E-Class Impression E-Class Impression

Mercedes-Benz E-Class Impression

2020/11/6

01

さらにスタイリッシュで、
快適・安全に。
想像以上の進化を遂げた
新型Eクラス。

プレミアムモデルの指標とされてきたメルセデス・ベンツEクラスが、マイナーチェンジ。5世代目は、安全性と快適性を高次元で両立した次世代のインテリジェントドライブを体現するモデルとして、2016年に衝撃的なデビューを飾った。今回はそこから4年を経ての大幅刷新となるので、具体的にどう進化を遂げたのか、その魅力をヤナセスタッフがレポートする。試乗したのは、E 200 Sports。セダンの中で最もベーシックなグレードだが、だからこそ新型Eクラスの真の実力がわかるはずだ。

E-Class Impression
E-Class Impression
E-Class Impression
E-Class Impression E-Class Impression

切れ長ヘッドライトで
さらにスタイリッシュに。

今回のマイナーチェンジで最もわかりやすいのが、フロントマスクだ。クルマの第一印象を左右するデザインのキモであり、中でもヘッドライトは人間の目に該当する重要なパーツで、その形状は創意工夫が凝らされている。Eクラスも例外ではなく、新型ではトレードマークである4灯ヘッドライトの形状が一新された。旧型は未来をインスピレーションさせる楕円形だったが、鋭角的なLEDポジショニングライトが目を引く切れ長のデザインになってシャープな印象に。あわせてフロントグリルも形状を刷新。Sports、Exclusive、All-Terrainのモデルごとに専用デザインが用意された。試乗したSportsは逆台形から下が末広がりの台形に改められると同時に、グリル外周をハイグロスブラックで引き締められたダイヤモンドグリルを採用。さらに、バンパー左右端のダクトに2本のフィンが配置されたほか、ボンネットにはパワードームが追加されスポーティさがアップしている。リアのコンビネーションランプも、クリスタルルックからLEDが際立つブロック状の最新デザインになったほか、セダンは形状も幅広の2ピースに変更。よりワイド&スタイリッシュな印象が強調されている。

E-Class Impression
E-Class Impression

スマートタッチが可能になった
最新世代ステアリング。

重厚感のあるドアを開けてシートに座る。真っ先に目に飛び込んできたのは、新しくなったステアリングだ。最新世代のマルチファンクションステアリングは、スポークの大部分がハイグロスブラックの印象的なデザインが特徴。試乗車はオプションのAMGスポーツステアリングが装着されており、若干デザインが異なる。グリップ部やフラットボトムの形状を強調した3ツインスポークのアグレッシブなデザインが、セダンでありながらパフォーマンスの高さを予感させる。新型のタッチコントロールボタンは、光学式/機械式スイッチからタッチセンス式に変更。スマートフォンなどと同様に、指先で軽く押すだけでいいので、先進的で快適な操作感が得られようになった。また、ステアリングのリム部分に内蔵されているハンズオフ検知機能も、トルク検知式から静電容量式センサーに変更されている。これにより、前走車との最適な距離を維持するアクティブ・ディタンスアシスト・ディストロニック使用中は、従来はステアリングに僅かに力を加えている必要があったが、新型ではステアリングに軽く触れているだけでいいので、より快適な半自動運転が可能になった。

PAGE TOP