運転席に座ってドアを閉めると訪れる最高の自分時間

大原櫻子 meets YANASE Vol.1

カーシェアリングが普及し、必要な時に必要な分だけの出費で車を使うことができる今、なぜトップランナーたちはマイカーを持つのでしょう。車があるからこそ感じられる「自分時間」の存在を語ってくれたのは、俳優・歌手として活躍する大原櫻子さん。2024年という時代に車を持ち、運転するということの楽しさについて伺いました。

  • 2024年06月07日
  • Photos:Masaki Miyashita <hannah>
  • Hair&Makeup:Akiko Hachinohe
  • Styling:Rina Suzuki
  • Direction&Text:Dai Iwaya
Sakurako Ohara meets YANASE

自分の部屋のようにくつろげる車内に感動

2013年に、オーディションを経て映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』でヒロインとしてデビューした大原櫻子さん。歌手としても才能を発揮し、2014年には「輝く!日本レコード大賞」の新人賞を受賞、翌2015年には「NHK紅白歌合戦」への出場を果たす。話題作への出演が続き、2024年9月には10周年コンサートも予定されている。この取材へも、舞台の稽古終わりに駆けつけてくれた。

「慌ただしく緊張感のあるお仕事を終えてから自分の車に乗ってドアを閉める。それからエンジンをかけるまでのシーンとした瞬間が、“あ、自分時間だな”と感じられてホッとするんです。長時間の撮影が終わって疲れている時でも、運転をしているとリフレッシュすることができる。その時間がすごく好きなんです」

この日用意したのは、Mercedes-Maybach S-Class。究極のラグジュアリーを標榜する車の後部座席に腰をおろしてもらい、感想を聞いた。

「感動しました。撮影用の車両がスタジオに入ってきたときのフォルムの美しさ、扉を開けた時のゴージャスな雰囲気。当たり前ですけれどとてもラグジュアリーな空間になっているので緊張もしました。だけど座ってみるとリラックスできて、広いのでゆったり脚を伸ばすこともできる。自分の部屋のようにくつろげる空間が車の中に広がっているなんて夢のようでした」

プライベートでもメルセデス・ベンツに接する機会があったという大原さん。「運転席に座って“ハイ、メルセデス”と声をかけると返事をしてくれる。画期的なサービスを積極的に取り入れていて、なおかつカッコよくてスタイリッシュ」な印象をブランドに対して持っていたそう。そもそもなぜ、自身の車を持とうと思ったのだろう。

「カッコいい」と憧れた友人の運転姿

「周りの友達にも運転ができる女性が多くて。年下の友人が車に乗せてくれた時に、カッコいいなって単純に憧れを持ちました。それに遠くに出かけるときや、荷物が多い時、年齢を重ねるにつれて生活の必需品になると思えたのが大きな理由かもしれません」

マイカーを持ち、実際に運転をしていると考え事がはかどる瞬間があるそう。

「少し歌詞を考えたいな、というときには、目的地を決めずに車を走らせることもあります。ひたすらまっすぐ走ったり、迷わないように馴染みのある景色をグルグルしてみたり(笑)」

この車でドライブをするとしたらどんな曲を流したい…? と訊ねると、ジャスティンビーバーの名前をあげて、「こんなにカッコいい車なので、海外の男性アーティストの曲をかけてノリノリで出かけてみたいですね」と想像を膨らませつつ、「やっぱりドライブって海とか山とか、テンションが上がる曲が似合いますよね。実は自分で運転して海に行ったことがないので、今年の夏は海へドライブするのが目標かな」

歌うことは呼吸をするように常に隣にあるもの

自身の楽曲のなかでドライブにオススメの曲は『真夏の太陽』。MVには海と車が登場する。大原櫻子という俳優は、演じるだけではなく“歌うこと”で10年のキャリアを築き上げてきた。

「私にとって音楽は生活に欠かせない、生きるうえで必要不可欠な存在。呼吸をするように、隣にあるのが当たり前の存在だと思っています。もちろんこれからも歌い続けていきたいですし、これまでのキャリアを振り返っても、自分の強みは“歌が好き”という気持ちを持ち続けられたことだと思うんです。なので初心というか、歌が好きだという気持ちは、どれだけキャリアを重ねても忘れずにいたいなって思っています」

大原櫻子

1996年、東京都出身。日本大学藝術学部映画学科卒業。2013年、映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」でデビュー。2014年には、大原櫻子名義でもソロデビューを果たし、同年の第56回日本レコード大賞で新人賞を受賞。ドラマ、舞台でも活躍し、現在はミュージカル『この世界の片隅に』に出演中。9月には全国7カ所を周るAnniversaryツアー『ハイッ! 10ション』が、10月11日には10周年スペシャルコンサート『10(天)空の歌』が控えている。

関連記事

磯村勇斗 meets YANASE Vol.2
2024.5.10
磯村勇斗 meets YANASE Vol.1
2024.4.5