圧過多による)

センター摩耗(空気圧過多による)

ショルダー摩耗(空気圧不足による)

ショルダー摩耗(空気圧不足による)

片側摩耗(重量車に多い)

片側摩耗(重量車に多い)

タイヤ交換のメリット

タイヤは摩耗したり、傷・ひび割れなどの発生により、本来の性能を損なうばかりか、場合によっては思わぬ事故を引き起こし、危険性が高まります。新しいタイヤに交換することで、これまで損なわれていた性能を取り戻し、安定した走行性能、燃費の改善など、安全性や快適性、経済性の点で多くのメリットが得られます。

サービス入庫予約 PC・携帯でカンタン予約
PAGE TOP