まんがで解説

はじめてのEV試乗体験記

「電気自動車(EV)に興味があるけれど、乗る機会なんてないし……」と思っている人は意外と多いかもしれません。ご安心ください。全国のヤナセ『メルセデス・ベンツ正規販売店』では、気軽にEQEやEQSといったEVを体験していただけるように、多くの販売店で試乗車をご用意しています。今回はEVに乗ったことがないまんが家のばばかよさんに、メルセデス・ベンツのEQEを試乗体験していただきました。

  • 2024年02月01日
  • まんが:ばばかよ
  • 文:高橋 満
ばばかよ「メルセデス・ベンツ東京芝浦に到着!」編集者M氏「本日は、ばばちゃんにメルセデス・ベンツの電気自動車に試乗してもらいます」ばばかよ「試乗だけって許されるの?」編集者M氏「はいw 意外と気軽に試乗できるんだよ」
プロダクトエキスパート芳賀さん「何でも聞いてください」試乗前説明&質問タイム 芳賀「実は充電にかかる電気代は高くないんです ガソリン代の2/3程度になったというお客様もいらっしゃいました」ばばかよ「そんなに高くないんだ」芳賀「SUVタイプもありますし ハイクラスもあります」ばばかよ「へぇ~ さすがのお値段ッ 全部乗ってみたい」

まずはショウルームで
試乗の流れを説明

ご来店いただきましたら、まずは試乗の流れやクルマのことなどを担当者がご説明します。EVについてわからないことがありましたら、遠慮なくご質問ください。また、ショウルームで興味のあるモデルをごゆっくりご覧いただけます。その間にお乗りいただく試乗車を準備します。

試乗前には「試乗申込書」をご記入ください。また、当日は運転免許証を必ずお持ちください。靴はハイヒールなどではなく運転しやすいものでお越しください。

芳賀「本日乗るのはこちら!」EQE 350 + ばばかよ「ナチュラルカラーでうれしい」ばばかよ「キラキラがかわいい~」おもてなしのウェルカムランプ ばばかよ「わっ」ばばかよ「テンション上がってきたよー」

試乗車を見て、触って
質感の高さを堪能!

準備ができましたら、お客様を試乗車にご案内します。ぜひ試乗車をじっくり見て、触って、メルセデス・ベンツならではの上質さをご確認ください。
担当者からはクルマの操作方法を説明後、試乗で体感していただきたい部分などをお伝えします。

試乗時は、ご家族や友人など、お連れの方も一緒にお乗りいただけます。

今回は助手席で試乗スタート EQEは音もなく走り始めた ばばかよ「お尻に振動がこないし」芳賀「床下に並んだバッテリーにより低重心になり走行が安定し揺れも軽減しています」ばばかよ「なめらかすぎるわ」ばばかよ「「ス~」なこの乗り心地は… 子どもの頃イメージしてた未来のアレ」

実際にEVを運転して
静粛性や走行性を体感!

ばばかよさんは「大きなクルマを運転する自信がない」とのことだったので、代わりに担当者が運転して助手席に乗っていただきました。もちろん試乗ではみなさんがEVを運転していただけます。

試乗コースは同乗する担当者がご案内しますので、EVの加速感や静粛性、そしてメルセデス・ベンツならではのラグジュアリーさを堪能してください。スマートフォンをBluetoothで連携して、オーディオの音質を体感いただくのもおすすめです。

芳賀「ご試乗されてみていかがでしたか?」ばばかよ「もっと長く乗っていたかったです~」芳賀「これが、自宅に設置できるメルセデス純正の普通充電器ですが 自宅に充電器が置けなくても多くの商業施設やゴルフ場、サービスエリアなどに設置されています」ばばかよ「安心!」ばばかよ「むっちゃ快適ですッ さすがメルセデス・ベンツ スリーポインテッド・スター 世界最古の自動車メーカー『三本の光芒』クオリティでした!!」編集者M氏「さっき僕が教えた知識を早速使ってる…w」芳賀「ぜひ気軽に試乗にいらしてください」ばばかよ「また来ます~」

ぜひEVに乗ってみた
感想をお聞かせください

試乗が終わりましたら、ぜひEVに乗ってみた感想をお聞かせください。

もしかしたら「試乗後は購入を勧められてなかなか帰れないのかも……」と心配されている方も多いのではないでしょうか。ご安心ください。みなさまをご案内するプロダクトエキスパートは商品説明のプロのため、試乗後に商談することはありません。購入をご検討の場合はプロダクトエキスパートから営業担当にお繋ぎいたしますので、遠慮なくお申し出ください。

試乗車検索・試乗申し込みはこちらから
  • 事前に試乗申込みページからご予約をお願いいたします。
  • ご案内スタッフが同乗いたします。
  • 未成年者の場合は、親権者のご同意を得たうえで試乗に申し込みいただきます。

お近くのヤナセ店舗までお気軽にお問合わせください。

関連記事

ヤナセ ブランドスクエアは「国産車」もスゴい
2024.2.15
ヤナセとクルマとヒトのコト Vol.5 数多くの選択肢からもっともオリジナルの状態に近づけるヤナセの板金作業
2024.1.25
ヤナセとクルマとヒトのコト Vol.4 メルセデスのメカニックが考える、整備とメンテナンスにおけるEVと内燃機関車の違いとは
2023.9.14
ヤナセとクルマとヒトのコト Vol.3 メルセデスのパーツ担当は、努力と経験が必須
2023.3.9